CoolWallet S の対応通貨は?公式アプリと購入方法。リップル対応だしSBIバーチャルカレンシーズ標準か?

スポンサーリンク

 

CoolWallet SというリップルXRP対応薄型ハードウォレットの使い方や公式アプリ、あとは購入方法についてです。

 

先日、SBIバーチャルカレンシーズの開設を延期した、SBIがこの企業に出資したというリリースがありましたよね。

リップルも対応しているので気になっていました。あと曲がるしカッコイイ!のです。笑

公式代理店も無いようなので、直接購入して確認してみようかなと思ってますので、そのあたりシンプルにメモです。


スポンサーリンク

CoolWallet Sとは?SBI出資企業の薄型ハードウェレット

*https://coolwallet.io/product/coolwallet/より

 

CoolWallet S」は、CoolWallet 」の新型2018年の32日に発売になったばかり。

製造メーカは、CoolBitXです。

 

このぐにゃって画像を見て、「欲しいやん!」となりましたよ。笑

はい、元々エンジニアのオタクですから。

 

このCoolBitXへSBIから40%出資とのことで、今後はSBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の公式ハードウォレットになりそうな予感もしますよね。

 

なお、対応通貨にはリップルが入っており、イーサリアムベースのERC20トークンも予定。

 

ちなみに公式リリースのメモはこちらです。

 

仮想通貨のコールドウォレット事業を展開する台湾CoolBitX クールビットエックス 社への出資に関するお知らせ

 → http://www.sbigroup.co.jp/news/2018/0302_11009.html

 

CoolBitX側のリリース。

 → https://coolwallet.io/news/coolbitx-announces-strategic-investment-sbi-holdings/

へ〜既に、100,000以上のCoolWalletをアジアで販売してきたようです。

日本ではハードウェアウォレットとして、まだマイナーでしたけどね。

 

こういうのは、気になるのはちゃんと公式リリースを読まないと駄目ですよね〜。

 


スポンサーリンク

CoolWallet S の対応通貨は?リップルにも対応して間もなくERC20トークンやBCHにも対応予定!

対応通貨は、現状下記のようです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • リップル

 

CoolWallet S の公式サイトを見ても、しっかり記載がありますね。

CoolBitXs CoolWallet S, a revolutionary mobile cold storage hardware wallet for your Bitcoin, Litecoin, Ethereum and Ripple. Managing your cryptocurrency has never been more protected and convenient to use. Quickly store and send your coins at any time, any location, and with anyone you want.

 

なお、2018年の第2四半期には、ERC20トークン(イーサリアム系)とビットコインキャッシュにも対応通貨に入れる予定とのこと。

なかなか対応通貨のラインナップは豊富ですね。

 

個人的には、あとNEO系のNEP5トークンにも対応してほしい。笑


スポンサーリンク

CoolWallet S の使い方は?公式開設動画とスマホ専用アプリ「CoolWallet S 2018

 

使い方

使い方ですが、旧型のものとほぼ同様になるようですね。

旧型のものについて、使い方を説明している公式動画がありました。

リカバリ方法など見てても、他社のLedger nano s や trezor を使った事がある方なら、使い方はかなり似てますね。

そうでなくても、全く問題無さそうです。

 

ただ、Bluetooth機能でiOSおよびAndroidへの接続を前提としており、スマホメインのようには見えますね。

PCで使う場合の使い勝手に問題はないのかな?というのは思います。

 

 

公式アプリ

なお、対応する公式アプリについても、旧型の「CoolWallet 」用ではなく、別の「CoolWallet S 2018」 ですね。

https://itunes.apple.com/us/app/coolwallet-s-2018/id1328764142?mt=8

 

旧型のものと別なのでわかりにくいですが。

 

CoolWallet S の購入方法は?正規代理店がない

 

正規代理店は、そのうちSBIMAXや、SBIバーチャルカレンシーズになりそうですが。笑

まだなので、今だとセキュリティの関係もあるので直接購入が良さそうですね〜。

 

ちなみに、旧型の「CoolWallet 」ならAMAZONで既にて購入可能でした。(正規代理店ではない。)

ただ、コメントが非常に面白いです・・・。

→ http://amzn.to/2I5psPK

 

はい。(笑

 

ということで、この旧型の「CoolWallet 」は購入しない方が良いですね。

ほんまでっか?な内容ですけどね。。(笑

 

CoolWallet Sが破損した時、リカバリーは可能か?品質やセキュリティは?

 

上記のビデオにある通り、他のハードウォレット(私が持っているのは、TrezorとLedeger nano s)と同様に、最初にリカバリーフレーズをメモってそれを使うようですね。

 

CoolWallet Sもやっぱり偽物か最初はわかりませんし、正規代理店というよりはまず直接購入して確認してみようかなと思っています。

あ、ハードウェレット使う時は、絶対最初にリカバリーできるか?を確認してから、少額ずつ送付する方がいいですよ。

セルフGOXしてしまう可能性は十分あるので。

 

実際、私もTREZORを息子がクラッシュしてしまい。(笑

予備で保有していた2台目をリカバリしたのはつい最近です。

 

しかし、SBIバーチャルカレンシーズやSBI MAXサイドや、それらの数多くのユーザによるチェックが入れば、セキュリティや品質も更に上がるでしょうから、そういう意味でも期待できるハードウォレットだなと感じています。

 

この会社の株も買いたいぐらいです。笑

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ちなみに、他のハードウォレットも含めて、私が色々と使ってみてよかった保管方法などはこちらです。

⇒ ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

 

最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じますが、私が少ない資金から自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことをこのメルマガや読者様限定のLINEで紹介しています。

無料で個人が発信しているだけなのですが、仮想通貨以外も含めて実績はそれなりに出ているのでご参考頂けるかなと。私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けています。

まずは登録直後は「簡単なタネ銭づくりのネタ」からご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク