仮想通貨への投資で得たキャピタルゲインは確りインカムゲインを産むものへ

スポンサーリンク

 

仮想通貨投資で得た利益はいわゆるキャピタルゲインとしてイベント性の高いものに分類されるので、それをインカムゲインと言われる安定的なキャッシュフローを産むものに再投資していくのが王道ですよねという話です。

あと、私のキャッシュフローの種類をリストアップしています。メルマガ等では何度か取り上げている内容ですが今後の下落を考えると需要なので改めて。

私個人はこれを実践していってセミリタイアできてますので、でシンプルに整理してみます。

 

【期間限定で無料!】キャッシュフロー構築の王道を知れる書籍

私は、3000円以上だして、買いましたが。(笑

でも、実際、既に外資系エリートサラリーマンを超える安定インカムフローを得ています。

とりあえずこの書籍の第3章は読んで、安定収入を複数構築する王道をインプットすることをオススメします。

⇒ キャッシュフロー(インカムゲイン)構築の王道を学ぶ

 


スポンサーリンク

仮想通貨への投資でキャピタルゲインは以前より得にくくなっている?

geralt / Pixabay

 

仮想通貨への投資は楽しいのですが、「一発ドカンと利益を得たい!」というのがぶっちゃけた本音だと思います。(笑

ただ先日かいた理由もあり単に買うだけでは以前よりは難しくなってますし今後ますますそうなるかなと。

機関投資家参入に必要なルールや規制の整備が早く進ま無かった場合は、結構時間はかかりそうです。何となくまだまだ日本もまだ時間がかかりそうですよね。

 

とすると、個人的には2018年にそこまで大きく高騰するかというと、正直そうはならない可能性が高くて、年初から書いているように今年はコツコツ利確していこうというのはもう年初から何度も書いてるとおり。

 

なのでトレードはするのですが、やはり利確して安定インカムへ移行するのが本当にオススメです。

あと念の為ICOも触れておきますが、同様です。

 


スポンサーリンク

結局ICOは「事業投資」で難易度は高いのが基本

 

scholty1970 / Pixabay

 

ICOはまだ流行ってますよね〜。

ただ・・・ですよ。将来的には無数にある通貨(正確にはトークン)のうち各分野毎に生き残りは1〜2つに絞られるので、そういうトークンをちゃんと選択できているか?は現時点で見通すのはなかなか難しいですよね。

 

結局、「分散技術」という分野で「新興企業がやっている事業」ですから。

新分野で規制がユルイのはありますし、変化の時なのでチャンスもあるのですが事業であるからには競争もあるし、各分野で生き残るのが絞られるのは間違いない。

ということで、本来ICOへの投資は事業投資なので、見定めるのは大変なはずなのですよね。

 

競合を調査して、市場を調査して、更にその技術の優位性や参入障壁の高さ、他業界からの参入はないか?経営者の能力、マーケティング、などなど。。。

もしその事業分野でそれが勝てる!という精査が的確にできるなら・・・ICOで成功しなくても、他にビジネスをいくらやっても成功できる能力が十分にあるという事に近いと思っています。

 

あと、ICOでは数が増えすぎてますしね。今後は例えば何かの事業分野がもし有望だとわかれば、大企業が勿論参入してきて当然淘汰するでしょう。

ということで、十分な先行利益を確保できているものだったり新規分野の新しいスーパースターは出るものの、今後かなり数が少なくなるのは間違いない。

 

とすると、まだ初期である今のうちにキャピタルゲインを得られたら、取りたくなる戦略としては・・


スポンサーリンク

仮想通貨への投資で得たキャピタルゲインは、安定なインカムゲインを産む金融資産や事業へ投資する

geralt / Pixabay

 

仮想通貨への投資で当てると一気に資本が大きくなりますよね。

最近でも、底値で購入していたものたちは、4月からのゲーム開始であっという間に2倍になりました。

なので、勿論この分野は活用を続けます。ただ。。。

 

プロが何度も仕掛けてくる金融市場で長期的に勝ち続けるのは、多くの人が嫌がるPDCAサイクルをちゃんと回しながら徹底してやらないと長期的にはプロの参入が増えるにつれて、ほとんどの人には難しくなっていくだろうとは思っています。

 

そうなっていくと、結構な「ドラゴン」とずっと戦い続けるというイメージです(笑)。勿論、それもできるように地力はつけていく事も考えるのですが。。。

正直、年取るとシンドイです。(苦笑)

 

ということで、直近はキャピタルゲインを仮想通貨で狙いながらも利確は確実に行い、それを確りとインカムゲインを産む他の金融商品や、世の中に役立つ事業にまわしていきたいですよね。

インカムゲインを得られるものはキャピタルゲインよりは数も豊富にあって、内容もICOの選定なんかより金融機関の参入が進み簡単ですし、何より複利の力は大きいですしね。

また、世の中には課題が盛りだくさん。それを解決する事業には、勿論大きな価値がありますよね。

 

仮想通貨投資でキャピタルゲインを得た時に、次にその利益をどう分配していくか。

人により戦略はそれぞれだと思いますが、長期的には時間を味方にできるインカムゲインの投資をしないのは非常に損するのになと思います。(特にメルマガでも紹介しているようなものは、新聞にも出ているのに意外に皆活用できていなかったりして不思議です。)

 

ちなみに昨年も書いてましたが・・・

 

私はマイルールとして仮想通貨自体の資産全体に対する割合を決めており、それをもし超えたら何があっても売るというルールも儲けており、強制的に他のインカムゲインを産むものへ回すようにしています。

 

今後も、そのマイルールは割合を見直しながら、徹底すると思います。

 

 

ちなみに、私自身が行うキャッシュフロー(インカムゲイン)の種類については、こちらにリストアップしていますので、ご参考まで。

⇒ サラリーマンでも副業ではなく複業へ。収入源はどんな種類がある?

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったこと。それをこのメルマガや、あと仮想通貨を中心に読者様限定のLINEで紹介しています。

有料のサービスでもなく、無料で個人が発信しているだけなのですが、実績はそれなりに出ているので、ご参考頂けるかなと。私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けているのですが。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 




スポンサーリンク