GMO-Z.comコインや仮想通貨取引所に参入!(追記)5月9日から先行受付開始!

スポンサーリンク

*画像引用はGMO-Z.comコインサイトより。

GMOグループもGMO-Z.comにて仮想通貨取引所に参入すると、本日日経一面に出ましたね!

SBIバーチャルカレンシーズについては以前から動きが激しくリリースも出ていましたが。

→ 参考: SBIが仮想通貨の取引所運営事業に参入!SBIバーチャルカレンシーズ株式会社設立

 

2017年、今年の年初にビットフライヤーが仮想通貨元年と大きな広告でPRしましたが、本当にそうですね。

 

GMO-Z.comなどが、投資にどう影響しそうか?をシンプルに内容をまとめておきたいと思います。

SBIバーチャルカレンシーズはこれまでいくつか記載していますので、今回はGMOのGMO-Z.comを中心で。

 

(追記)

このGMO-Z.comコイン株式会社、さらに2017年5月24日から、ビットコインのFXサービスも開始されるようですね!

私は平日全く時間が取れないのとやってしまうと気になるので、手動のFXはやりませんが。

ますます暗号通貨の分野に資金が入ってくるのは間違いなさそうですね。

 

GMO Wallet → GMO-Z.comコイン株式会社にて参入済み

以前、正式リリースが出ていましたね。

法整備により環境が整ってきたので、参入するとのこと。

こちらが公式リリースです。

→ GMO Wallet株式会社を準備会社として 仮想通貨の交換および取引事業に参入

一部を引用しますと・・・

インターネット事業を総合的に展開するGMOインターネットグループは、「すべての人にインターネット」を掲げ、技術開発力を強みに、サービスの自社開発にこだわっております。特にドメインやクラウド・ホステイング、セキュリティ(電子証明書)などのITインフラ事業においては、日本国内シェアNo.1のサービスを数多く有しております。また、ITインフラ事業の開発・提供で培った技術力やインフラ運用ノウハウをベースに、インターネット証券事業を立ち上げた他、FX取引サービスにおいては、世界No.1の取引高を誇っています。加えて、金融領域の新たな事業としてインターネット銀行を開業準備中です。

 

FXでは世界1なのですね・・知りませんでしたが、金融業者さんとしては安心なのかもです。

それより気になったのは、「インターネット銀行を開業準備中!」なのですね。

なんか、利益追求の事業会社はかならず最後に金融にたどり着くのでしょうか・・・。

 

で、GMO Walletは準備会社だったらしく、その後、名前を「GMO-Z.comコイン株式会社」と変更して参入されていますね。

こちらに既にサイトが出来ています。

→ GMO-Z.comコイン
スポンサーリンク


GMO-Z.comコインはビットコインだけ取り扱い?

 

上記のサイトを見ると、GMO-Z.comコイン取引所はまだビットコイン(BTCのみ)なのですかね?

規約がすごく長いですが、中身がしっかりしていればそれだけ安心なのかも?しれません。

 

取引所としてはまだまだこれからのようですが、許認可系もあって大変なのでしょうね。。。

先程の銀行と一緒にサービスを行ってくると、元々の地力がありそうですし暗号通貨の波にのって一躍先頭に躍り出てくるのかもしれません。

 

しかし、それより個人的に気になったのは、途中で見つけたイーサリアム関連のサービスも行っている点です。

それは後で触れたいと思います。

リップルXRPもGMO-Z.comコインに扱って欲しいなあ。

 

追記:GMO-Z.comコインが5月9日から先行受付開始を開始!

 

なんと、GMO-Z.comコイン株式会社さん、5月9日から先行受付を開始していますね。

これは早速申し込んでおきましょう!(笑

 

で、申込みましたが、今のところメールが来ただけ・・。待ちます!

 

最新情報として公式なプレスリリースが出ていましたね。

⇒ GMO-Z.comコイン株式会社 (旧GMO Wallet株式会社) 仮想通貨FX、仮想通貨の売買が行える「Z.comコイン byGMO」 5月24日(水)より提供開始

 

気になった点を抜粋すると・・・

【「Z.comコイン」について】
 「Z.comコイン」では、「仮想通貨FX」と「仮想通貨売買」の2種類の商品を提供いたします。また、仮想通貨の盗難防止対策として、コールドストレージ※2とマルチシグネチャ(多重署名)※3を採用するなど、お預かりするお客様の資産の管理体制およびセキュリティ体制を整備しております。

 

なるほど・・。

Z.comコインの特徴として・・

コールドストレージは、いいですね。

やっぱり、セキュリティ面は気になるので・・・。

取引所って、秘密鍵もこちらでは管理できないものばかりですし。

 

でも、やっぱり当初はビットコインだけなのか〜。

アルトコインの扱い、増やして欲しい!!!

 

Z.com Cloud ブロックチェーン

 

Z.com Cloud ブロックチェーンの基本情報

あまり知りませんでしたが。

Z.com Cloud なる汎用的(そうに見える)サービスがあるのですね。

MicrosoftのAzureの基盤なのでしょうか?

 

Z.com Cloud については公式サイトにわかりやすくあります。

→ Z.com Cloud 公式サイト

Z.com Cloudのようなサービスが進むと世の中どうなる?

しかし、イーサリアムベースのこういうZ.com Cloud ブロックチェーンのようなサービスの上にアプリケーションが乗っかってくると、どうなるのでしょうね?

P2P(直接の個人間やりとり)とはいっても、結局そのベースは企業が作っている

ので、何が変わるのか?は少しわかりにくいかと。

 

よく言われるのが、信用力のある企業が介在せずとも「プログラムが保証」してくれるので各種手数料が小さくできる。

なので、銀行口座の取得が難しい層を含めてマイクロファイナンスが進めやすくメリットがあるということですが。

 

でも、どうも、アンチマネーロンダリング(AML)や個人の身元保証(NYC)などとは両立できないような気もするのですよね。

そのあたりも、ブロックチェーン技術で安く行える基盤ができるのでしょうか。

 

あ、と書いていたら、先日まさにそんなものがありましたね。

→ IBM率いるHyperledger と、Iroha(いろは)のソラミツ株式会社

 

だから、ブロックチェーンでのKYC技術が重要なのか・・・。

 

まだまだ、各ニュースが「点」なので、これらを「結びつけた線」にして、世の中を理解していかねばです。

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録


スポンサーリンク