ビットコイン+キャッシュが高騰するも今後は暴落の原因は!?2017年から2018年の今後の相場予測。Segwit2xのハードフォークは保留に!。

スポンサーリンク

 

今後どうなる?と思う間に、ビットコイン+ビットコインキャッシュはどんどん高騰していますね。

*追記:2017年5月に30万円、8月には45万円に!11月には合計100万超え!

 

ただ、単純に右肩上がりに高騰や暴騰はしませんよね。

 

一気に高騰 ⇒ 大きく暴落 ⇒ また高騰 ⇒ 少し暴落・・

のジグザグが基本かと。

 

直近だと、5月から一気に市場全体が60B$から100B$以上へ伸びています。

 

一気に高騰した後は、当然短期トレードの方々の資金が抜けますし。

ですので、ある程度調整は当然入ると思います。

 

また、市場とユーザの規模拡大に伴い、日本・中国・米国など、世界各国は当然規制も強化が行われていきます。

これは、過去の他の金融商品でも同じ流れだと思います。

 

でも、その短期資金で上げ下げが大きくなるのは悪い事ではなく。。

暴落 ⇒ 短期トレード組は売る ⇒ 長期狙いなら購入の絶好のチャンス!

また、規制は長期的には大きな市場へ飛躍するために必要なステップ!

 

かと思います。

 

 

前置きが長くなりましたが、そういう暴落時の考え方を、この記事にまとめています。

 

 

ちなみに・・・

 

このブログでは、暴落時は必ず記事を残していっています。

 

ので、そこから過去の出来事から、今後の動き方を予測するのは重要と思います。

賢者は歴史に学ぶ。です。

 

加えて。

 

株やFXではかなり基本的なこと、暗号通貨でも役立つな・・・と感じています。

例えば、株やFXは機関投資家が土日に持ち越すリスクを避けるため週末売られますよね。

でも、仮想通貨も、平日の週末下げて、日曜あたりから復活してくるのが多いようです。

 

そのあたりも少し記載してみます。

 

 

さて、以降の前提として重要な点ですが・・

 

私は中期的にはビットコイントータル(BTC+BCC+BTG+B2X・・・)や仮想通貨の相場チャートが高騰し続ける可能性は高いとは思っています。

 

市場全体がまだ6〜10兆円程度と他の金融商品や市場と比較して非常に小さいからです。

ビットコイン単体ではなく、派生のビットコインキャッシュ等も入れて考える必要がありますが。

 

下記のリスクなどで、中期的には暴落することもあるでしょうが、少しずつ改善されていっていると思います。

  • 国が税金をかけにくい
  • アンチマネーロンダリング(AML)対応がしにくい
  • 実物の金のようにエレクトロニクスでの世界的な実需がない
  • トランザクション(送金量)が仕様の限界に近づいている
  • 取引所やウォレットのセキュリティーがまだ低い
  • 規制がまだ整っておらず、法律制定がこれから。

などなど。

 

例えばAML対応は、各取引所で確り身分証確認(KYC:know your customerというやつです)を行えばOK。

あと、Segwitやハードフォークやライトニングの実装などでトランザクションが改善していくなどあれば進化はしそうです。

ビットコインキャッシュでのトランザクションは速いので、役割分担となるかもしれません。

 

国家による統率が厳しい中国でも、まだまだ規制はこれから増えそうです。

 

ただ、2017年11月のSegwit2xによるハードフォークについては、ちょっと様相が違うかも・・・でしたが。

 

Segwit2xで生まれるB2Xなる通貨は、どうもまともに運営される状況ではなさそうでしたし。

 

 

で、11月に向けてビットコインキャッシュは上がりましたね。

 

 

ということで、前置きがかなり長くなってしまいましたが。

 

 

 

そのあたりについて、最新情報も随時追記しながらまとめています。

 

直近でいくと、なぜビットコインキャシュとビットコインの高騰や暴落が連動しているか?などは、今後を考えるのに重要だと思います。

 

皆さんのトレードにおいて、少しでもご参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク


気になるコンテンツからどうぞ!

