仮想通貨業界の自主規制後、今後BTCやXRPがいつ高騰するかの予測と個人的に思うトレードのポイントについて

スポンサーリンク

日本の仮想通貨業界団体が、金融庁認可を得たので次のステップへとようやく動き出しそうですね!

この記事では、日本の仮想通貨業界の規制方針の概要と、海外の最近の動きを整理しつつ、じゃあ、今後いつビットコインやリップルXRPが高騰すると予想されるのか?をまとめています。

あと、今後高騰するにしても、やはりトレードのポイント知らないと、結局利確できないだろうと思いますので、僭越ながら個人的に思う所も。

 

個人的な結論としては、タイミングを分散しながらまた資産の一部を仮想通貨にしていこうかな〜と思っています。

あ、ただ、王道の通貨メインですよ。

⇒ マイナーな海外取引所しかないトークン達はほぼ引き上げて王道へ!

 

 

久々の投稿ですが、最近は年末に向けて税制を活用した償却案件への投資を数千万単位で複数進めており、かなりいい結果も出ています。

世の中、ちゃんと知識をインプットすればまだまだワンダーランド(宝島?)ですね。(笑

世間の常識は、税制も知らないサラリーマンとしての常識なだけで。。実はほんとはもっと非常識でエキサイティングなのが独立してよく分かってきました。

おっと、キャッシュフローネタについては、またメルマガで書くとして。。

 

では、詳細です。

 


スポンサーリンク

仮想通貨業界の自主規制の方向性は?改正資金決済法とは別の登録制も登場?

 

Free-Photos / Pixabay

 

マネーロンダリング対応などはもちろんありつつ、発表や報道の内容を見ていると、大きく2点ありそうです。

これまでの改正資金決済法ベースではなく、違う登録制を設定するかも。金商法ベースへ移行?

まあ、これまで散々、現行で金融庁が認定してきた業者で問題がでてますしね。

当然、枠組みも変えてくるかなと。

そこで出るのは、やはり過去から書いているとおり、金商法ですよね。

⇒ 金融庁のICO規制で日本人の海外ICO参加や海外取引所使用は禁止に。今後買うべきは◯◯!金融商品取引法での規制や証券化も検討中。

 

「暗号資産」なんて言葉も出てましたが、この方がやはり合っていると個人的にも思います。

仮想通貨は決済手段としては普及するとは到底思えないのはずっと書いているとおりです。大企業がドル箱である決済インフラを簡単に他社に渡すはずがないですから。

⇒ 暗号資産とは?仮想通貨と何が違う?実は重要な理由と意味があるかと。

 

とすると、「通貨」というよりは、「資産」の役割に近いなあと思っています。

で、今後、その資産の信用性をどう担保するのか?それがどの程度安全なのか?がますます土台に上がっていくと思います。

これまでの仮想通貨のような「中途半端な機能」しかないものは淘汰され、インフラになれるものしか残らないかなと。

 

おっと話を戻してもう1つ。

レバレッジショック?2〜4倍に証拠金取引が規制されても影響はないかなと。

 

証拠金取引のレバレッジが2〜4倍に下がるかもという事が検討されていますね。

 

4月ぐらいにこんな記事を書いてましたが、やっとかと。(笑

⇒ 仮想通貨FXのレバレッジ規制はいつから?年内はなさそう。ICOや証拠金取引(FX)で今後レバレッジ規制ショックでいつ暴落が来るか?

 

ただ、今の状況だと、相場への影響はほぼ無さそうですね。

実際、日本の仮想通貨FX市場では現物のやりとりは発生してないでしょうし、あと激しくトレードするならBitmexなどが実際使いやすいのはもう広まってますし。

 

とういうことで、現物の市場ではそこまで影響もないのかなと。


スポンサーリンク

自主規制のあと、今後のビットコインやリップルはいつ高騰する?

johnhain / Pixabay

 

 

これまで、コインチェクやZAIFなど、金融庁が認定した業者が立て続けにハッキング被害を受け、日本の仮想通貨市場はまずは内部での規制が整うまでは、CMなどの広告も自粛されていましたが。

 

法規制も整ってくると、FXが世界で一番好きな日本人がいる日本市場が明るくなると、ビットコインBTCもリップルXRPの今後の相場にいい影響は出てきそうです。

 

もちろん、何度も理由を書いているように、これで昨年末のレベルまで一気に相場が高騰することは無いとは思います。

ただ、高騰相場になるとすれば、これも何度も書いているとおり、やはり経済規模が大きな海外市場が立ち上がることかなと。

 

FX人口が世界で一番多い日本でももう取引口座数の大きな増加は望めないでしょうから。(口座数からすると、既にアーリーアダプターでは決してないと思いますよ。)

