資本主義を攻略してセミリタイアする方法は4つのクワドラントからも明確!

スポンサーリンク

暗号資産に限らず投資をなぜ行うのか?セミリタイアしたいならベースの考え方として何が必要なのか?などについて、この記事ではまとめています。

メルマガでは時々お送りしている内容なのですが重要な内容なのでブログにもアップしておこうかなと。

上記のメルマガのコンセプトは「次のチャンスを活かす!」ですしね。

ブログにも何度か書いたとおり、ここ10年で何度もチャンスは来てますし、次!は小さいものなら、結構すぐかもしれないと思っています。

少しでもこのブログやメルマガがリテラシーをあげるキッカケになって、次のチャンスで読者様と盛り上がれたら、本当に嬉しいです。

2017年からの読者様の一部とは、そうやって結構盛り上がりましたしね。

 


スポンサーリンク

資本主義を攻略してセミリタイアする方法は4つのクワドラントからも明確!

johnhain / Pixabay

 

資本主義とは・・・っと経済学的にお話するのは私にはできませんが。

経済的にセミリタイアもできる状態に近づけたいなら、下記の考えは非常に重要だと思っています。

セミリタイアへの道を4つのクワドラントで考えるべき理由=時間が有限

今回は、金持ち父さん的に4つのクワドランドで考えるのが早いです。

1.労働者(雇われる人)
2.ビジネス主(雇う人)
3.自営業
4.投資家

 

なぜ、セミリタイアと投資をこの観点で考えるのが重要なのか?のポイントになる点として。

資本主義の仕組み上、「雇われる人」は「雇う人」のために、「自分の時間を売る」必要がありますが。

「自分の時間」は有限。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これが大きいと思っています。

 

「自分のスキル」も貴重価値をそこまで高めるのは大変なわりに、雇用者に買値は叩かれます。(日本のトップ東大卒でも年収2000万も超えない人も多い。)

なので、なんとか「2〜4」に行く必要があります。あ、「3」も非効率なものは「1」とそこまで変わりませんが。

 

この「個人の時間の限界」を飛び抜けるには、ビジネスの仕組みを作って「2」になるか。「4」になるのが早道です。

「2」をやるなら、私はメルマガで長期読者様向けにだけ行っている無料講座が最も個人でやりやすいと思っています。あとの「4」ですが、これも別途行っているトレードメルマガ講座の内容ですね。

だからこそ、その2つのメルマガ講座をサブメルマガとして開始したのですが、それはさておき。

経済的にゆとりを持ちたいなら「直接」お金に関わる投資を勉強をすべき

つまり何が言いたいかといいますと。

「投資家としての勉強をすべき!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

という点です。

別にセミリタイアまでいかなくとも。

普通の教育を受けてきただけで、自分で何も勉強していない場合は。

投資や金融の知識は、残念ながら高学歴な方でもかなりリテラシーが低いケースが多いです。

これは一応、私自身が周りにいる高学歴な方々(最後にいた会社の周囲は、いわゆるトップ大学卒の方ばかりでした)を見てて、肌身で実感していました。

あれ?なんか誰かの都合の良いように洗脳されてない?と。

私自身も全くそうだったので、「このまま一生朝から晩までは・・・」と危機感を覚えたのですが。

 


スポンサーリンク

投資家になるのは「今」なら全く難しくない。知識インプットし放題。

377053 / Pixabay

 

セミリタイアを狙わなくても、投資家にはなるべきだというのは前項のとおりですが、それになるのも今なら全く難しくない!という点についてです。

今はその気になればインターネットで情報が楽に手に入るし学び放題

投資家になろう!と思っても、昔はちょっと敷居が高かったかと思いますが。

今は、インターネットもネット証券もあり個人も市場に簡単にアクセスできるので本当にチャンスな時代だと思います。

本当に個人が強くなれるチャンスが溢れている!!のが現代だと思いますし、今後もその傾向はインターネットのインフラでより強くなっていくのは明確だと思います。

私も10年以上前も一度個人事業主をやっていましたが、その時と今との差分を本当に最近痛感しています。

 

その気にさえなれば、情報は入手し放題ですしね。

トレードにしても非常に安価で、血の滲む検証を繰り返してきて結果を出している凄いプロの方々が自分の情報やスタイルを教えてくれますしね、他の分野でもそうですが、本当にいい時代だなと思っています。(私はこの方の講座で一気に結果が伸ばせました。)

