フィデリティもビットコインなどのカストディサービスを提供予定。ベースがどんどん整いつつありますね

スポンサーリンク

あのフィデリティ(Fidelity)が、新会社フィデリティデジタルアセットサービスを先月設立して、ビットコインなどのカストディサービスも提供するとの報道が出てましたよね。あと、マイニングも実は2015年からやっていたとも。。

ずっと書いてますが、Bakktといいやはり2019年に向けて機関投資家がビットコインを始め仮想通貨市場に入るためのインフラが整ってきてますね。

 

ただ、注意したいポイントは。。。

 

「機関投資家は既に買い集めているのか?」

 

ですよね。

既に買って保有しているなら、上げたくなるでしょうから、色んな手をつかって上げてくる可能性がもちろんあります。(そして我々個人投資家は売り浴びせられる。笑)

ただ、あまり保有してないなら、ガンガン売りから入ってくるでしょう。。。汗

 

個人的には以前から書いているように、1つ前に書いたビットコインキャッシュと同様に既に少しずつ買い集められているのだろうと思っています。

ビットコインも底値が少しずつ切り上がってきていますし、下落しそうになるとサポートを受けてきていますもんね。

 

じゃあ、いつも見てる大口アドレスはどう動いているでしょうか?

以前見た時は・・・。

 

そのあたり、このフィデリティの件とともにざっくりメモです。


スポンサーリンク

フィデリティが新会社でデジタルアセットの取引やカストディサービスを提供予定!

 

あのフィデリティが「Fidelity Digital Asset Services」なる新しい会社で機関投資家向けの取引や保管(カストディ)サービスを提供予定とのこと。

フィデリティも、やはり暗号通貨や仮想通貨ではなく「デジタルアセット」と呼んでますね〜。

(参考)暗号資産とは?仮想通貨と何が違う?実は重要な理由と意味があるかと。

 

 

取引のサービスについては、機関投資家が資金を入れるにはSECなど当局の規制に完全に沿った金融商品が必要ですものね。

Bakktの現物ベースのビットコイン先物と同様に、これは資金流入の期待できるインフラになるかなと。

 

 

ちなみに、カストディサービスとは?についてや、このカストディサービスがないと、機関投資家は実質資金を入れられないだろうというのはコチラに書いたとおり。

→ カストディサービスとは?リップルXRPがコインベースのカストディサービス対象に!今後長期で影響は大きいかと。

 


スポンサーリンク

フィデリティの取引やカストディサービスの提供対象の通貨は?

 

画像は公式サイトから抜粋していますが、これを見る限りビットコインBTCとイーサリアムETHは、フィデリティの今回のサービス提供の対象に入っていそうですね。

 

この2つとXRPは当然仮想通貨市場の主軸ですし、先物や派生金融商品も最も多く仮想通貨市場の中だと比較的安定したアセットと見られやすいかなと。(ステーブルコインは除きますが。笑)

 

Bakktのサービス対象にも、これらは当然入ってましたね。

で、これらのサービスがないと実質機関投資家がお金を入れられないとすると。。。

(参考)→ Bakktとは?現物ベースのビットコイン先物が12月12日に上場予定!米国で仮想通貨取引を拡大する先物取引所。

 

とは思うわけです。

 

もちろん、もう何度も書いているように、それで一気に高騰するかというと、そんな高騰を演出する必要がある「誰か」がいないとは思いますし先物も強くなってくると売りも早くなるのでボラは基本下がる方向ですよね。

なので、もうちょっと買い集められてから、ガツンとどこかで理由を付けて上げてくるのだろうと妄想しています。

ですので、王道系の通貨を気長に拾い続けるということを夏ぐらいからココ最近ブログに書いている通りボチボチやってます

 

で、多分、春節で大口が現金化をしてくるだろう前に高騰したら、前年同様に少しずつ確りとマイルールで利確します。あ、まだ単なる妄想ですけど。(笑

 

あともう1つとして。。。


スポンサーリンク

カストディサービスなど機関投資家向けのインフラが整って行く中、ビットコイン大口アドレスの動向は?

 

大底の7月ぐらいに見た時には、結構買ってるな〜と見えたビットコインの大口アドレス。

→ ビットコイン大量保有する大口トップ10の動きから仮想通貨の今後を予測する

 

さて、今回もちょっと見てみますと。。。

・・・

 

ん?あまり動いてないような。。(笑

既に確りと7月の大底で買ってるから。。。でしょうか?

 

だとすると。。。ですね。

 

あとついでにユニークアドレスも価格と同じく底値を切り上げて順調に増えてきているようには見えますね。

 

 

指標的には、悪くない雰囲気になっているのかなあとは思います。

 

あとは、今は上場を控えている、各種トークンのICO達の大量の資金もまだ眠っているでしょうしね。。。市場の相場が改善して、それらが上場し出しても、ある程度BTCへの買い圧力が働くだろうなあとは思って期待しています。

 

そういう話も交えて、仮想通貨などへの投資で私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことと合わせてボチボチメルマガやLINEをやってます

 

私からは、重要だと思うポイントや、ブログで書きにくい事(笑)など配信してますが、色んな方と楽しくやりとりさせて貰っています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(2年連続税金でも「○り人」です)に出ているので、ご参考頂けるかなと。(あ、今年の税金送り人は、かなりの設備投資などで何とか回避できそうですが。笑)

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 

 

高騰や暴落など相場の今後を予想する方法がわかる。初心者向けの学習コンテンツ。

私が2年連続で、税金でも◯り人の実績を出せた理由の1つですが。

仮想通貨の雑誌にも「テクニカルアナリスト」として投稿して予想を当てている、プロトレーダの方から初心者でもわかるトレード手法を具体的に学べて、今後の暴落や暴騰がある程度予想できるようになったのが大きいです。

その手法は本当に「目からウロコ」の連続でした。

特に「初心者向けの動画コンテンツ」が、個人的には超絶にオススメです!!!

⇒ プロトレーダのヒミツをカンニングする!

 




スポンサーリンク