バイナンスがxRapidと提携希望。前言撤回でBinance好きです【動画アリ】

スポンサーリンク

バイナンスCEOがリップル社のxRapidと提携したいと発言して話題になっていますね。

先日はバイナンスのローンチパッドは冷静に・・・と書きましたが、一気にまたBNB大好きに戻ってきました。(笑

しかしリップル社のxRapidの採用に関する話は確り増えてますし、安倍総理も暗号資産を名言しましたし。明るい話題が増えてますね。

そのうち2017年の5月のUFJ銀行も!の衝撃に近い内容もと妄想してしまいますが。笑(あの時は法律改正も同時に出たので大きかったですが。)

トレンド転換につながるかはまだ不明ですがそのあたりメモです。


スポンサーリンク

バイナンスがxRapidとの提携希望。前言撤回でBinance好きです【動画アリ】

まず、バイナンスがxRapidとは提携したいという話のソースはこちらに公開された公式動画ですね。

23分40秒後あたり以降です。

確かに言ってますね〜。

うーん、BNBがまだ欲しくなってきました。(笑

昨日と打って変わって、バイナンスに心を戻しました。ということで、BNBにもまた期待しつつ押し目で拾って行こうかなあとは思っています。

余談ですが、確定申告のために各通貨別に利益を整理していたのですが、バイナンスで多くの利益が出てるのですよね。。。やはり使いやすいので、使ってしまう。

私の場合はずっと初期から書いて期待してたインフラ銘柄のNEOだけでも1000万以上は出てますし。で、手数料はすべてBNBで。。。なので。やっぱりバイナンス良いなと。

バイナンスジャージーでのユーロ通貨取り込みを狙っている件でも強く思いましたが。

 

あ、念の為ですが。


スポンサーリンク

リップル社のxRapidって何だったっけ?

という方も多いかと思いますので、ざっくりいくと。

xRapidは、ローコストな送金のために、XRPと法定通貨を交換できる取引所や金融機関を介して行う方法です。

従来のSWIFTコードという枠組み+通貨毎に必要な中継銀行(コルレス銀行)の手間が不要なため送金が安くて早くなるという件ですよね。

ちなみに、日本だと海外送金時の中継銀行は三菱UFJ銀行ですよね〜。おっと話を戻して。

既に採用が進むxCurrentは、銀行間の国際送金ネットワークです。XRPを使う必要は基本ありませんし使っていない企業が多いかなと。マネータップもまだこちらだと思います。

 

もちろん、大手銀行でシェアを持つSWIFT側も黙っておらず、先日書いたようにこれまで大手銀行が絡んでいるR3などとも連携しながら確り新しいシステムを検討中ですからリップル社が本当に勝てるのか?はわかりませんが。

 

個人的には、xRapidの向こう側にある、あらゆる価値の交換インフラをILPで試みるリップルの未来に1円以下の時から期待しています。

リップルXRPは今後どこまで下落?2019年春以降に高騰する3つの理由まとめ。最新情報と過去の歴史から予想。【更新】

2016.07.19

 

 

(あとがき)

最近、色々とやりたい事をやってると、あまりトレードできてませんが。

確定申告で、通貨別に損益をまとめながらトレードを見直してて(あ、今年も税金でも億超え確定しそうです・・・)、やはりトレードはチャンスにあふれているなあと。

他の事業も面白いのですが、やはり金銭的なダイレクトさでいくと、まだまだトレードの腕ももっと磨きたいなと最近改めて思っています。

 

それもあって、メルマガで無料トレード講座を始めたという感じです。先日ご案内したら、既に数百名参加頂いてますので、一緒にレベルアップしていきましょう!(今、頂いたお悩みなどに返信中ですのでしばしお待ちを。)

ブログには全く出してない私の実績画像なんかも限定で少し出すかもです。あと師匠や同門の方のなんかも許可頂いて。お楽しみに〜(ってこれはメルマガで書いた方がいいか。笑)

 

 

そんな感じで、私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったこと。

私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けているのですが。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク