ビットコインキャッシュが一時0.5BTC近くまで高騰するも、難易度調整で下げ。BTC+BCH合計は高値キープ。なぜ、BTCとBCHに相関関係があるか?

スポンサーリンク

 

昨日のビットコインキャッシュの高騰、すごかったですね。

 

その時、たまたまリアルタイムに見れたので、びっくりしました。

 

ただ、合計値はしっかりと80〜90万程度をキープ

 

相反するので、同じ数もっておけばリスクヘッジになるのは先日も書いたとおりです。

 

そんな中、DASHやLISKなど、材料が出ているアルトは上がってきていますね。

 

ビットコインキャッシュについては、引き続きリスクヘッジでBTCと同数持ち続けてますが。

 

ただ、難易度調整のアルゴリズムによっては、今回のような騒ぎが何度か続くのかな・・・と気になっています。

 

その時は、今回の教訓を活かして、もう少しうまく立ち振舞いたいなと。

 

ビットコインキャシュと、ビットコインに、なぜ上げ下げに相関関係があるのか?

 

などに、そのヒントはあるとおもています。

 

そのあたり少しメモです。
スポンサーリンク


ビットコインの送付がビットコインキャッシュより遅いけど、ライトニングネットワークなどで改善されていく可能性はある。

 

 

CMEの件や金融デリバティブ商品としてのインフラはBTCなので・・・と言うのは以前書いたとおり。

→ ビットコインキャッシュBCHが高騰!でも今後や将来性は?最大32MBまで拡張可能なビッグブロックの方がB2Xより通貨としては良さそうですが・・・

 

これらインフラの差分がある間は、利益差でもビットコインBTC自身のマイニングが進むのかなと思ってました。

 

なぜなら。

そのビットコインが優位なインフラに加えて。。。

 

以前記事にした、ライトニングネットワークなどの実装も進んでおり。

 

ビットコイン自体の取引は高速化に向けて改善される可能性があるからです。

 

*ライトニングネットワークとは、かなり端折ってまとめると、処理が遅いブロックチェーンは要所でしか使わず、間の実処理を別の連動するソフトウェアで個人間で高速に処理してしまうことですね。

 

とすると、ビットコインキャッシュのいいところって、何?となる可能性もある。

 

将来的に、ライトニングネットワークやそれに相当するものが実装されてくるとすると。

 

ただ・・・

 

でも、ビットコインキャッシュの高騰から下落は、やはりマイナーの影響+自動的に発生する難易度の調整が大きい。

 

ビットコインキャッシュとマイナー移動の概要は、先日のブログにも書いたとおりです。

→ ビットコインキャッシュクラシック?BCC高騰の裏でマイナー移行進む。BTC未確認取引が10万件超え。ビットコインキャッシュ、長期では高騰するのでは。上限数と発行数からも。

 

 

今回の高騰や暴落についても、マイニングの難易度調整アルゴリズムによる所が大きい。

 

とすると・・・。

 

ビットコインキャッシュやビットコインの難易度調整アルゴリズム次第で、マイナーの移動が今後も発生するということですよね。

 

これがいつどう発生するのか?

 

を、もし追い続けられたなら、爆益が見込めそうな気はします。

 

 

例えば、先日記事い書いたサイトによると、現状はBTCのマイニング効率がよくなっています。

 

これは、ビットコインキャッシュの価格高騰にて、難易度調整が入ったから。

 

 

今だと、随分とBTCの方が効率がよいですね。

 

ビットコインキャッシュとビットコインの価格に、相関関係がある理由は、難易度の自動調整アルゴリズムのせいですよね

 

例えばビットコインキャッシュにマイナー達が群がって、一気にブロックの承認計算(マイニング)をやって、短時間で大量のブロックが出てくると・・・。

 

承認計算の難易度が自動的に調整されて、なかなかブロックが生成しなくなるのですよね。

 

これは、ビットコインでも、ビットコインキャッシュでも同じです。

 

ビットコインなら、10分間隔に近くなるように、自動調整されるのは有名なのでご存知の方も多いかと思いますが。

 

逆にいうと。

 

ビットコインの方が10分間以上もブロックが生成されないような自体になったとしても。

自動的に難易度が下げられて、効率があがるようになっているのですよね。

 

なので、価格は戻る。

 

ということで、ビットコインとビットコインキャッシュには相関関係ができやすいです。

 

ということは・・・

スポンサーリンク


短期投資ができない私としては、ビットコインキャッシュとビットコインは、やはり同数は保持するのが基本路線

 

ということで。

 

短期取引についていけないサラリーマンは・・・

 

 

やはり、BTC+BCC/BTHを同数持ってヘッジしておく・・のがベースかと。

 

だって、指値を駆使しようとしても、ちょっと無理ですよね・・・あんだけ激しい局面では。

 

ということで基本方針は変えないものの。

 

先程書いたように、難易度調整がどのようになりそうか?は予想してトライはしていこうかなと。

 

ただ。。。

 

今回の騒動は、ビットコインと同じマイニングの仕組みを持ち、切り替えがし易いビットコインキャッシュだからこそというのはあります。

 

さらに、当たり前ですがPoWではなくPoSの通貨ではこのような事はありません。

 

今なら、リップルやエイダも。

もうすぐ、イーサリアムも、そうなりそうですね。

 

これらは、今回の暴落や高騰でも安定していた。

長期的には、それらもやっぱりポートフォリオから外せません。

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

 

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 

 

 

 

 


スポンサーリンク