ビットコインはなぜ今高騰しているか?今後は暴落?(2017年初期まで)

 

元々ビットコインの取引は7割以上、酷い時には9割が中国ですよね。

ビットコインがPOWという方式をとっており、取引などでパソコンでの演算検証が必要なわけで、そのパソコン(マイニングを行うマイナー企業)の多くのサーバーが今中国にあるからです。

 

なので、シンプルにいうと、2017年1月現時点では中国の方々に需要があれば、ビットコインは高騰するわけです。

逆なら暴落です。

 

では、中国の方がビットコインを買うのはどういう時か?

 

答えは単純ですね。

元が安くなる時に、ビットコインへ資産を逃す。

 

となると、元とUSDの金利差や、レートの差が動くと当然ビットコインのレートも大きく動くと思われます。

 

直近ビットコインレートが上がったのは・・

 

元安かつ、春節前で海外に逃がす資産が多かったので、その取引量の分だけではないか?

 

と思っています。

 

それに、トランポノミクス稼働前の経済不安定による不安要素と、新興国での通貨不安などがあり、一時的に資金が流れ込んだと思われます。

 

ではこの高騰、いや暴騰の理由がある程度わかったとして、この高騰はまだ続くのでしょうか?

中国では既にビットコインについては規制がかかり、今後も全面的に開放される予定はなく独自デジタル通貨を検討すると出ていますね。

 

日経トップにニュースが出た事もありますが、個人的には下記の流れが大きいように思えます。

⇒ Rippleを使う内外為替一元化コンソーシアムに三菱東京UFJ銀行が参加表明!(追記あり

 

ちなみに、中国におけるビットコイン取引割合は、こちらから確認ができます。

⇒ https://www.coinhills.com/statistics/volume-cny-strength/

 

上記をご覧頂くと中国にビットコインの規制が入って+世界で利用が広がって、BTC/CNYの割合が劇的に下がっていますよね。

ということは、今後はそこまで中国に依存しなさそうに思えます。

 

ただ、マイニングを行っているのは、中国企業の割合が高いのでまだまだ関わりはあるのですが。

 

 追記

2017年5月以降は日本の参加者が増え、暴騰・高騰への日本の影響は一気に強くなりました。

今後は、SBIの取引所開設の予定もあり、秋以降更に高騰しやすくなると予測しています。

参考 ⇒ 仮想通貨時価総額ランキング最新は?国別取引量の推移や今後の投資方針について

 

 

ビットコインが高騰した後に暴落する理由、その1とは?(2017年初期まで)

 

まず、シンプルに、元を切り下げる政策が続くのか?という点に疑問があります。

アメリカのトランプ大統領は、就任前から、中国を「為替操作国」だと言ってます。

 

つまり、アメリカにとって、不適切な領域で、人民元が安過ぎると。

これに対して、中国は景気への影響は心配ながらも、しばらく利上げなどで対応するのではと思われます。(トランプさん、過激そうですからね・・・軍事的に揉める所は望んでおられないでしょうから。南シナ海での牽制などされるよりは。。。ではないでしょうか。)

 

とすると、元は少し上がる。で、さらに1月末の春節で取引量も大きく下がる。

 

となると・・・ビットコインは暴落というか下がる理由が揃うことになりますよね。

 

ただ、以前は話題になっていたこの理由については、先述の追記のとおり中国割合の低下により緩和しています。

 

ただ、その後の最新情報ですが、ハードフォーク関連の騒動が出ていますよね。

結局、これで大きく下げ、その後も問題はくすぶり続けています。

⇒ Bitcoin Unlimited登場でハードフォーク問題ニュース!で、ビットコインが暴落!やっと欠点が広く知れ渡った?ただ今後は?

