ビットコインが5000ドルまで大暴落!今後どこまで下げるか予想+テザー資金減少も疑惑は匂う+リップルが強い!

スポンサーリンク

ビットコインが大暴落、というよりは仮想通貨市場全体から資金が抜けて暴落してますね!

ビットコインは5000ドル付近まで下がって来ました〜。現状と、今後どこまで下がるか?の個人的なメモ投稿(妄想込み)です。

 

ちょうど、1年まえぐらいに戻った感じですね。

昔から参加している方は、まだ「大暴落!」といっても・・・

 

「え?まだ50万もしてるん??めっちゃ高いやん。。まだ下げても全くおかしくないで〜」

という感覚、ありますよね。笑

昨年の5月ぐらいから、UFJ参加〜などで盛り上がってきましたが、その前はずっと10万以下でしたし。。。

 

それはさておき。

 

まだトレンド転換ではなさそうですが、ただもし今後高騰させたいなら、確りと出来高を伴って皆さんに売ってもらう必要があるので。

この下げが激しければ激しいほど、今後の高騰がしやすくなりますしね〜。そこがチャンスかなと。

 

さて、特にBTCについてわかりやすい悪い材料も出ているようにも見えませんが。

法規制が強まっていき、本格的に資金が抜け始めている可能性もありそうですね。

ビットコイン市場をこれまで(疑惑とともに)高騰させてきたテザーUSDT市場規模が一気に半減してますし。。笑

他にステーブルコインが増えてきたとは言え・・・ですよね。

 

ただ、今回のがそれも含めた「仕掛け」なのか、それとも、ビットコインを始めとする仮想通貨市場全体の「終わりの始まり」なのか。

しかし、プロの資本家の方々が今後も素人からの巻き上げるために、仮想通貨市場を完全に殺してしまうような事はしないだろうな〜とは思ってます。

で、ビットコインがどこまで下がりそうか?をいつもどおりサックリ書いてみたいなと。

 

でも、ここに来てテザー捜査のニュースは。。もう、ねえ。笑 という感じも。

 

ちなみに、先日書いた妄想通りなら、チャート的にはまだ下げそうですが、その後はぼちぼち上げて欲しいですが。(5000ドルから大きく下げるイメージはなかった)笑

→ ビットコイン暴落後に再度イナゴ集め?日本人はリップルXRPでまたカモられる?今後を妄想してみた。

 

さて、暴落時は2016年から毎回メモ!して、今回も今後の学びにしたいので、メモメモです。


スポンサーリンク

ビットコインが大暴落!2018年11月後半にこれまでの5500〜6000ドルゾーンを突き破った!

 

これまで抵抗ゾーンになっていた6000ドル前後のゾーンを突き破ってきましたね〜。

 

5000ドル付近を大きく抜けると、もう4000ドルまで行きそうですが。。

さてどうでしょうね?

個人的にはそこまで下げにくいだろうとは思いますが。

 

ちなみに、短期足だとこんな感じ。

 

先日も妄想話のところで書きましたが、チャートだけ見ると、まだ下げトレンド継続にしか見えまえんね〜。

 

ただ、冒頭にも書いたとおり仮想通貨市場を完全に殺してしまうような事はしないだろうな〜とすると。

トレンド転換後は、BTCの揺り戻しが大きくなると予測して待ち構えます。笑

 

 


スポンサーリンク

ビットコインが、というよりは仮想通貨市場全体から資金が抜けて暴落につながっている

 

 

久々に全体市場規模も魚拓。

今の青いラインを超えてくると、次に出来高が多いゾーンはオレンジ色のラインになりますが、この時のBTC価格は3000ドル前後。ちょうど、1年ほど前ですね。

ビットコインが暴落というよりは、仮想通貨市場全体から確りお金が抜けてますね。

 

個人的には、オレンジのラインまでは下げにくでしょうし、下げることはあってもかなり短期間では?とは思いますが、さてどうでしょうね?

