SBI R3 Japan設立でCORDA+Rippleのシステム採用が加速する?

スポンサーリンク

SBI R3 Japan株式会社、R3との合弁で設立とのことですが、R3って何やってるの?や、その商品のCORDAって何なの?リップルと何か関係あるの?という疑問を持つ方も多いと思います。

そこで、この記事ではシンプルに、R3CORDAとリップルの関係をまとめてみます。

結論としては、リップルが機能的な価値を高めるために補完しあう可能性があると思っています。


スポンサーリンク

SBI R3 Japan 設立で、CORDARippleのシステム採用が加速する?

*画像はhttps://www.r3.com/corda-enterprise/より

 

金融系のプロジェクトでメジャーなのはリップル社のソリューションですよね。

仮想通貨と言われる分野では無い気がしています。CARDANOやイーサリアムやEOSやステラなんかもそうですが。

おっと、話を戻して。

 

でもリップルは、主に送金インフラ部に特化したソリューションですよね(ちょっと狭い言い方ですが、銀行関連の話だけでいくと)。

金融機関として必要な銀行の基幹処理部やKYCなどの関連周辺機能は旧来のまま。

そこに対して、このCORDAが、ブロックチェーンに近い分散技術を用いて、スマートコントラクトやセキュリティなどのソリューションの提供を目指して動いているイメージです。

 

ですので、結論として、CORDAの導入がもし進むのならリップル社のソリューションもそれと恐らく相性よく作られている(作られていく)のでしょうから、リップル社にとってもいい事がおおいのかなと。

これとXRPが直接使われるのか?や、流動性がこれにより上がるのか?は別問題ですが。(決済アプリとしては、Corda SettlerでXRPが使われるというのだけは出てますが。)

 


スポンサーリンク

SBI R3 Japan 設立の目的は?CORDAの普及活動でリップルとは直接関係はないが・・

*画像はhttps://www.r3.com/corda-platform/より

 

SBI R3 Japan株式会社設立の公式リリースにこちらがありますね。

SBIホールディングスは2017524日付けプレスリリースにて発表の通り、R3社への出資を通じて同社の外部筆頭株主となっているほか、SBIグループは日本国内におけるCordaのトレーニングプログラムを提供してまいりました。新しく設立する合弁会社においては、日本におけるCordaライセンス提供および導入支援、それらに先立つ企画立案等を行うほか、R3社の海外拠点やCordaパートナーとの連携支援も行います。また、日本のみならず東アジアを対象とした事業展開も視野に入れております。

 

リップルとは直接関係はしていないものの、それにもつながるこの銀行向けの新しいプラットフォームを筆頭株主として推したいSBIが国内やアジアで・・・と。

具体的なプロジェクトが国内でも出てくると、これは面白いですね。

っとまずは住信SBIでやるのでしょうか?(笑

なら、個人でも法人でも使い倒している私にも何か恩恵あるかなあ・・・。

住信SBIネット銀行は、自動振込や自動引き落としの設定が沢山できるので、ハブとして欠かせない銀行になっています。なので私はSBIファンです。

あと、以前も書きましたが、SBIはリップル社やR3と組んで、かつ取引所も行ってますよね。

  • 取引所  法定通貨IFのインフラ
  • R3CORDA  銀行のインフラ
  • Ripple  国際送金のインフラ

 

という感じで、確りとインフラをねらって動いているのがいいなあとは感じます。

あ、ビットコインキャッシュについては、個人的にはなぜ推すのだろう?とよくわかりませんが。。。

 


スポンサーリンク

SBI R3 Japan 設立についてのまとめ(勝手な)

 

数年先だと思いますが、CORDAのプロジェクトが実際に立ち上がってくるかもしれません。

ただ、それはあくまで銀行のシステムなので、相性よく補完するでしょうけど直接リップル社の一部のソリューションで使われるXRPの動向には無関係かなと。(いい影響は出るとは思いますが。)

 

以前から報道が出ているように、R3のコンソーシアムは一部大手銀行は抜けているものの、まだ存続しており試験プロジェクトは続いてますね~。実態はよくわかりませんが、必要な周辺部を含めて実用的なソリューションとしてインフラを取りにいくリップル社+SBIについては期待できそうだなあと個人的には思っています。

ただ、繰り返しですがそれがXRP高騰に直結するか?はそうではないとは思いますが。

 

当事者の方々にしたら、素人のお前が勝手にまとめるな!だとは思いますし、この記事自体は私の単なるメモ書きでしかありませんが。(苦笑

 

ただ、リップルXRPの今後については、他の機能的な価値や存在意義が見えない暗号資産のプロジェクトに比べると、期待できるなあとは思っています。

まだ先かもしれませんが、一旦この下落トレンドが変わってきたらまた現物を仕込んでいきたいプロジェクトの筆頭候補です。

リップルXRPは今後どこまで下落?2019年春以降に高騰する3つの理由まとめ。最新情報と過去の歴史から予想。【更新】

2016.07.19

 

 

ちなみにXRPの相場自体がどうなりそうか?は、こういうファンダは参考程度で、まずはチャートを見る方が確かかなと。

→ 仮想通貨で億以上を利確できた7つのポイントまとめ!

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容や、重要だと思うことをシェアするメルマガやLINEをやっています。ブログで書きにくい事などは、特にメルマガやLINEには歯切れよく書いてます。笑

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(詳細はメルマガで)に出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 

 

このブログを書いた人って?

⇒ 管理人のプロフィール

 




スポンサーリンク