⇒ ハードフォーク再来?ビットコインのSegwitとサイズ拡張

 

スポンサーリンク


ビットコインが高騰した後に暴落するもう1つの理由、そもそものビットコインの問題点

 

このブログでは度々取り上げていますが、ビットコインは最初の暗号通貨であり、改善されていっているとはいえ下記のような大きな問題点はあります。

1.スケーラビリティ
→大量の取引をさばくのが遅い。1秒間で数件しか処理できない。

2.ガバナンス
 →運営サポート不在で仕様改善が遅い。課題が多いのに仕様改善が全く進んでいない。

3.セキュリティ
→基本的には全取引公開。

などなど。

 

あと、有名なところですと取引で必ず10分以上かかる「10分間問題」など。

(参考記事)
ビットコイン相場チャート暴落の原因なぜ?(2016年8月)その2
ビットコインが破綻暴落の危機?51%アタックとは?
ビットコイン暴落の理由

 

なので、ビットコン以外の暗号通貨が非常に多く出てきているのですが・・・

 

それらは一部の問題点だけを解決しただけのまだまだテスト段階のものですね。

 

今後はそのほとんどを解決しているものも出てくるのですが。

 

リップルもイーサリアムもそうですね。

独自のコンセンサスアルゴリズムです。

 

なお、このトランザクション問題の解決に向けて、ハードフォークやソフトフォークの議論が発生しています。

これらが無事に実施されていけば、問題は解消される可能性があります。

 

ビットコインが高騰したその後、暗号通貨全体は暴落?

 

単に上がり過ぎたら、一時的に下落して調整する。

それは普通だと思いますが、扱われるボリュームは確実に増えていっています。

 

とすると・・・・

 

ビットコインの使用量がこのまま拡大すると、もうすぐ「欠点が目立ってくる」ということです。

 

勿論、もしも修正方法の議論に目処がついていくと、改善されていく可能性もありますが。

 

実際に、今後どうなりそうか?は、今の送金のつまり具合を追っていくとわかります。

混んでくると、ここが10万件を超えてきますね。

(参考) → ビットコインの未確認取引件数

 

 

それを踏まえて、今後どうなるかを考えるのは投資するには重要ではないでしょうか。

 

個人的には・・

 

国の租税や、各アプリケーションに特化したブロックチェーン技術が必要になる

と思っています。

 

なので、例えばSBIなどはリップルコネクトによる検証を進めています。

 

UFJもみずほも、その他の大手SIer企業も、送金や勘定業務に使える独自のブロックチェーンを検討しているのですよね。

わざわざ、時間とお金をかけて。

 

で、さらに、各国は法定のデジタル通貨を検討しています。

⇒ CBDCとは?各国の中央銀行が法定のデジタル通貨を!これが進むとXRPが・・

 

ビットコインは1つの形ですが、もっとブロックチェーン技術を有効活用する模索が始まっており、今後はますます規模が増えるだろうと考えています。

 

ビットコインバブル?高騰した後に暴落するのは◯◯なので。

 

直近のビットコイン動き(高騰や暴落)をチャートで見ると、移動平均線からの乖離が凄まじいです。

 

バブルとも言われていますが、確かに暴落といっても平均値は全然下がりません・・・。

 

既に何十倍と上がっているので、たとえ半分になっても、暴落とは呼ばない気もします。

 

ただ、バブルというよりは、上がり過ぎた後は当然なのかなという所もありますし、何度も繰り返しますので高騰や暴落を逆に活用できる手はあります。

 

そのあたりをこちらに少し追記しています。

 

あくまで参考ですが、投資していくなら◯◯線ぐらいは、見ておく方が参考にはなるとは思います。

→ 暗号通貨が暴落!バブル?購入チャンス!?でもタイミングは◯◯!過去のバブルから学ぶこと

 

追記。

 

その後も暴落した際の記事は追記していっていますのでご参考まで。

記事にもしているとおり、2017年5月あたりから一気に上がりすぎているので、その時点までは一度戻る可能性があると思います。

 

イーサリアムとICO絡みでの暴落など、色々イベント盛りだくさんなのでチャンスもリスクも多いですね。

⇒ 仮想通貨は2017年夏に暴落?継続して投資すべきはインフラ系のプロジェクトでは?

⇒ 仮想通貨全体が暴落につき少しずつ短期で遊びます+注意して見ておく点

⇒ リスクオフ暴落+アルトコインから資金移動で、夏以降はビットコインが暴騰か?

