仮想通貨で国際送金をUFJ銀行が!リップルコインじゃない!ビットコイン暴騰!

スポンサーリンク

 

仮想通貨での銀行間国際送金は・・・

2016年現在はSBIがリップルやリップルコインにて先行しているかと思いきや。。。

日米欧の金融大手銀行が結託して、国際送金の実験を開始するとのこと。

これは2017年の仮想通貨をうらなう、気になるニュースですね。

あ、ということはビットコインのレートが暴騰してるるな?

と思ってみると・・・

8万円!突破!

ということで、このニュースはもうちょっと調べてまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク


仮想通貨での国際送金をUFJ銀行が実験開始!

日米欧の主要銀行が行っているとのこと。

具体的な銀行名でいくと・・・

・三菱東京UFJ銀行
・シンガポール中央銀行
・バンクオブアメリカ
・メルリンチ
・クレディ・スイス
・HSBC


おお・・・

こ、これは凄い。
そうそうたる、本当の主要銀行たちですね。

何となく・・

SBI主導のリップルコインのより、参加メンバーが凄いような・・・。

しかも、これは銀行間でやっているだけではなく

シンガポールは金融庁までが参加

しているとのこと。

あれ?我らが日本の金融庁は???

参加なし。無念です。
アジアの金融センターとして頑張って欲しい!!!

でも、上記の銀行とは別に、米ベンチャーのR3も参加。

では、どんな事をやっているのか?

銀行間の国際送金の実験とは?ビットコインかリップルコインを使ってる?

24時間対応の送金サービスを実験するようですね。

改ざんが難しいブロックチェーン技術を活かして

マネーロンダリングやハッキングなどの防止を狙うとのこと。

なるほど。

意外に、仮想通貨を採用しようとしている要因としては

セキュリティ

重視のようですね。

とすると・・・
どの仮想通貨を使うのか?と気になっていましたが

ブロックチェーン技術だけ?

ビットコイン?リップルコイン?というよりは。

SBIはリップルにて横浜銀行とやってますが

今回はリップルコインを活用することもなく

ブロックチェーン技術だけを

恐らく銀行間に閉じたネットワーク中において

活用する事を検討されているのでしょうか。

ん?日経記事によると、カナダの銀行、オランダ、イギリスでも・・・

つまり、世界中で実証実験を開始している

ようですね。

銀行用の専用ネットワークが出来上がってくるとブロックチェーン技術だけで、ビットコインもリップルコインも採用される事はないかとは思いますが、我々は銀行のサービスとして恩恵を受けられます。

スポンサーリンク


仮想通貨には課題もありますが

それを解決する新しいコインも多く出てきていますし

本当に楽しみですね!

【人気の関連記事】
仮想通貨ランキング最新は?(追記あり)
ビットコイン破綻の原因はなぜ?大誤報の真相まとめ
CARDANOカンファレンスに参加してきた!ADAコインって?
仮想通貨の投資詐欺を見分ける簡単な3つの方法
ビットコインが2倍になると米国銀行が提示!?
ビットコイン相場チャート暴落の原因なぜ?(2016年8月)その2
ビットコインが破綻暴落の危機?51%アタックとは?


スポンサーリンク