イーサリアムクラシックETC購入と今後

スポンサーリンク

話題のイーサリアムクラシックETC、チャートで相場をみると2016年7月に出てきてから現在まで安定して落ち着いて来たので購入する方も多いようです。ちょっと検索すると、怪しいページも・・・私も試しに購入を検討したので、その購入方法を調査した結果を簡単にまとめます。

スポンサーリンク



イーサリアム・クラシックの購入方法まとめ

まず日本語の方が楽ですよね。
であれば、現時点ではオススメの方法はこちらしかほぼ無いかと。(コアな方ではなく一般の人向け)

「取引所であるcoincheckにて購入する」

2016年8月の現時点では扱っている取引所は思っているより少ないですね。もっとあるのかと思いましたが、まだまだ「イーサリアムETHでやっと取引が可能になりました!」という程度が実情のようです。

ビットコインがそろそろATMなどの購入のインフラが少しずつ整ってきそうですね〜という程度なので、市場での総額が2位で規模が10分の1程度しかないイーサリアムになると、まだまだ実社会ではマイナーですね。(エンジニア視点では別の見方もできますが・・・)

そういうことが調べて見てよくわかりました。

イーサリアムクラシックは今後購入すべき?

ウォレットも一般的なものでは決して無いので、自分で行える方なら購入してもよいのかもしれません。

ただ、そもそもイーサリアムクラシックETCの生い立ちからして、まだ非常にナイーブなところがあると思いますし、そういう観点で楽しめない方には購入はオススメできないものだと感じました。だからこそ投資すべきという考えもありますが、今後大手企業がサポートしてくるとも思いづらいので、とするとインフラや関連サービスが拡充されていくとも考えにくい。

純粋に一般の投資という面でいくとビットコイン自体や、または取引所の破綻など外部要因で暴落した際にでもFXで購入したり、他は新しい仮想通貨に投資していく方がリスクなく利益もしっかりとれそうに思います。

イーサリアムクラシックの今後を考える

イーサリアムETHが暴落したといっても、2015年からすると恐ろしく上がったまままになっていますし。規模としてもまだイーサリアムクラシックETCに対してイーサリアムETHは6分の1程度ですし。

あれ、イーサリアムクラシックを今見ると総額がSTEEMを抜いて5位に上がっていますね。LTCやXRPに迫る勢いです。第2位のETHからの流入が続いて、市場規模が大きくなってくると、インフラについても変わってくるのでしょうけど、どうもそのような動きがあるとはまだ考えにくいと思っています。マイクロソフトなど大手企業が関係しているのも、現時点ではイーサリアククラシックETCの方ではなく、イーサリアムETHの方ですし。

ですので、個人的にはクリプト主義者が支持していくものの、経済的に大きく発展することはないのではというのが個人的な予測です。ただ、他記事にも書きましたとおり、この結果は非常に大きな意味を今後の仮想通貨・暗号通貨について持つことになると思いますので継続して見守っていきたいと思います。

【関連記事】
イーサリアムクラシックETCとは?
イーサリアムクラシックETCのチャート暴騰継続
なぜイーサリアム・クラシックETCは暴騰?チャートや今後は?


スポンサーリンク