 

実際、その後、2017年11月時点では、かなり大きくあがってますね。

 

さらに、新しい動きが出てきてます。以降はそれについてです。

 
スポンサーリンク


ビットコイン暴落の引き金:ハードフォーク騒動とビットコインキャッシュの誕生

 

ビットコインは何度か暴落していますが。

 

ハードフォークに関する騒動も要因として多いです。

 

ただ、何度か騒がれつつも、直近はなんとか無事に問題を解決していっている方向です。

 

Segwit2xでの方向性も決まり、2017年8月1日にはビットコインキャッシュというものはできるものの、ビットコイン自体はより問題を解決したものに進化する見通しです。

実需も増えているので、価格も上がっていくと予測されます。

 

そのあたり、別記事に記載しています。

⇒ Bitcoin Unlimited登場でハードフォーク問題ニュース!で、ビットコインが暴落!やっと欠点が広く知れ渡った?ただ今後は?

⇒ ビットコインキャッシュとは?価格と扱う取引所は?暴落から予想どおりのラインで反転!ここから高騰か!?

 

追記:2017年9月には、またICO規制の話題で一気に下がりましたね。これは調整に近いとは思いますが。

⇒ ICO規制で仮想通貨全体が暴落!今後どこまで下がる?こういう時はビットコインが強い?

 

 

ビットコインや仮想通貨の今後を考えた時、どう投資していくべき?中国リスクと付き合う

 

インフラの進み具合からして、ハードフォークなどのリスクには注意が必要なものの、まだもう少し上がる可能性は勿論あるとは思っています。

 

ただ、私は高くなったらその都度他商品や通貨に分散投資します。

 

仮想通貨全体は上がると思いますので、それらに分散してドルコスト法に近い投資していくイメージです。

 

具体的には、短期的なものと長期的なものをミックスして運用し、それをさらに分散して別の投資にまわしていくイメージです。

詳細はこちらの記事に追記したとおりです。

 

セキュリティ面を考慮して、どのように保管するのか?もこの記事の中に関連内容を書いていますので、是非どうぞ。

⇒ 暗号通貨に最適なのは◯◯◯◯◯◯投資法だと思います!

 

今年は大きなチャンスですね。

 

今後の長期的なキャッシュフロー構築のための投資に使うための種銭を、仮想通貨で多く確保できるのではとはと個人的には思って取り組んでいます。

 

 

ただ、マイニングの勢力はほぼ中国。

で、コインの購入金額としても、日本人が増えてきたとはいえ中国の影響度はまだ大きいです。

米国は規制や法律面もあり、日本より保有量が遅れていますし。

 

長期的には解消される動きがありますが、まだ地政学的なリスクが残っているかとは思います。

 

 

追記:マイニングについても、ロシア勢も参入とのこと。日本勢も増えてくるようです。

→ ロシアのRMCが、ICOで資金調達してビットコイン大量マイニングを検討中!

 

ということで、思っていたより早く改善してインフラが固まってきている気がしますね。

 

ビットコインや仮想通貨の未来を予測?webbotの予言の書!

 

こちらは元マイクロソフトのクリフ・ハイ氏という方が随分前から活動されている内容ですが。

ビットコインなどの仮想通貨についても、高騰や暴落の予測をされています。

 

こちらについては、記事をまとめていますのでご参考まで。

⇒ WebbotでClif High氏が仮想通貨の未来予言!有料の予言の書の中身は?

 

 

ビットコインや仮想通貨のバブルが終わって、今後、規制で大暴落する時は来る?

 

これ、よく言われる話ですが。

 

インフラは実体の拡大する勢いがなくなってきたり、人々の認知度があがって皆が「ビットコインスゴイよね〜」となってきたなと感じたら、確かに危ういのかもしれないなとは感じます。

 

色んな大手企業が参入してくると、「そっちでええやん」というサービスを一気に投入してしまうかもしれないからです。

 

特に、個人間送金は危ないのでは?と思っています。

モバイルアプリで、簡単にできてしまうからです。

特に仮想通貨など使っていなくても。。。

 

ただ、少なくとも、ビットコインは仮想通貨の取引の基軸という実需もありますが、インフラが整いつつあるので金融商品として生き残るのでは?と思っています。

 

むしろ危ないのは、他の「何に使われるの?」というアルトコインたちかと。

大手企業の黒船が来たら・・・というタイミングは、市場が大きくなると必ずくると思います。

だって、美味しい市場があって、ある程度の規模なら放っておくわけがありませんよね。

 

関連記事

→ ビットコイン上げ→アルトへ波及→全体下げ→・・・最初に戻る?今後規制が増えていく仮想通貨への投資を考える

→ Carrier Blockchain Study Group発足!ソフトバンクとスプリントが携帯会社として決済インフラを握りに?