で、他の国でも、一般個人投資家がインパクトを出せるほど一気に増えることは難しいかなと。

そもそも、ある程度の経済規模がある国に限られますし。キプロスのように、自国通貨不安があれば多少影響でるかもですが。

 

もちろん、SBIなどがネット銀行の資産を呼び込めるようなことをやってくると変わりそうですが。。。まだ難しそうです。(陰も形もありません。)

 

そんな中、今後の相場に影響を与えそうなその有力候補の1つとしては、現物取引があるBakktのビットコイン先物かなと。

これ、米国の規制に適合した商品として誕生しますしね。すると、コンプライアンス対応必須な機関投資家達が、やっとおおっぴらに取引できるようになる。

⇒ Bakktとは?現物ベースのビットコイン先物が12月12日に上場予定!米国で仮想通貨取引を拡大する先物取引所。

 

といっても、これもCMEの先物などの実績を見ているとそこまで一気に高騰につながるとは思いませんが。

ただ、今、設けたい人はOTCなど店頭取引で取引所を通さずに集めているのでしょうね。。恐らく。

個人投資家のように、短期スパンでは、狙ってませんしね。

 

でも、2019年に向けた長期では、かなり期待できると感じています。

 

今、日本の仮想通貨業界もそうですが。各国の規制の整備がちゃくちゃくと進みつつある。

 

リップル社の送金インフラや世界中の交換所も整いつつある。

 

USDCのような各種ステーブルコインも確り出てきている。

あのコインベースでもUSDコインは採用されるようですね!

(参考) ドル連動ステーブルコインのUSDC(USDコイン)が基軸になり◯◯が高騰?今後どうなりそうかを考える(前編)

 

で、その後は・・・恒例の中国マイナーも浮かれる(笑)、「春節」が年明けにありますよね。

 

ということで、個人的には長期でゆったりと期待できる資産に本格的になってきたなあと感じています。

 


スポンサーリンク

仮想通貨市場で生き残るためのトレードのヒケツ(個人的に思うこと)

Free-Photos / Pixabay

 

本物のトレーダの方々(月で1億稼ぐような。。スゴイですね。ほんと。)が沢山いらっしゃるので、私のような素人が述べるのもおこがましいのですが。

一応、2年連続で税金でも億り人にはなれてますので、誰かの役に立てばと思い書いてみますと。

 

昨年までは、「ゼロかイチ」みたいな中で、トレードしないと駄目でしたので。

何億円もの金額をトレードするのは、まあ、精神的にはキツかったです。(笑

 

ただ、タイミングよく知った書籍やプロトレーダの素晴らしい師匠に恵まれて、目からウロコの法則を色々学んだので、その教えで利確をガッツリできましたが。

時々書いてますが、この2つが無かったら、全く別の結果になっていただろうと今でもゾッとします。

 

私も、2016年ぐらいまでは、「雰囲気」でトレードしてましたので。(笑

実際、何も学ばずにトレードするのは、単なるバクチです。ほんと。

私も過去の自分に言いたい。。。

何もしらないのに、なぜ大金を入れたの?せめて、小学生レベルの基本だけは勉強してから、はじめてね。と。(笑

簡単な「信号機」の読み方も知らないのに、いい車を買って暴走しているような感じでした。

 

ただ、個人的に思うトレードのヒケツって、「大衆や大口」の動きや考えを見ながら、「複数の根拠で判断する」ことなのですよね。

ブログにも色々と書いてきてますが、結構大きな動きを当てられてきているのは、それを私は学んだからです。

チャートから見える事と、ファンダとを見て、それらが伝えてくれることから、多数決で判断します。

 

スキャルでもスイングでもデイトレでもなく、私の場合は中期でゆったりトレードする方ですが。。。

スタイルに関わらず、その根拠の作り方は、先人が苦労して作ってきた遺産が沢山あって。

それらを活用しつつ、さらに最近の他の指標と組み合わせて、判断する。

すると、確率的にはもちろん、勝てる可能性が上がるわけなのですよね。

 

おっと、すいません。ちょっと無駄に長くなりましたが。(笑

 

そのあたりの一部は、過去こちらに書いているとおりです。

⇒ 今から仮想通貨投資を始めても全く遅くない理由。2018年GW直前からでもアーリーアダプター並になる方法。

 

 

あと、まだ投資について基礎知識がないかも。。という初心者の方は、こちらからどうぞ。

⇒ 今からでも遅くない仮想通貨投資入門。私の人生を変えた投資方法と大損しないために重要な事。

 

 

 

 

 

そういう話も交えて、仮想通貨などへの投資で私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことと合わせてボチボチメルマガやLINEをやってます

 

私からは、重要だと思うポイントや、ブログで書きにくい事(笑)など配信してますが、色んな方と楽しくやりとりさせて貰っています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(2年連続税金でも「○り人」です)に出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加



スポンサーリンク