現物型ビットコインETFをビットワイズが承認されても高騰は来年移行。それより注目すべきは○○!

スポンサーリンク

現物型のビットコインETF申請が、ビットワイズという米国企業から行われたとのことで、2019年は今度こそ高騰か?と思う方も多そうです。

そこで、改めてビットコインETFがどう市場に影響するか?と、それより注目すべき点についてまとめたいなと。

 

結論としては、これまで書いてきたとおり、いくら現物取引があるETFが申請されて2019年に承認されても、年内はそこまで高騰しないと思います。

40〜70万前後で膨れ上がった出来高(売り圧力)を上回る買い圧力を得られるほど、すぐに機関投資家の資金が、現物決済型に限定して入ってくるとは思っていないからです。

更に、ショートも利確もあるわけですしね。そんな一気に利確もせず買い上がる必要が誰にもありません。

加えて、長期トレンドは下落トレンドから転換してないように見えますしね。

 

ただ、現物型ETFなら、現物の市場にも影響が出るのは確かなので、長期的には期待しています。

あと、投機対象の「仮想通貨」ではなく、「暗号資産」として、デジタルアセットとしての価値は確実に上がる環境だけは確実に整ってきているかなと。

今後、次に大きく上げるのは、やはり「規制」という本当に「大金を動かす投資家が安心できる環境」が揃ってからになるでしょうしね。

なので、法規制がどう整いそうか?それに対応できる作り議論を進めているのは誰か(どのプロジェクトか)?は、以前からずっと書いてますが本当に重要だと思っています。

ということで、ETFはキッカケとして気にはするのですが、重要なのは、「法規制の方向と対話のできているプロジェクト」という点かなと。

ただ、これって、別に暗号資産ではなくとも、他の資産運用でもむちゃくちゃ重要ですよね。税金の話や政策がどうなりそうか?なんて。

 

それ絡みで行くと。

2019年はこれまで政策の金融緩和で意図的に上げられた株価など他金融商品の下落が起こりそうなのも気になってますしね〜。

そうなると、どうしてもビットコインも暴落すると思いますし。

どちらもショートで狙いたいですね〜。

 


スポンサーリンク

現物型ビットコインETFをビットワイズが承認されてもBTC高騰は来年移行かなと

Capri23auto / Pixabay

 

ビットワイズが発表したビットコインETFに関する申請が公表されているのはこちらですね。

カストディサービスの部分などで、他のETFと多少の差別化はあるようですが。

 

やっぱり大きな違いは、ビットコインで決済する、現物決済型のビットコインETFだという点ですよね。

 

ただこれまで書いてる通り、ETFは「現物市場の価格に連動して動く指標」であり、多くのETFができても機関投資家の資金が入るのは、ビットコインの現物市場ではないですよね。

ビットコインETFとは?いつ承認されても相場高騰せず暴落しやすい理由と今後の影響と可能性まとめ

2018年8月18日

 

ですので、特にETFといっても、現物型なのか?は非常に重要ですが。

ただ、どちらにしても、それが出来たからといって、イキナリ「買い」限定で資金大量に入るわけもないですよね。当然、ショートから入ることも。

 

とういことで、今回のビットワイズのものは現物市場に、長期的に貢献していくようになるといいですね〜。

 


スポンサーリンク

ビットコインETFよりBakktの先物も期待。VanEckも2月承認?に注目。

murakumo28 / Pixabay

 

他に現物型で代表的なものに、Bakktがありますよね。

こちらはETFではなく、ビットコインの先物ですが、こちらのビットコイン先物が承認されると、インパクトはありそうです。

ただ、同様にそこまで一気に資金が入るものではないと思いますので。そこまで期待はせずに、ゆったり見守りたいなと。

Bakktとは?現物ベースのビットコイン先物が上場延期も2019年内には承認!?米国で仮想通貨取引を拡大する先物取引所。

2018年8月19日

 

他に2019年の2月末で承認されるか?が注目されるVanEckもありますね。

SECによるVanEckのビットコインETF承認は2月に延期でビットコインは下落継続か。ただ・・

2018年12月7日

 

あと、ナスダックの話もETFについては出てましたね〜。

ナスダックも?仮想通貨ETFは現物保有も無くショートもあるし高騰は。。ただ暗号資産として長期で価値は上がるかも。

2018年11月28日

 

しかし、ビットコインETFの課題は、取引所での不正が正されていない(価格操作の懸念)という点なので。そんなに簡単に払拭される状況でもないのでは?とは思うのですよね〜。

 


スポンサーリンク

ビットコインETFとトレンド転換を気長に待つか、短期トレードするか!

 

Martini_K / Pixabay

 

とうことで、ビットコインETFは長期的なファンダとしては重要ですが。

やはり我々は、ニュースの傍観者ではなくトレードして利益が出したいですので。笑

 

王道はまずトレンドフォロー!という観点でいくと、まだ今買いまくるというイメージは全く持てないですね〜。むしろショート基本かなと。

なぜトレンドフォローが逆張りより勝てるトレード手法なのか?【実践済】

2019年1月2日

 

ということで、こういうときは長期予想は難しくなるので、利益出したいなら、未来予測がまだ確かな短期トレードかなとは思います。

なお、個人的なビットコインETF後の予測としては、下記からまだ変わっていない状況です。

ビットコインは今後2019年から高騰と予想!【シンプル】な3つのポイント(最新)

2017年1月5日

 

 

冒頭に書いた通り、長期的に考えると・・・

 

ビットコインETFではなく、法規制がどう整うのか?どのプロジェクトがそれに対応したり議論をしているのか?が重要

geralt / Pixabay

 

ですよね。

これはもうずっと書いてますが。

 

次にあげていくためには、今は規制の整った金融商品に資金を入れている大口の方々が、暗号資産への資金投入を行える環境が整う必要があるわけです。

でも、その規制が完成したときには、ほとんどのプロジェクトが淘汰されるかなと。

規制を実現したり、ソースコードに実装したりする対応力がなかったり、そもそももう資金的に不可能だったりするからです。

 

ですので、その規制の方向がどう進んでいるのか?また、それらに対応している技術や対話を行っているプロジェクトは何か?はこれから投資するなら今後は当たり前に重要な観点になるかなと。(2017年までは、怪しいプロジェクトでもバブルであがりましたが。)

 

ということなので、以前からこのブログでは法規制がどうなりそうか?やSECの動向などを多く取り上げているのですが。(日本も同じ方向にいきますしね。で、およそその通りになってきていると思います。)

 

あと、冒頭に書いた通り、税制や国がやろうとしている規制の方向性を知るのは、投資をするならすごく重要な事だと思っています。

国策に売りなしですしね。

 

 

ということで、暗号資産の今後の高騰がいつか?は、どうしても長期的にはなるものの動向を楽しみにしておき。

2019年の金融商品暴落には気をつけつつ、ぼちぼちいきましょう〜。

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容や、重要だと思うことをシェアするメルマガやLINEをやっています。ブログで書きにくい事などは、特にメルマガやLINEには歯切れよく書いてます。笑

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(詳細はメルマガで)に出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、メルマガではまずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 

 

このブログを書いた人って?

⇒ 管理人のプロフィール




スポンサーリンク