ビットコイン購入はコンビニでも簡単!?

スポンサーリンク

ビットコイン購入がコンビニでも可能だってご存知ですか?

仕事がら海外にしばしばいくのですが、例えば台湾なんかは日本のコンビニが商品もかなりそのままで、コンピに自体の数も非常に多いのですよね。

この台湾の例でいくと、ビットコインのウォレット等を提供するBitoEXという企業がファミマの情報端末ファミポートから購入可能とするサービスを既に開始しています。

でも、日本では見ないですよね?なぜでしょうか?

そこには、ビットコインが世界に比べて日本では流行っていないのと同じ理由があると思います。今後はコンビニでの購入以外にも、より便利なサービスが日本でも出てくることは間違いない(一部の企業がかなり現実的に検討しているのを知っています)としても、なぜ海外では導入が進んでいるのか?の理由と、そこで出てくるビットコインの問題点など現状を整理しておきたいと思います。

スポンサーリンク


ビットコイン購入はコンビニでも海外ならなぜできる?

当たり前ですが、海外だとユーザーメリットが明確にあってサービスとして価値があるから、ファミマなどの大手コンビニが導入しているのですよね。

では、いくつかあるビットコインのメリットのうちどれでしょうか?

そうです。「銀行の口座開設やクレジットカード取得ができなくても、取引ができてしまう」という点ですね。

日本だと、子供でも銀行口座を持っているのでそんな不自由は感じないのが日本の狭い常識ですが、例えばフィリピンだと銀行口座の普及率は人口に対して30%以下と言われています。

それに対して、同じフィリピンですとビットコインなど仮想通貨へのアクセスに必要なスマホの普及率は90%以上は確実にあると言われています。

つまり、銀行口座やクレジットカードの敷居が高いような環境でも、インターネットさえ接続できればビットコインや仮想通貨は簡単に使えるという点で、非常に使い勝手がよく価値のあるものだと思います。

ビットコインや他の仮想通貨について、コンビニ購入用のATMだけではなく、今後はデビットカードやクレジットカードなど多くのものがぞくぞくと提供されていくと思います。

日本ですと、ロボコインというATMが東京には存在するようですね。関西にはまだないようですが、間も無くでしょう。それがビットコインのみかどうかは別として。

いろいろと使ってみて、よいものがあればここでも紹介したいと思います!

 

このような仮想通貨の基本や、投資に関する最新情報を共有するメルマガをやっています!

良ければ右上から登録ください!


スポンサーリンク