リップルコインを購入する!買い方を調べる前に知りたいリスク

スポンサーリンク

 

リップルコインの相場は最近落ち着いて推移してますね。

(あ、正式には、「リップルコイン」などはありません。XRPですね。検索ワードとして多いのであえてかいています。)

 

直近でリップルがなぜ銀行に支持されるかなどまとめてきましたが、今回はリップルコインが持つリスクについてまとめたいと思います。

他の記事に書いたとおり、リップルはビットコインとは異なる仕組みで動作しており、それがゆえにリスクの種類も普通の仮想通貨が持つものとは少し異なります。

ちなみに、ビットコインの持つリスクや問題点はこちらの記事にまとめています。
ビットコイン投資と問題点

スポンサーリンク


リップルコインが買い方によらず仕組み上もつリスク

リップルはIOUという仕組みで購入などの取引が認証されるという点はもうよいですよね。

んん?と思われる方は、下記の記事をまず御覧ください。
リップルコインとは?仕組みは投資して大丈夫?最新情報と今後の相場を過去の暴騰と暴落から考える

 

ということなので、

ゲートウェイと言われる取引所が会社として潰れてしまうというリスク

が存在しますよね。

 

これは仕組み上仕方ないとはいえ、ゲートウエイが潰れてしまうと、例えばその取引所が発行したJPYなどは何の価値もなくなります。

 

ただ、XRPにして持ってけばよいのですよね。

潰れるなどの怪しい情報が流れたら、すぐにXRPに両替しましょうというのが、このリスクに対する対応方法です。

もしくは、大手銀行など信頼できる機関が発行するIOUなら問題ないですよね。

 

ということで、リップルコインは購入する前に、こういうリスクがある事を認識して取引所を選定したり、買った後の持ち方に注意する必要がありますね。

 

仮想通貨でなくとも、リップル購入でなくとも買い方に関係なく存在するリスク

通帳を盗まれる。

つまり、買い方うんぬんではなく

ウォレットや暗証番号を盗まれる、もしくは紛失してしまうというリスクですね。

 

これは、どんなものでも同じですよね。

オンラインのみで行わず、置いておくならオフラインにて印刷して持っていおくというのも手だと思います。

この他にも、もっと考えると、

・XRPが価値を持たなくなった。(もっと魅力的な何かが出てきた)
・リップル社(リップルラボ社)が何らかの理由で潰れた。
・法律で突然仮想通貨が禁じられた

などなど最悪を想定するといくらでも出てきますね。

逆にリスクが無いところにリターンも無い認識ですから、それらは勉強して対処できるようにしておくしかないですね。

リスクとうまく付き合って、楽しいリップルコイン生活を過ごしましょう!

リップルコインの買い方、購入方法まとめ

ウォレットなどはビットコインと同じで必要ですね。

本家が推奨するGATEHUBが良さそうですが、MR.RIPPLEなら日本語で楽です。

で、そのウォレットを作った後に、取引所(ゲートウェイ)を介してJPYという日本円相当のものを購入し、XRPリップルコインを買うことができます。

このあたり、各取引所に詳細な買い方が書いてありますのでみて進めましょう。

 

ちなみに日本語のみでやれるゲートウェイはMR.RIPPLEだけになるので、語学に不安のある方は必然的にそこになるかなと思います。

追記:こちらに、リップルコイン(XRP)の安心できる購入方法、つまり正式なゲートウェイの情報についてまとめてみました。

⇒ リップルコインの安心できる買い方を調べた結果まとめ

 

 

【人気の関連記事】
リップルコインとは?最新情報から投資して大丈夫かを検証した結果
Ripple connectでみずほとSBIが国際送金の実証実験開始
仮想通貨ランキング最新は?(追記あり)
Ripple connectでみずほとSBIが国際送金の実証実験開始
仮想通貨の投資詐欺を見分ける簡単な3つの方法


スポンサーリンク