EmurgoがFINNEYのSIRINと提携!dAppsのストアやADAが使える実サービス増加に期待!

スポンサーリンク

 

あの暗号通貨やdApps対応のスマホを提供予定のSIRIN LABS(SRNトークン)がADAに対応とのこと!

 

ADA用のdaedalusウォレットも良いですが、フルノードのため時々立ち上げて同期しておかないと、重くなりますしね。。

 

ただ、それより期待したいのは。。。

 

このスマホのようなデバイス上でのdAppsアプリの提供が進み、よりADAや他の仮想通貨が実サービスにて使われていくこと

 

ですよね。

 

あと、なぜADAが期待されているのか?なども、買い増し判断のために、改めて整理してみたいなと。

SRNトークンもそうですね。

 

このSRNは、あのイスラエルのAlignment Blockchain Hubがまた絡んでいますしね・・。

 

そのあたり、少しメモです。


スポンサーリンク

そもそもADAとは?ポイント3点!SIRIN LAB とEmurgo提携の前に・・

 

ADAは、CARDANOというプロジェクトで使われるトークンで技術はIOHKが支えています。

 

 

技術チームのIOHKが、世界各国の大学とも連携(日本だと東京工業大学とも提携)しながら、開発を進めています。

IOHKのCARDANOチームは結構な人数ですし、GITHUBのコミット数も高く上場前から活発に活動しているのが見れています。

 

 

Emurgoは、CARADANOプロジェクトに関するマーケティングやCARDANOインストールの支援、及びスタートアップ投資等を行う企業です。

最近、台湾のMOX社や中国のCHINAACCELERATORなどとも提携し、スタートアップ支援にも力を入れているようです。

 

 

ADAトークンは、イーサリアムのようなプラットフォームにもなり得ますが、個人的にポイントだと思う点を3点だけ書くと・・。

 

・暗号技術の高いセキュリティ耐性が論文レベルでレビューされている

・インターネットの技術と同様にレイヤー構造のため、応用アプリへ展開しやすい

・CARDANO財団がガバナンスを徹底しており各国政府や業界と広く関係を深めている

 

 

逆にいうと、まだまだ実需につながる大きなプロジェクトははじまっていないため。。。

現時点でそこまで高い値段がつくか?には少し疑問もあります。

 

 

ただ、CARDANO財団は今は表立って無いですが、少しずつ面白い結果が出ていると思います。

例えば、Distributed Futuresの活動です。

 

→ ADAコインの送金がむちゃ速い!+Distributed Futures でCARDANOがADAの規制当局や政策立案への関わりを促進。オランダ政府が論文内容を採用指示+POS収入も期待!

 

将来的に各国がデジタル通貨政策を推し進めるのは間違いないと思われる中で。

 

暗号化技術の採用検討を進める時に、候補としてこのCARDANOが出て来ると面白いですね。

 

勿論、まだまだ逆に見えない所も多いです。

まだコア部の開発のみが終了した状態で今後も多くのバージョンアップが予定されていますし、実アプリへの展開はこれからですよね。

このあたりは、先行するイーサリアムに大きく離されているかなと。

 

ちなみに、ローンチ時のイベントやロードマップに、今後の予定があります。

結構頻繁に、かつ柔軟に追加されていて本気でプロジェクトをやってるのが伝わってきます。

 

→ ADA(CARDANO)のロードマップ公開カウントダウンが!ついでにローンチイベントのポイントも整理してみた

 

 

今後は、ステーキング報酬にも期待がされますよね。

次のバージョンアップであるShellyにおいて、ステークに関するバージョンアップが入っています。

小口ユーザには、どこまで恩恵があるか・・・はありますが。

 

 

ちなみに、私は2016年のIOHKの技術者セミナーに参加して、プレセールで購入してから保有しています。

→ CARDANOカンファレンスに参加してきた!ADAとは?(追記あり)

 

 

年末年始の高騰で大きく売却していますが、まだ今後にも期待して一部は残しておりますし、今後も様子を見ながら再度追加購入をしていっています。

 

おっと、ちょっと長くなりすぎましたね・・・

 

あとはシンプルに。


スポンサーリンク

Emurgoと提携したSIRIN LAB とは?FINNEYやSRNに期待!

 

 

SIRIN LAB は、FINNEYなど、暗号通貨を扱うのにセキュリティが優れていたり、分散アプリを扱いやすくする機能が入っているスマホやパソコンを開発しています。

 

まだ発売前のため、期待が先行している状況で、これもまだまだこれからだとは思いますが・・・。

 

特に、dAppsのアプリストアなんてものは、なかなかここだけでは難しそうですけど・・・。

 

・・・・

っと思っていた所に、CARDANOとの提携!

 

なので面白いなと感じました。

 

 

最終的に結果が出るか・・・は、結構、茨の道だとは思いますが。

他のプロジェクトも皆狙っているところでしょうしね。

 

 

新しいもの好きの私は、かなり期待して見守っています。

元ソニーモバイルCTOの方も運営サイドに入ってますしね・・・。

 

さらに、Alignment Blockchain Hubというイスラエルの有名なブロクチェーン企業も関わっています。

ここ調べるとすぐわかりますが、各種トークンの技術開発に関わってますね。

 

イスラエルって、何かにつけていろんな分野で技術屋が出て来るな・・。

 

このSIRIN LABの提供しているトークンが、SRNです。

最近、BITTREXに続きBINANCEにも上場して盛り上がっていますね。

 

ちょうど、少し前の記事に書きましたが、このプロダクトが欲しくてSRNは保有しています。

(参考)

→ 日本の仮想通貨口座数はほぼ頭打ち?となると今後高騰するのはコンプラや当局と対話できているプロジェクト。

 

 

そういえば、Emurgoは先日渋谷でミートアップを行っていたようで。

その様子の動画が公開されていましたね。


スポンサーリンク

今後期待できる仮想通貨のプロジェクトは金融系以外では?

 

*勿論、リップルなど、既存の金融機関と既に連携できているプロジェクトは除くのですが。

 

暗号通貨は、全般的に金融系のインフラを狙ったプロジェクトが多くて厳しそうだな・・・と以前から思っています。

 

その分野の小さなプロジェクトの大半は、最終的に駆逐されると思っています。

というところに、このハードウェアを伴うプロジェクトは差別化がしやすい点があるため、本当に興味が惹かれます。

勿論、既存のスマホが圧倒的にシェアを持つのですが・・。

 

 

他に期待しているのは、先日も記事にしたようなプロジェクトです。

 

→ 日本の仮想通貨口座数はほぼ頭打ち?となると今後高騰するのはコンプラや当局と対話できているプロジェクト。

 

→ これから伸びる仮想通貨は?:BtoB型+インフラ型+新分野のICO

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

 

最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

 

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったこと。

それをこのメルマガや読者様限定のLINEで紹介しています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、仮想通貨以外も含めて実績はそれなりに出ているのでご参考頂けるかなと。

私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けています。

 

まずは登録直後は「簡単なタネ銭づくりのネタ」からご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク