イーサリアムクラシック関連企業の一部が開発中止。今後の下落は避けられないかと。

スポンサーリンク

イーサリアムクラシックを開発してきた企業の1つが資金難で開発停止してますね。

 

イーサリアムクラシックについては、なぜ値段が付くのだろう?どこに価値があるのだろう?と2016年のイーサリアムのハードフォークの時から不思議に思ってブログに書いてきたとおりですが。

今のところは想像通りな流れです。


スポンサーリンク

イーサリアムクラシック関連企業の一部が開発中止

イーサリアムクラシックの全開発が止まるわけではないですが、この企業は有力な開発チームの1つだったようです。


特にイーサリアムクラシックでなくとも、やっぱりこうなりますよね。

機能的な価値が存在ししない他のトークンプロジェクトも同様かなと。結局、ICOだ!ブロックチェーンだ!といっても、単なる新事業の1つですからね。

 

これでこのブログでのイーサリアムクラシックの記事も最後ですかね〜。

ただ、今後何かオリジナリティのある機能が新規開発されたりすると、別なのかもしれませんが。そういう可能性は高くはないのでしょうね。

 


スポンサーリンク

イーサリアムクラシック以外にも機能的価値がないものは同じ道をたどる。結局「事業」なので。

Comfreak / Pixabay

 

事業として、ユーザにとっての機能的価値がなかったり、そもそも「困りごと」を解決する対象のユーザがいなかったり、、、という謎のプロジェクトは今後もどんどん淘汰されるかなと。

SECや金融庁による証券化の規制も受けていきますしね。

SECのICO規制で今後多くの仮想通貨が暴落?ガイダンス公開が近い。

2018.11.08

 

ただ、そこで生き残る企業やトークンプロジェクトは勿論いくつかは出るでしょうから、そういうものを予想しながら投資するのは面白いなとは思います。

証券も含めて世の中の価値がデジタル化していくと、何らか新しいインフラが必要になる可能性はありますし。

勿論、多くは現状売上を持っている大手企業が時前で当然揃えようとするでしょうけど。

 

あと、勿論、結局は事業投資だ!といっても、チャートが存在するものなのでトレードの基礎知識はおさえた上で、個人的にはトレンドに沿った方向のトレード以外はやらない方がいいかなとは思っています。(貼り付けるなら戻しを短期で狙うのはありだとは思いますが。)

暗号資産投資で億単位で利確できた7つのポイントまとめ

2018.12.06

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

私からは、重要だと思うポイントや、ブログで書きにくい事(笑)など配信してますが、色んな方と楽しくやりとりさせて貰っています。

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(2年連続、税金でも「○り人」です)に出ているのでご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 

 




スポンサーリンク