 

中国や米国の取引所や仮想通貨自体への規制で、今後ビットコインが暴落する?いや・・・

 

アメリカでは個人型年金にてビットコインやリップルが積立られるようになりましたね。

 

なので、米国でも順調に広がりつつあるのではと感じます。

→ Rippleがアメリカの個人年金制度で取り扱い可能に!機関投資家も入り易くなり、UFJの話題も出てまた高騰?

 

ただ、日本よりまだ環境は整っていないようで、よくICOでも米国籍だと外れているケースがありますが。

 

 

で、今だと日本の次に取引の割合が高いのは中国。

 

中国は直近でのICO規制や取引所への規制を行うという報道が流れており、それにより何度も暴落レベルの下落が発生しています。

 

今後も普及にともなって、規制は増えていくと思います。

が、それは長期的には健全に発展するために必要なインフラなのですよね。

 

ですので、規制については、むしろ大きなジャンプに向けた良いステップだと思うのですが。。

 

参考

→ 中国が仮想通貨取引所を閉鎖する規制の噂でビットコインが暴落!見定めればこれはチャンスか?

 

さらに、中国は取引所に加えて、ビットコインノードへのアクセスも規制するとの噂も出ていますね。

これがどこまで実質厳しく取り締まるのか?そもそも本当なのか?などはまだわかりませんが・・・。

⇒ 中国ではマイニングも実質不可能になり更にビットコインは一時暴落か?でもあまり心配は要らなさそう

 

 

ただ、結局、その後やはり高騰しましたよね・・・。

 

今後どうなりそうか?を最新情報として残していますので、ご参考まで。

 

中央集権の法定通貨との争いが始まるのかもしれません。。。

→ 中国取引所規制の暴落→高騰回復から機関投資家の本格参入や今後の中央集権との争い?まで妄想します

 

 

ということで。

繰り返しますが、規制は長期的にはむしろ歓迎すべき内容なのではという気もしています。

 

ただ・・・

逆にこれにより中国が国家としてビットコインを統制して活用する方に行こうとしているなら・・

 

それは、ビットコインの未来を暗くしているかもしれません。

 

これは、中央集権の通貨のもつ既得権益に対して、非中央集権が立ち向かえるのか?という話にも近くなってきますね。

先程も記載しましたが、各国がデジタル通貨を作っているという流れがどうなるか?は注視して行きたいところです。

⇒ CBDCとは?各国の中央銀行が法定のデジタル通貨を!これが進むとXRPが・・

 

ただ、これらに対して、SBIやGMO、さらにDMMまで、またロシアからも、各国がマイニングに参入を開始しています。

 

とすると、中国主導というのも、今後は解消されてくるかもしれないなと考えています。

 
スポンサーリンク


さてさて、色々と書いてきました。

 

インプットの情報を増やせば、色々予測できる面もあるかとは思います。

 

でも。

 

ビットコイン相場が高騰するのか暴落するのかはテクニカル面より外部要因面が強いと思います。

 

ので、相場を当てられるとは全く思っていません。

 

あと個人的には直近で持っているビットコインの割合が増えすぎました。

 

ので、今後は他に分散していった方がよい

というのが本音です。

 

で、その後は、またビットコインに戻す・・という感じで。

 

 

なんとなく。

 

冒頭に書いたように、まだビットコイントータルが伸びるという前提に立つなら

 

ビットコインの枚数を増やすためにトレードをしていくというスタンスが良いのではと思います。

 

つまり、あまり日本円での価値は短期で気にせず、基軸であるBTC単位を増やすという考え方です。

 

