COMSA!テックビューロが仮想通貨法対応のICOソリューションをリリース!

スポンサーリンク

 

COMSA、話題沸騰してますね。

私も早速登録していますよ。

 

本日の日経朝刊にも出ていましたし、これを受けてNEMが更に上がっています。

追記:さらに8月4日の日経新聞朝刊にも!

 

mijin の採用の件といい、NEMがここまで高騰するとは・・・。

ZAIFさんでコツコツ積立していてよかった!

あ、でも他に比べるとかなり少額ですけどね。。。

 

ただ、NEMの値上げの話はどうでもよいほどに・・・。

この仕組み、恐らく本当にこれから盛り上がる可能性があると思います。

ただ、投資として儲かるか?は・・・とは思いますが。

(そんな、日本のICOをしたい企業が多くある?)

 

でも、本当に見守るだけでもワクワクしますので、そのあたりをシンプルに残してみます。

スポンサーリンク


COMSAが提供するICO(initial coin offering)とは?今後どうなる?

 

独自の仮想通貨を発行して、企業などが資金を調達することです。

 

最近だとイーサリアムベースのICOが、イーサリアムETHのプチバブルを作り上げましたよね。

それもあってか、スッカリ定着しているような気がします。

 

その盛り上がりすぎな所もあってか、米国ではもう規制も始まっているようです。

日本でも、酷い内容のものは取締が始まるのではないでしょうか。

 

そういう面はあっても・・・

今後、ベンチャーや社会的に意義のあるプロジェクトの資金調達がより容易に、スピーディになる。

 

IPO(株式の上場)は、それはそれは審査に対する準備が大変なようです。

会計資料など厳格なものが求められそうなイメージはあります。

に対して、、ICOなら数週間〜3ヶ月で十分?とのこと。

 

ということで、今後はますます社会の変化のスピードが速くなりそうですね。

 

しかも・・・

こういう、仮想通貨の取引所がICOという資金調達のサービスを行い始めると・・・

 

資金の流れがまた大きく変わりそうです。

 

今、新聞やニュースで、株価が報じられているのは全く違和感ありませんが。

そのうち、暗号通貨やICO情報も、普通にニュースで取り上げられるようになるのは間違いない。

 

つまり、その資金調達のプラットフォームとなる暗号通貨自体の需要(市場規模)は伸びるのは間違い無いですね。

ますます、暗号通貨へは確り分散投資しておくのが良いなと感じています。

 

 

COMSAとは?仮想通貨法に対応したプラットフォーム!

 

今回テックビューロが提供するCOMSAは、そのICOを合法的に、これまでより簡単にできるサービスですね。

しかも・・・。

COMSAは仮想通貨法に対応している。

 

らしいです。

 

なるほど・・・。

金融庁に対するコンプラ関連がこのテックビューロさんのサービスで既におさえられているなら。

それは本当に良さそうですね。

 

法務関連、しかも新規の仮想通貨分野だど、法務部門が確りしていないベンチャーでは、かなり敷居が高そうですし。

 

 

COMSAは、BTC・ETH・XEMに対応!

 

ビットコイン、イーサリアム、ネムの3種類に対応しているとのこと。

NEMを使える有効なアプリケーションが増えましたね。

 

なお・・。

そのICOの第1弾は、COMSA自身とのこと!!!

 

これは爆売れするのでは?(笑

 

私も勿論、アドレス登録済みで購入検討していますよ。

朝山社長のツイッターによるともう7000名を超えたとか・・。

ちなみに、COMSAの公式ページはこちら。

→ https://comsa.io/ja/

 

 

テックビューロのこのCOMSA、日本発のサービスとして頑張って欲しいですね!

 

そういえば、NEMやテックビューロについては以前記事を記載してます。

ZAIFさんで積立していくのが、楽でいいですよね〜。

⇒ NEM(XEM)ネムとは?長期的にも凄そう!?

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

 

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

また、最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 

 

 


スポンサーリンク