ビットコイン取引の税金は雑所得扱い。2017年末の確定申告は確定が深刻に難しそう?

スポンサーリンク

ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ

さてさて、今年も確定申告に向けて半期の資料をまとめて税理士さんと年末に向けて相談・・というタイミングですが。

どうなるのか?と思っていたビットコインやアルトコインの取引について。

 

どうも雑所得になるようですね。

雑所得での処理自体は元からどこで聞いても現状ではそうだろう・・でしたので、何もサプライズはありません。

 

ビットコインでチャージできるカードで直接モノを買ったら・・・と恐ろしい事を言っている方もいらっしゃいましたが。

それはやっぱり違いますよね、という点ではスッキリしました。

 

雑所得だろうがなんだろうが。

利益を得たらちゃんと税金は払わないとですよね。

 

その御蔭で、キレイな道路や公園などの良い生活環境があるわけですので。。。

いや、逆にいうと、そういう恵まれた日本にいるから利益が出せている。

 

というのは、間違いない事実だと思うのですよね。

 

それはいいとして。

 

ただ・・・

 

できればその税務処理の手間自体は減らしたいですよね。

私は税理士さんの事務所に毎年お願いしていますが・・・

 

に対して。

このタイミングで「雑所得」と出たということから、恐らく今年はこれだけのルールしかないまま進めるしかないようです。

 

追記:その後、「税務通信」という実務者向けの雑誌にも、同じ内容がより詳細に出たようです。確定ですね。

 

これ、日本も含めて世界各国の取引所で取引している分の額の精査。

税金の計算、人によってはメチャ大変じゃないですか???

 

私は基本短期トレードはブログに書いているとおり、暴落の時ぐらいしかしませんが。

 

 

金額が小さい人でも、取引回数が多い人は面倒そう・・・。

現実的に、どうやって計算するんだ?という感じではないかと。

特にややこしいのは、アルトコイン⇔ビットコインの取引が多い場合。

 

といっても、やるしかないのですけどね。

取引した時のレートは何らか残っているはずだし、まあそれをシコシコエクセルに整理して、税理士の先生に提出しないと・・です。

 

しかし・・・不動産、再生エネ、暗号通貨・・その他と合わせて、今年は大きく変わった一年になりそうです。

もうそんな時期なのですね〜。

 

 

そのあたり、シンプルにメモ残しておきます。
スポンサーリンク


ビットコイン取引関連の利益は2017年時点では雑所得で確定申告か

 

これは、以前から税理士さんから聞いていた通りでした。

まあ、税率や税金としては株の分離課税などよりは高いわけです。

 

ですので、特に嬉しい良いサプライズも無く・・・

まあ、想定と覚悟してい進めてきていましたよ。

 

という感じです。

ですので、税金が雑所得なのか、分離課税かは正直どうでもよいです。

 

タックスアンサーに出たようですね。

この時期に出るということは、もうこのまま改正無しだろうということのようですね。

→ ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

 

それは当然、日本国に住むものとしてはキッチリ払っていくとして。

 

でも、その税金関連の手間を減らしたい・・・

 

という点で、ああ・・と感じています。

 

追記:その後、税務通信という実務者向けの雑誌に詳細出たようですね。

 


 

ビットコイン関連の税金、どうやって計算すりゃいい?2017年末の確定申告が深刻な状況に・・・

 

申告が深刻です。(笑

はい。オヤジです。。。

 

もう・・・税理士の先生にお願いしましょう!(笑

 

いや、法律上も、こういうのは素人が対応しては駄目なぐらいですし。

確りお支払している分、確りと正しく税務処理頂くだけかなと。

 

でも、アルトコインとビットコインのやりとりも利益が生じるようですね。

ここはまだ意見が別れる人もいるようですが。

 

今回の発表を受けて色々見ていると、そう言われる方が多い。

で、私のお世話になっている税理士さんも、これはそうおっしゃってました。

 

ただ、税理士さん以外にも、自分の所轄の税務署様にちゃんとお聞きしないと駄目ですけどね。

自分の所轄の税務署によって、結構色々方針が違ったりしますよ。

 

不動産や再生エネルギー関連で問い合わせてみて、他の税務署さんも知る税理士さんと相談していると結構差分がある場合が。。。

まあ、担当官が違ったり、解釈はそりゃちがいますよね。

 

 

行列のできる法律相談所ってテレビに出ている、弁護士軍団でもいっつも意見割れてるし。(笑

まあ、あれは台本でしっかり作りこんであるのは当然あるとはいえ。。。

 

しかし。

取引所が今出してくれている履歴。

これからそんな計算できますかね・・・。

 

税理士さんとの今年の確定申告の準備ように、ざっくり税金を計算するエクセルで自分でつくろうとしたら、ちょっとメゲましたよ。

もう、最終購入金額の合計と、売った金額の合計の差分でええやん!とか思いたくなってします。(駄目ですけどね)

 

さ〜これは面倒・・なのか?

なので、しっかり税理士さんにお願いしてやってもらいましょう!

 

それか。。。

 

各取引所がその計算をやってくれる機能をリリースしてくれたら、本当に嬉しいなあ。(税理士さんも泣いて喜ぶ?)

 

私が担当官の身や税理士の身だったら・・・

「取引所で元データ作ってやってくれ!」

と本気で叫びますね。(笑

スポンサーリンク


 

ビットコイン関連の税金を楽にするために!2017年末の確定申告までに取引所が何か機能リリースして対応してくれる?

 

という淡い期待を抱いていたら・・・。

 

ビットフライヤーさんの神対応を見つけましたよ!!

 


いや〜ビットフライヤーさんにはお世話になっています!笑

 

ビットコインは基本、私はビットフライヤーさんです。

ビットコインキャッシュの時の対応が一番良かったですし。

⇒ ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ

 

コインチェックさんも何か税金関連の対応いただけないかな〜。

 

 

さてさて、ここまでビットコインの税金の話を素人意見で書いてきましたが。

 

繰り返しになりますが、やはり餅は餅屋。

しっかりとプロに相談して正しく処理しましょう〜。

 

 

さて、このビットコインの税金関連は専門家にまかせて・・

これまで通り確りインプットを増やすことに集中したいと思います。

 

直近でも、ビットコインは暴落や高騰が激しいですが。

どうも、色んな噂に振り回されすぎている気がします。

 

リップルが1円以下、イーサリアムが1000円以下のときから、暴落や高騰が起きる度に記事を書いていますが・・。

歴史を見ると色々わかる所があると感じます。

 

こちらにまとめていますので、ご参考まで。

⇒ ビットコインが高騰するも今後は暴落の原因は!?2017年から2018年の今後の相場予測。

 


スポンサーリンク