ビットフライヤーのニュースで気づいた大事なこと

スポンサーリンク

 

ビットフライヤーに口座をお持ちの方、本日メールが来ていましたよね。
ビットフライヤーが、三井住友・みずほ・第一生命からも増資!

 

元旦から「仮想通貨元年」と大きく広告を打ってはりましたが。

以前記事にしたMIYABIなども発表し勢いがありますよね。

 

仮想通貨取引所としては、国内で最も資本金が大きくなったとのこと。

資本では世界でも2番目、取引量では世界トップとのこと。

 

これを見ると、日本はビットコインの取引が多いように見えます。

中国の方がBTCとしての取引量は圧倒的に多いはずですが??

 

ということで、少し疑問に思った点など調べてみると、認識を改めた方が良いかも・・・という点が見つかりましたのでそれも残しておきます。

スポンサーリンク


ビットコインってそもそも問題点があるのでは?

問題点は、スケーラビリティ、ガバナンス、などなどありますよね。

もう何回もブログに登場していますので、他の記事を上げておきたいと思います。

⇒ ビットコインが高騰するも今後は暴落!?2017年から2018年の今後の相場予測。

 

ビットフライヤーの取引量世界一とは?

プレスリリースを見ると、その出所は「Coinhill」となっていますね。

こちらのサイトを見るとたしかに、30%はビットフライヤーです。

⇒ https://www.coinhills.com/market/exchange/

でも「 This summarized statistics are based on the information of currencies, markets and exchanges registred at Coinhills.」ともありますね。

 

追記:その後、Poloniexに抜かれていますね。

 

なので、このサイトに登録している所では・・・という所のようです。

うーん。

法定通貨との「表の」取引量ということなのでしょうね。恐らく。

 

ん?

ちょっと待ってください。

CNYとの取引の割合が、凄く下がってないですか??

⇒ https://www.coinhills.com/statistics/volume-cny-strength/

特に2月以降がスゴイ。

このOHTERってのは、ほとんどJPYなのでは??

 

これは、中国の3大取引所(OKcoin, Huobi, BTCChina)がビットコインやライトコインの引き出しを止めた事はそもそも大きいとしても・・・。

ちょっとBTC相場に対する見方を変える必要があるかもしれませんね。

スポンサーリンク


オススメの保有方法

 

最近でもブロックチェーンインフォが大量に遅延するなど、色々ありますよね。

 

どうするのがよいでしょう?という問い合わせも多いです。

ですので、下記にまとめていますので是非どうぞ。

⇒ ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ

 

 

あと・・・

仮想通貨に関する情報交換など、是非こちらでやり取りしましょう!

私の詳細プロフィールやキャシュフロー構築のプロセスなども公開しております。

⇒ 企画開発エンジニアのキャッシュフロー構築投資術メルマガ!

 


スポンサーリンク