CBDC発行可能性にIMFの理事も言及!ビットコイン暴落にも影響?ただ。。。

スポンサーリンク

CBDCについては昨年から記事を書いてきましたが・・先日、IMF理事がスピーチで結構前向きに触れたとのことで。

 

最近はステーブルコインばかりが目立ってましたが、やはりボリュームからすると本命はCBDCですよね。

 

これは仮想通貨市場へのインパクトは当然大きいと思います。

SECの規制も進みますし、CBDCの流れが本格化してもビットコイン市場の特に機能的にも信用的にも価値の低いものは、もう暴落するのだろうなと。

そのあたり、ざっくりメモです。

 


スポンサーリンク

CBDCは勿論リスクはあるがIMFも可能性を示唆

geralt / Pixabay

 

まず、CBDCとは?については、昨年の春ぐらいに記載した下記の記事に、コツコツと書き足し続けているので、参考まで。

 

いまや、ビックリするぐらい多くの国がデジタル法定通貨を検討していますよね。

→ CBDCやCBCCとは?USCも。各国の中央銀行が法定のデジタル通貨や仮想通貨を検討!日銀はプロジェクトステラ?これが進むとXRPが・・

 

 

あ、上記の記事題名に大事なキーワードが入ってしまってますが。笑

 

それはさておき。

 

IMF理事の今回のスピーチはコチラに公開されていました。日本語もあるのでナイスです。

 

興味深い所を抜粋しますと・・・

・・・

2. 中央銀行によるデジタル通貨に賛成する理由

それでは今日の話題の2点目に話を移しましょう。お金を取り囲む新しい環境において、国家、中央銀行が果たす役割についてお話ししたいと思います。

・・・中略・・・

これはSFではありません。世界中でカナダや中国、スウェーデン、ウルグアイなど様々な中央銀行がこうしたアイディアを真剣に検討しています。これらの国々は変化と新しい考え方を積極的に受け入れています。この点ではIMFも同様です

・・・中略・・・

3. 中央銀行によるデジタル通貨発行の負の側面

こうした議論を踏まえて、今日お話ししたかった話題の3点目に話を移したいと思います。デジタル通貨が持ちうる負の側面です。負の側面のうち、明確な点としては金融の健全性や安定性に対するリスクの問題・・・

 

・・・中略・・・

より根本的なメッセージとしては、変化を支持するということです。変化を前向きに検討し、積極的に受け入れ、これからの変化をかたちづくっていくことです。

 

 

うーん、かなりCBDCに前向きですね。笑

 


スポンサーリンク

CBDCの発行が増えるとビットコイン等は今後どうなる?

Free-Photos / Pixabay

 

 

CBDCの普及で予測される影響については、この記事に結構かいてしまっていますね。笑

ビットコインやリップルやイーサリアム等が今後どのような影響を受けて、どうなりそうか?について個人的な予想は、昨年から大きくは変わっていません。

→ CBDCやCBCCとは?USCも。各国の中央銀行が法定のデジタル通貨や仮想通貨を検討!日銀はプロジェクトステラ?これが進むとXRPが・・

 

 

しかし、最近、まだXRPのインフラのニュースリリースが半端ありませんね。。

1円以下の時代に「なんでこんなにスゴイニュースが出てるのに価格が全く反応しないんだ!」と不思議でブログに書きまくっていた頃と似た感覚です。笑

 

ただ、当時とは違い既にある程度の値段がついていますし、ここから何十倍というのはこれまで書いてきたとおりもう期待するのは難しいとは思いますが。

 

「インフラや機能」という側面では、リップルはもう独走体制なのは間違いないように見えます。

→ リップルXRPは暴落も今後2019年に向けて高騰する理由。伸び悩み後の価格予想を過去の暴落と最新情報から!

 

 

今、ちょうど分散して仕込むにはいいタイミングかもですね〜。

気になるのは、株など他セクターの影響ですので、そちらをにらみつつ。少しずつですが

私は先日利確した分、短期分として少しずつ拾います。

 

 

 

そういう話も交えて、仮想通貨などへの投資で私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことと合わせてボチボチメルマガやLINEをやってます

 

私からは、重要だと思うポイントや、ブログで書きにくい事(笑)など配信してますが、色んな方と楽しくやりとりさせて貰っています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(2年連続税金でも「○り人」です)に出ているので、ご参考頂けるかなと。(あ、今年の税金送り人は、かなりの設備投資などで何とか回避できそうですが。笑)

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 

 

高騰や暴落など相場の今後を予想する方法がわかる。初心者向けの学習コンテンツ。

私が2年連続で、税金でも◯り人の実績を出せた理由の1つですが。

仮想通貨の雑誌にも「テクニカルアナリスト」として投稿して予想を当てている、プロトレーダの方から初心者でもわかるトレード手法を具体的に学べて、今後の暴落や暴騰がある程度予想できるようになったのが大きいです。

その手法は本当に「目からウロコ」の連続でした。

特に「初心者向けの動画コンテンツ」で学べる「8つ以上の指標」は、個人的には超絶にオススメです。(私はそれを書いてPCのモニターに貼り付けて、確認しながらトレードしてます。笑)

⇒ プロトレーダのヒミツをカンニングする!

 




スポンサーリンク