 

例えばトレードも知識さえ入れれば「投機」ではなく「投資」に

なお、トレードの話なのですが、何も基礎知識がないと「投資」ではなく単なる「投機」になります

 

私も実は最初は「トレードなんて投機でしょ?」と思っていました。

エンジニアでガチガチの理系人間でしたから。

 

ただ、継続して結果を出している人は結構いましたので、「何かあるのでは?」と思っていろんな人に学んだ結果、事実は違うとわかりました。

既に体系化された知識がある程度あるからです。

勿論、それを「見るだけ」ではだめで、自分で記録をつけながら実践を繰り返してPDCAをある程度回す必要はありますが。

 

私のブログを見て頂けてる方なら、「なんか昔から、それなりに当たってる事が多いな・・・」というのは感じて頂けているかなと。(まあだからこそ利益が出せているのですが)

確定申告の資料まで出さなくとも、それがある程度証拠だと思います。(証拠見せろ!という声が多ければ画像で出そうかなとは思っていたのですが、ブログのお陰か意外に誰にも言われません。笑)

 

あと、私なんかより成功した人は沢山います(凄いな〜という真のトレーダの方は多い!)し、過去の膨大なデータから有効だった方法も沢山既にあって書籍も沢山あります。

それらは、例えば新しくできた市場である「仮想通貨」でも、非常に有効ですから学ばないのは本当に損です。

なぜなら、結局、相場は「心理で作られている」からです。「恐怖の感じ方」や「人間の心理バイアス」や「それを操ろうとする大口のやり口」は、いつの時代も似通ってきますので。

だからこそ、チャートには色んな時間軸で「同じカタチ」がよく出てきますし(これをフラクタルと言います)、為替・株・仮想通貨でも多くの人が気にする「ポイント」というのが、通念として存在しています。

なのでそれを知っていると、そこが「節目」だったり「分岐点になる」可能性を前もって知ることができますし、多くのトレーダがそれを「共通概念」としてるので、より強く働くようになっています。

 

具体的にどんなのがあるの?むちゃくちゃ簡単な例だと・・・

 

例えば、むちゃくちゃ簡単な例を1つ挙げると。

ローソク足の「長さ」って見てますか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

*「ローソク足」の意味が不明な方は、グーグル先生へどうぞ。

ローソク足がながければ、「強い」売買が行われているという証拠です。
短ければ、売買の圧力が「弱く」なっていると見れます。

つまり、長いローソク足で上昇して、その後、ローソクが短くなってきたら。
買う力が弱くなってきたから、そろそろ下落かも。。。となるわけです。1週間ぐらいで取引しようと思ってるなら、日足のローソクがどういう形状か?や其の下の4hローソクがどういう形状か?を見ると、色々わかるわけです。

 

こんな単純な事でも、メルマガで多くの方から相談を受けると、全く見てなかったりします。

*実際は、これだけ見るのは根拠不足で、前後のローソク形状や、ヒゲやフィボ・・・などなど他も複数見て判断するのですが。それは今はさておき。

 

あ、これをキッカケに、どういうパターンが有名なのか?や、結果を出している人が何を見てるのか?を少し見てみると、面白いかなと。結構、共通しているのですよね。

という事で。

 


スポンサーリンク

まとめ セミリタイアを狙わなくても投資は活用したい!

 

ということで、4つのクワドランドから考えると、やはり投資を活用すべきだというのが個人的な意見です。

もちろん、これを読むだけでは上手にはなりませんので、どんどん実践してみましょう!

 

今回の話は、別のブログに書いたこちらの話も別の観点からだと存在してまして。

結局、収入の種類をそちらに持っていくと、かなり良いことも多いわけです。分離課税ってご存知ですよね?

最近、それを本当に身にしみて感じています。

サラリーマンのセミリタイアが簡単になる方法!【実現済】実は貯金は不要!

2016年6月10日

セミリタイア失敗!となる3つの理由【実話アリ】

2016年11月20日

 

 

 

そんな感じで、私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったこと。

私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けているのですが。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 

 

このブログを書いた人って?

⇒ 管理人のプロフィール

 

 




スポンサーリンク