ビットコイン暴落で12月に30万円周辺まで下落!?暴落理由や最新状況から今後を予想(妄想)→意外に耐えてますね

スポンサーリンク

ビットコイン暴落で11月は下落トレンドのまま終わりそうですが、2018年12月以降は今後どうなるか?についての予想です。暗号資産の最新状況と合わせて自分のためにまとめています。

ビットコインキャッシュがスゴイ勢いで高騰してますが。。。それはさておき。

 

結論としては、先日から書いてるようにまだ下げトレンド継続で、ぱっと見ると3000ドル付近までは下げる可能性はありそうですよね。クリスマスまで下げきって裏で仕込まれているのでしょうかね〜。

でも今からショートには入らず、分散して仕込むスタンスです。中長期で楽しむためにも。高騰は年明けからかもですね。

 

なお、個人的な予想であり、一人で妄想を楽しんでいる面もあるのでスポーツ新聞並のエンタメ的に見て下さい(笑)。過去を見ていただければ、結構あたっている確率は高い方かなとは思いますが(なので一応、税金も億円単位で払ってます。笑)、当然ハズレもありますしね。ただ、そういう時は早めに撤退するなどリスクリワード管理すればいいだけなので、自分なりの考えは常に持つべきとは思いますが。

そのあたり、個人的メモです。


スポンサーリンク

ビットコイン暴落の最新状況。暴落原因も落ち着き4000ドル以下へ。

 

今回の暴落の理由や原因は色々言われてますが、1つ上げるならビットコインキャッシュBSVのハードフォーク騒動。それらはやっと落ち着いてきてますね。

今回も事前に予想を書いてましたが確りハードフォーク直後に暴落。

 

ほんと、暴落の歴史は繰り返す!ですね〜。

なお、過去の高騰や暴落の理由や原因は本当に知っておいた方がいいと思っています。最新情報を追記しながら下記にまとめてますのでご参考まで。

→ ビットコイン高騰も今後は暴落する理由。2018年は金融ショックも?過去の歴史から2019年以降は王道通貨のみ高騰すると予想。

 

さて、本題。

もうすぐ12月ですが先日書いたの予想(妄想)だと、「一旦下げて揺さぶった後に、クリスマスや春節前に高騰させて気持ちよく休暇を迎える」でしたよね。

現状のチャートを見ると・・・

 

今がおよそ3800ドルぐらい、40万ぐらいですね〜。

以前書いた「第1のゾーン」で一度反発したものの、もう突破されそうですね〜。(汗

ということは、「第2のゾーン」まで来る可能性が出てきてます。当然。

 


スポンサーリンク

ビットコイン暴落で12月は20万円台までいくか?3000ドル以下予想。テザーとETPは気になるが。。

 

上記の画像をもう少し拡大して、EWもどきな予想の矢印を追加すると。。。

 

という感じで、11月末〜12月初旬には、2800ドルもあるか?かなと。

勿論、こうならずに上がってくれたら、それはそれでいいのですが。上のゾーンを完全に突破してきたらまたショートも含めて考え直しかなあと思っています。ただ、ちょっとぼちぼちショートするのも怖いですよね。

 

2016年からの参加組としてはまだビットコインが30万ならそれなりに高いなあとは感じますが、長期期待でぼちぼち仕込んでもいいのかなあとは思っています。

で、想定ゾーンを抜けてきたらまたポジション再考ですね。わずかに放置してる長期放置持ち分は売り買いして税金を確りと減らしながら。

 

(追記)

と書いてたら、意外に耐えてますね〜。ショートしなくてよかったなと。

11月最終日に実況的に追記しておきます。まだ、ここからはわかりませんけどね〜。

 

 

 

あと、今回の暴落で最新情報が気になるのは、スイスのHODL(Amun ETP)の実ボリュームと、テザーの資金。

ただ、テザー資金は少し注入されたようですが、HODLのボリュームはやはり肩透かしの様子。。

 

これも歴史は繰り返すですね。

ETFはよく「決まれば高騰!」など言われますが、そうではないよ〜というのは以前から書いているとおりです。過去の歴史からしてもそうですしね。

→ ビットコインETFとは?いつ承認されてもまだ相場高騰しないどころか暴落する可能性もある理由と今後の予測

 

 


スポンサーリンク

ビットコイン大暴落で12月以降を予想。誰も買い上がる人がいないので、高騰はあっても年明け以降にジワジワとかなと。

 

現状だと、この最新状況のクリプト市場に巨額のマネーを突っ込もう!(しかも現物を購入して)という人が、どこにいるのか?という状況な気はしますね。

買う理由が見つからないので、普通に見ると下げる所まで下げるのだろうなと。

期待されてたBakktも延期になりましたしね〜。

 

あと、暗号資産へ呼び名を変更し、規制も強化していこうという話も出ています。これは長期的にはいい傾向だとは思いますが。

→ 暗号資産とは?金融庁がG20声明に沿い仮想通貨から変える重要な理由と意味まとめ

 

 

ということで、今後、暗号資産が高騰していくとしても、もうちょいちゃんと落ちきってからジワジワとかなと。

2016年に仕込んでいた時はゆったりやってましたので、またそんな感じで下がりきったところで仕込んで、ゆったり待つスタイルでいこうかなと思います。

 

しかし、2018年は、何度も書いているとおり細かくトレードして利確するのが良い年になりましたね〜。ほんと。

これは市場の主たるプレイヤーが誰になっていくのか?(素人→プロへ)を考えると答が明確なのですが。今後はますますその傾向が強くなると思います。

 

あともう1つ蛇足ですが。

暴落の度によく話に出るビットコインのマイニング損益分岐点の話。3000ドル以下でも最新マシンなら耐えるようですね。

先日LINEしましたが、以前書いた6000ドルラインはないですよ〜という話に、最新情報を追記していますのでご参考まで。

→ ビットコイン価格でマイニング損益分岐点を知る方法と、どこまで下がるかを考える。

 

 

そういう話も交えて、暗号資産などへの投資で私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことと合わせてボチボチメルマガやLINEをやってます

 

私からは、重要だと思うポイントや、ブログで書きにくい事(笑)など配信してますが、色んな方と楽しくやりとりさせて貰っています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は暗号資産でもそれなり(2年連続税金でも「○り人」です)に出ているので、ご参考頂けるかなと。(あ、今年の税金送り人は、かなりの設備投資などで何とか回避できそうですが。笑)

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 

 

高騰や暴落など相場の今後を予想する方法がわかる。初心者向けの学習コンテンツ。

私が2年連続で、税金でも◯り人の実績を出せた理由の1つですが。

仮想通貨の雑誌にも「テクニカルアナリスト」として投稿して予想を当てている、プロトレーダの方から初心者でもわかるトレード手法を具体的に学べて、今後の暴落や暴騰がある程度予想できるようになったのが大きいです。

その手法は本当に「目からウロコ」の連続でした。

特に「初心者向けの動画コンテンツ」で学べる「8つ以上の指標」は、個人的には超絶にオススメです。(私はそれを書いてPCのモニターに貼り付けて、確認しながらトレードしてます。笑)

⇒ プロトレーダのヒミツをカンニングする!




スポンサーリンク