ビットコイン相場チャート推移歴史:黎明期編

スポンサーリンク

 

ビットコイン相場チャートは推移の変化が大きく、FXの取引が活況!と日経新聞にも記事になるぐらい盛り上がってきてますね。

 

私もビットコイン自体およびFX口座を持っていますので、BTCチャート推移と相場は毎日チェックしています。

ビットコインFXを始めるにしても、ビットコイン自体を保有するにしても・・・

 

その相場やチャート推移の歴史を知っておくことは非常に重要だと思います。

 

賢者は歴史に学ぶ、歴史は繰り返す

 

ので。

 

調べた概要を簡単にまとめてみます。

 

ビットコイン相場歴史の始まりは2009年!黎明期編

 

2009年01月 :最初のブロック誕生し初めて取引される
2009年10月 :初相場レート提示:0.07円/BTC!(安い!)
2010年05月 :初実店舗取引(ピザ屋で決済)
2011年03月 :Mt.Goxが日本国内初取引所を買収を機に開設
2011年04月 :TIME誌に記載で初バブル(約3000円/BTC以上)
2011年06月 :Mt.Goxがハッキング被害、1400→400円へ暴落

 

この黎明期だけでも、直近の縮図のように思えますね。

 

マウントゴックスなど取引所はこの頃からハッキング被害を受けていたようです。

 

しかし、相場レートの上がり方がスゴイ!

 

わずか2年ちょっとで0.07円→400円(暴落後)としても、5700倍!!

 

何か、マウントゴックスでの暴落が取り上げられるのですが・・・。

実際、かなり高騰しているのが事実ですね。

 

ゼロから価値を生み出すとは、まさにこの事ですね。。

 

そりゃFXをやったり、投資したりする人が増えるわけです。

 

元々、ブロックチェーンという非常に価値のあるテクノロジーが使われている事が本質なのですが。

 

メディアの力は大きいですね。

 

ここ最近、日経新聞も特集をよく組んでいますし、チャートの激しい動きからビットコインの取引はますます盛り上がりそうですね。

(私も数十万程度ですが利益が出ています。)

 


スポンサーリンク

ビットコイン購入で安心できる取引所は?セキュリティは?

 

黎明期から直近まで、Mt.Goxなど取引所自体のセキュリティや運営体制の脆弱性に関する事件は非常に多いですよね。

 

ゴールドマン・サックスの元トレーダーの出身の方がMt.Gox事件後に開設されており、

JBAという協会を通じて国家の関係省庁との連携や意見交換もしっかり行われているビットフライヤーは安心かと思っています。

 

なかなか蒼々たる経営陣です。

ビットフライヤー

↓ ↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

あと、取引所にはそもそも預けないのが基本ですよね。

 

そのあたり、こちらにまとめていますのでご参考まで。

→ 仮想通貨への投機を始められる方へ、危険な失敗をしないために!

 

 

なお、安心できる取引所や、セキュリティを気にした保管方法などはこちらもご参考まで。

⇒ ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ

 


スポンサーリンク

そもそもビットコインとは?

 

当サイトの関連記事にも概要はまとめているのでご参考頂きたいです。

 

参考記事:

ビットコイン破綻の原因はなぜ?大誤報の真相まとめ

なぜUFJがビットコイン採用?

ビットコインが2倍になると米国銀行が提示!?

ビットコイン相場チャート暴落の原因なぜ?(2016年8月)その2

ビットコインが破綻暴落の危機?51%アタックとは?

 

 

あと、トレードで損しないためには、過去の暴落の経緯などは必ず確認しておきたいですね。

歴史は繰り返す、ですので。

 

過去はこうだったから、今回はこうかな・・・と考えるのは、非常に重要かと。

→ ビットコイン+キャッシュが高騰するも今後暴落する原因は!?2017年末から2018年の今後の相場予測。BTCに加えビットコインキャッシュが今後は高騰する。

 

 

 

ただ、最近気になっているのは、こういう動きですね・・・。

 

色んな国がどういう規制に動いてくるのか?

それはどういう流れで発生しそうなのか?を考えて、それに沿う通貨に投資することは重要だと考えています。

 

→ CBDCやCBCCとは?USCも。各国の中央銀行が法定のデジタル通貨や仮想通貨を検討!日銀はProject Stella?これが進むとXRPが・・

 

 




スポンサーリンク