ただ、ここまでは来ないでしょうし、あってもそのあたりまでかなと。

 

あとは、「下げ方」(大きな足でガツガツ下げてくるか?)を見ながら判断ですね〜。

 


スポンサーリンク

捜査が入った?ビットコインを高騰させてきたテザーUSDTの市場規模も暴落

 

 

他のUSDCなどステーブルコインが増えたのもあるでしょうけど、10月から始まった直近のこのテザー資金の抜け方もまたスゴイですね。笑

ほぼ年初に戻って、リアル資金が確り抜けているのがよくわかりますね。

 

しかし、ここに来てテザーに捜査が入ったか?という報道もブルームバーグさんから出ていますが。

かなり意図的なものを感じざるを得ませんね〜。笑

 

あ、実際この資金は「呼び水」であり、それに乗っかった大衆の資金により、BTCの価格の波形が作られているのでしょうから、実際のBTC市場の形は、もっと上にオーバーシュートしているのだろうと思いますが。

(参考)USDCは規模が小さい(まだ200億円程度。テザーは2000億以上で10分の1以下。)からか、今回現状では全く減ってないんですね〜。

 

ただ、テザーからの資金は、思ったよりは減ってないなという印象ですよね。ということで、先程のオレンジのラインまで下がるとは現状ではちょっと思いにくいですが、今後のチャート形状次第ですね〜あとは。

 

おっと、少し話がそれましたが。もっと強いな〜と思うものが。

 

ビットコイン暴落の中、リップルXRPが強い!

 

先週末に、一人だけ戻しが早かったのは、知ってて回避してるの?と勘ぐりたくなりますが。笑

リップル強いですね。

 

まあ、元々かなり下がっていたというだけかもしれませんが。笑

 

XRPの資産は、この大暴落でも10%も動かない。

うーん、スゴイ。

ただ、ここまでが強いと、今後はちょっと気になりますけどね。

 

 

2018年11月のビットコイン暴落についてのまとめ!

 

ということで、今回はメモ的投稿ですが。

 

下げ続けて、法規制が整っているから。。など無関係で、Bakktなど関係なく仮想通貨市場は破滅させられられるのか?(Bakktなどで、彼らが安く仕込むために仕掛けられてる?笑)

そうではなく、どこかで反転してくるとすると、チャート的にもどういう反転のサインが出るのか?

 

今後どうなるか?で、また今後戦うための知識を色々と学べそうですね。

 

ただ単に突っ込むのは投機的な追っかけになっててちょっと生産的ではないので。

しっかりと上記の確認結果に基づき、楽しみながら段階的に仕込んでみたいと思います〜。

 

ちなみに、2016〜2018年のビットコイン暴落理由や原因は今回の11月の暴落などの最新情報も合わせて、今後の予想をするために記事にまとめていますのでご参考まで。

→ ビットコイン高騰も今後は暴落する理由。2018年は金融ショックも?過去の歴史から2019年以降は王道通貨のみ高騰すると予想。

 

 

あ、前回の妄想投稿にも書きましたが、今だとショートで利益出している人が多そうですが、ロング派で損益出た人は、元々利益出てるなら一旦確定させて損失にするという手はありますよね〜。

毎回言ってますが、確定申告も近いし念の為。

(参考)

→ 仮想通貨の利確方法やタイミングの重要ポイント3つまとめ!税金を気にしちゃだめ!+とある比率を使うと楽。

 

 

 

そういう話も交えて、仮想通貨などへの投資で私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことと合わせてボチボチメルマガやLINEをやってます

 

私からは、重要だと思うポイントや、ブログで書きにくい事(笑)など配信してますが、色んな方と楽しくやりとりさせて貰っています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(2年連続税金でも「○り人」です)に出ているので、ご参考頂けるかなと。(あ、今年の税金送り人は、かなりの設備投資などで何とか回避できそうですが。笑)

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 




スポンサーリンク