私は最近、そうなってきました・・。

一応、日本円換算の値も見るのは見るのですが。

 

ただ、冒頭に書いた通り、2017年11月のハードフォークはかなり注意が必要という認識でした。

 

2017年11月のSegwit2xハードフォークで、ビットコインBTCは一気に暴落する可能性がある。が、結局強いのでは・・・。

 

2017年の7月以降、一気にビットコインは高騰してきましたよね。

暴騰と言ってもおかしくないぐらいです。

 

ちょっとあげすぎているとも思います。

 

ビットコインゴールド騒動がありましたので、それもありますが。

(参考)

→ 11月Segwit2xハードフォークでB2X誕生!今B2X先物が11万円!ビットコインゴールドのあとは、ビットコインキャッシュ暴騰か?

 

 

ビットコインゴールドは上記の記事にまとめている通りで・・・なのですが。

 

圧倒的に気になるのは、11月のハードフォークです。

 

segwit2xで生まれるB2Xが、まともに運営されていく運営陣や開発陣になっていないように見えるからです。

 

実質、B2Xは開発がまともに進んでいないようにも見えます。

 

とすると・・・。

 

気になるのは、SBI北尾さんもマイニングを始めており、推しているビットコインキャッシュです。

 

(参考)

→ SBI Crypto でSBIがマイニング?+米国の運用会社と仮想通貨ファンドなどを検討!米CoVenture Holding Companyと協業。

 

しかも、直近で見ると、一時解消したビットコインのトランザクションが滞り始めているようにも見えます。

 

ということで。

 

ビットコインキャッシュの動きに、注目する必要があるという認識です。

 

 

私はビットコインキャッシュは一旦売ってしまっていますが、下がれば下記の理由でまた買いに行くと思います。

→ ビットコインキャッシュBCHが高騰!でも今後や将来性は?最大32MBまで拡張可能なビッグブロックの方がB2Xより通貨としては良さそうですが・・・

 

追記:ただ結局、ハードフォークは保留になりましたね。

 

スゴく、理にかなった選択が取られたと思います。

 

それで、ビットコインキャッシュが高騰していますね。

→ ビットコインキャッシュ BCC/BCH が暴落せず高騰!自身もハードフォーク!

 

 

ビットコイン+ビットコインキャッシュのトータルの金額が、どんどん高騰していくだろうと個人的には考えています。

 
スポンサーリンク


ビットコインとビットコインキャッシュは、値段に相関関係がありますよね

 

ビットコインキャッシュについては、私は基本ビットコインの枚数と同数保有しています。

 

ビットコインと、ビットコインキャッシュには、値段に相関関係があるからです。

 

これは、これから把握しておくべき内容だと思います。

 

記事を追記しましたので、下記などご参考ください。

→ ビットコインキャッシュが一時0.5BTC近くまで高騰するも、難易度調整で下げ。でもBTC+BCHの合計は高値をキープ。なぜ、BTCとBCHに相関関係があるか?

 

 

今後もあるだろうハードフォーク前後では、ビットコインの暴落や高騰があるので、その対策は重要ですよね

 

ビットコインでなくとも、ハードフォークはどの通貨でも可能性が今後もあると思います。

 

なぜなら、不具合が一つもないソフトウェアなんて、この世の中にもう存在しなくなると思うからです。

勿論、スゴく規模の小さなソフトウェアなら別ですが・・・

 

とすると、そのような時には、自分で暗号鍵を持てるウォレットに通貨を避難させるのが重要ですよね。

 

取引所は、いつハッキングにあうか正直全くわかりませんし。

 

ハードウォレットについてはこちらに最新の情報と共にオススメのものを記載していますのでご参考まで。

→ Trezor model T がプレセール開始してますね

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

 

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

 

私自身は、少ない資金から開始して、既に「億り人」と言われる部類には入っています。

 

その少ない資金から増やす過程でやったことを共有することで、誰かの役に立てば・・・と趣味の活動です。(笑

 

でも、それで色んな方と接点を持つことになって、それがスゴく自分にプラスなので続けているのですが。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 


スポンサーリンク