2018年も高騰してきた取引所トークンの今は悲惨?今後どうなるかの予測(前編)

スポンサーリンク

 

色々な取引所トークンが今どうなっていて、今後どうなりそうかを予測してます。

取引所トークンは、仮想通貨市場の伸びを考えると投資としてもまだまだ高騰が期待できる1つのジャンルだと思います。最近はマーケティング目的のエアドロップも多いですね。

 

例えば、取引高トップで今後のDEXや初となる非中央集権型銀行のFounders Bankなどの計画などめちゃ面白く、さらに先日の洪水に際して多額の寄付までする王道バイナンスのBNB。

2018年は他がどんどん下がっていく中、固く上がっててビックリしました。

 

結局、取引所として運営サイドの計画に魅力があり、各通貨に分散して出来高が伴っている所はこれからも固いのかなとは思ってます。

いわゆる、インフラやツルハシ系ですね。

(参考)

⇒ これから伸びる仮想通貨は?:BtoB型+インフラ型+新分野のICO

 

ただ、金融庁の規制もあり今後海外取引所に依存するのは残念ながらリスクもありますが。

まともな会社なら、海外FX業者のようになるだけかなとは思ってます。

(参考)

⇒ 金融庁のICO規制で日本人の海外ICO参加や海外取引所使用は禁止に。今後買うべきは◯◯!金融商品取引法での規制や証券化も検討中。

 

 

そんな当たり前の事はありつつ。

 

最近、HYIP的なものも出てましたね。。。エアドロップや購入者のブログでの煽りがすごかったですね。

まあ、自分で保有するものは好きなので煽り(ポジトーク)になるのですが。(笑

 

そういうものも含めて、取引所トークンの今!と今後!について、軽くざっとメモです。

 

取引所の取引高ランキング別に見てみます。

 


スポンサーリンク

取引所トークンの代表格BNB-Binance Coinの今と今後は?

バイナンスコイン、BNBです。

取引所としての基本指標である取引高で世界トップクラス。王道中の王道ですね。

1日の取引高は、1000億を超えてます。

また、これまでバーン(発行済トークン数量を減らすこと)を2017年10月から3ヶ月おき程度に既に3度行っているようです。

 

引用元:https://coinmarketcap.com/currencies/binance-coin/#charts

 

いや〜これ、直近1年のチャートですが、あの年初ぐらいからでも80%ぐらい上がりましたよ。

私のポートフォリオの中で、直近1年で最も上げたのはこれですね。

 

最近、非中央集権型の銀行Founders Bankをマルタで設立すると報道が出てて、今後も正当進化が予想されます。

 

でも、金融庁から指導が入った時のやりとりを見てても、洪水での募金など見てても、マルタへの移動など見てても、また少しずつ購入していきたいな〜と思わせる、経営者の方ですよね。ほんと。

 

BNBは、他取引所へも上場していますし。

更に、このBNBを活用して他の取引所と同盟を組むことで、バイナンスのシステムを新興取引所でも使えるようにするという計画を6月に発表してます。

 

もし今後こういう取り組みも広がると、BNBは益々高騰するかもですね〜。

 

ただ・・・。

私は少し前に利確してしまいましたけど・・・銀行のニュース見てちょっと後悔しました。(笑

もうすぐバーンもあるようですしね。(2018年7月半ば?これまで3ヶ月毎に実施実績あり)

ただそこは粛々とマイルール徹底でやりますよ!

利益確保が一番!(弱気)

 

で、次は最近話題になってたアレです。

 


スポンサーリンク

新興取引所トークンの代表格FT-FCoin Tokenの今と今後は?

 

このFCoinは一気に伸びてきましたよね〜。元HuobiのCTOが開始したので話題になりました。

取引高は今や2000億近く、Binanceを抜いています。

レバのあるBitMEXを除くと、このFCoinが世界トップの取引高になってますね。

で、そのトークンは・・・。

引用元:https://exchange.fcoin.com/ex/main/ft-usdt

 

うーん、見事なイナゴタワーです。(笑

これ、皆さんご存知だと思いますが、ざっくり言うと「手数料を高レートで還元します!」という集客を行っていたからですね。

 

まあ、そりゃそうかなと。

これまでや今だと、さっさと原資だけ抜けるか?という単なるゲームに近いかなと。

(参考)

⇒ HYIPという投機は「ババ抜き」に似ていますよね!

 

ちょっと立ち上げは疑問がありましたが、ただ、実績がスゴイです。

ただ、出来高の構成が偏ってるので、ちょっと今後の高騰は厳しくなるかも?と疑問は残ります。

引用元:https://coinmarketcap.com/exchanges/volume/24-hour/all/

 

FCoin自身が多すぎるかなと。

ただ、その周囲で基軸通貨のボリュームも確実に増えているのは事実。

 

なので、今後はここから増えたユーザに対して何かメリット提示できれば、もしかしたら面白い取引所になるのかもですが。

 

 

おっと、まだ2つしか書いてませんが、ちょっと長くなりすぎるので、また第2弾にします。

 

直近、ETFの話も出てきてますし。

王道通貨に回帰して、私は期待して待ち構えております!(笑

⇒ マイナーな海外取引所しかないトークン達はほぼ引き上げて王道へ!

 

 

 

なお、年初から書いているとおり、上記は短期的なもので。ちゃんと利確していかないと、と思ってます。

過去の流れはこちらにまとめていますが、やはりまだ下がる可能性も高いかなと。

今後どうなるか?は、やはり過去の経緯から予測するのが固いかなと思ってます。

⇒ ビットコイン高騰も今後は暴落する理由。2018年は金融ショックも?今後の相場を過去の事実から考える

 

 

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことをボチボチ書いてます。

有料のサービスでもなく、無料で個人が発信しているだけなのですが、実績はそれなりに出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 

 




スポンサーリンク