ビットフライヤー200万口座突破。ってことはもう仮想通貨バブルは来ないかと。ただ・・・

スポンサーリンク

 

ビットフライヤーが既に200万口座を突破したとのことで仮想通貨が大きく浸透していると思います。

ただ、という事は逆に投資人口は頭を打っており・・・

 

恐らく2017年末のような日本主導での投機による仮想通貨バブルはもう来ないのだろうか?という話です。

 

 

で、個人の伸びしろが厳しいとなると。

次はあと、機関投資家など大口投資家の資金になりますが、それは法整備が進まないと本格的には厳しいかもしれません。

また、ICOも数が増えていますし、良いICOほどプライベートセールで終わるのが当然だと思います。(多額の資金を一般層から集めると、勿論ある程度流動性は高まるものの、その後値段を釣り上げて高く売り抜けるのはかなり難しくなるので。)

 

現状のままでは二度と昨年末のような仮想通貨バブルはもう来ないと思いますが。。。

 

いくつか、再度盛り上がるトリガーの可能性はあるかと思っています。

 

シンプルにいきます。


スポンサーリンク

ビットフライヤーが200万口座突破。ってことは、仮想通貨バブルはもう来ないのでは?最大手のSBI証券でも400万口座だし・・

 

なぜなら・・・

 

既存の証券会社で最大手のSBI証券で、約400万口座だからです。

楽天証券で約200万口座。

 

つまり、日本で投資するような属性を持った人の割合はMAXで上記ぐらいなのかなと。

 

勿論、仮想通貨市場の方が若者含めもっと広がっていそうなのですが・・・

それでもここから10倍などはありえないので、結構な所までもう到達してしまっているかなと。

 

その属性からしても、ここから一人あたりの単価(投資額)が増えるのか?というと・・・。

そんなことも無いと考えるのが自然ですよね。

 

時々、「まだ、アーリーアダプターだよね〜」なんて論調も見ますが、私は現状の「投機的な側面の仮想通貨」においては、全く異なると認識してます。

 

つまり、もう既にほぼ飽和しているだろうということです。

 

この数字は、「仮想通貨の投機面」での高騰はもう無いということを強く示していると感じます。

 

 


スポンサーリンク

仮想通貨バブルは投機や仮想資産としての仮想通貨では発生しないと思うけど・・・

 

ただ・・・。

 

これは「投機」としての、また「仮想資産」としての、仮想通貨市場を考えた場合。

 

それとは全く別の市場が出来てくれば、大きく化ける可能性はあると考えています。

中規模の経済圏が、トークンで賄われるようなインフラになってくると、市場全体は盛り上がるとは思います。

(参考)

⇒ 仮想通貨に投資する理由。信用=通貨。分散された小さなコミュニティで個人が自由に。

 

ただ、それで特定の通貨が高騰するかというと正直考えにくいですよね。

 

あるとすれば、「通貨」ではなく・・・

 

今の「投機」的な市場とは全く異なる次元で、機関投資家から見ても魅力的な実ビジネスやファンクション(機能)を作り上げているなら、そのトークンには全く異なる評価が付く可能性はあるかなと。

 

私から見ると、それの1つは、リップルであったり、NEOであったり、ETHであったりするのですが。

そいや最近だと、IOTAなんかも、台湾と連携して・・と面白い動きありますよね。

 

後、個人的にはCARDANOなんかは、非常にインフラとして期待できそうではあるのですけどね・・・今下がっているから買い直していこうかなとも

 

あ、話は逸れますが、あのリップルCEOの動画、いいですね。今のリップルの状況をほんと表しているかなと。

こちらの記事の冒頭に貼り付けてますのでご参考まで。

⇒ リップルXRPとは?将来性は?投資して大丈夫?最新情報と今後の相場を過去の暴騰と暴落から考える。ロックアップで高騰か?!

 

 

あと、トリガになりうる内容としては・・・。

 


スポンサーリンク

仮想通貨バブルは、経済規模が大きな日本以外の国での取引が活性化するか、期間投資家が本格的に入ってくると再発する可能性はある。

 

これは当然ですよね。

日本ほぐらいの経済規模を持っている国で、その国民も勿論資産を持っている状態の国があれば。

 

とすると、筆頭は・・・

中国発の仮想通貨バブル再び!かと。(笑

 

ただ、これは現状では厳しそうですし、他産業と同様に中国は特にアメリカ発のビジネスを儲けさせるような事や、他国発のインフラに乗っかる事は絶対に拒むでしょうから・・。

 

ボツ!ですね。(笑

 

となると、どこでしょうか・・。

韓国砲は既に戻っていると思いますし。

 

あれ?以外に無いのかもしれません。

 

とすると、あとは機関投資家の参入ですが、これも規制やルールの明確化が進まないと・・・なので、すぐには考えにくい。

 

っと、仮想通貨バブルについては、最近何度も書いている結論にやはりなってしまいました。

 

そう考えるなら、それに応じて取引していけば良いのですけどね。ボラリティは大きいのでやりやすいです。

 

(参考)

⇒ 日本の仮想通貨口座数はほぼ頭打ち?となると今後高騰するのはコンプラや当局と対話できているプロジェクト。

 

 

あと、やっぱり私はこれが実現した時に、ある企業のトークンが高騰すると思えて仕方ないのです。

⇒ CBDCやCBCCとは?USCも。各国の中央銀行が法定のデジタル通貨や仮想通貨を検討!日銀はProject Stella?これが進むとXRPが・・

 

もう宗教みたいになってきましたね。笑

 

ということで、IYRKなわけです!

 

60円台でまたコツコツ仕込んでます。20円台になっても仕込みながら、未来を妄想しながら待ちます。

 

さ〜あと、規制間近のICOにも結構広く資金を突っ込んでますので楽しみです。

ICOは、もう2018年がラストチャンスになりそうですしね。

 

 

 

(追記)ICOへの投資は、事業投資としてちゃんと考える必要があると思いますけどね。

⇒ ICO投資で失敗しないための見方や選び方。またその後の結果の検証方法や利益を出す方法。

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったこと。

それをこのメルマガや読者様限定のLINEで紹介しています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、仮想通貨以外も含めて実績はそれなりに出ているのでご参考頂けるかなと。

私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けています。

 

まずは登録直後は「簡単なタネ銭づくりのネタ」からご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク