サラリーマンのセミリタイアが簡単になる方法!【実現済】実は貯金は不要!

スポンサーリンク

 

サラリーマンがセミリタイアする計画を考えるのに、既婚独身関係なく貯金や資産は実はほとんど必要ない!それよりも「もっと重要!」な、セミリタイアを実現する方法と条件が、意外に知られてない!という話と、セミリタイアが【実際に簡単にできた】方法についてです。

(追記)この記事を最初に書いたのは2016年ですが、40代のアラフォーでセミリタイアを実現した2018年に追記しています。

 

セミリタイアなんてほんまにできるの?どうすればええんや??計画の立て方もわからん!と最初は思いますよね。

私もセミリタイアしたい!と思った時には40代目前のサラリーマンで子供もいたので最初は貯金なんぼする計画ならええんやろ・・・10年もしたら50代やし・・と思ってましたが。

 

いざ行動を始めてみると意外にサラリーマンをやりながらでも、3年ほどでセミリタイア生活を実現することができました。

私は実際にはセミリタイアといっても事業や仕事を続けてますが、勿論圧倒的に時間の自由度は高いです。

 

同じようにセミリタイア生活したいけど・・いくら貯金や資産の計画したらええん?40代や50代でも2千万ぐらいあれば、セミリタイアできる?

 

どうせそんなん無理やろ・・というすごく多そうなサラリーマン(私もそうだった)の方に向けて。

 

誰か見知らぬ一人にでもセミリタイアの方法を検討する参考になればという思いで記事を投稿します。

 

 

【期間限定で無料!】キャッシュフロー構築の王道を知れる書籍

私は、3000円以上だして、買いましたが。

しかも、メルカリで3000円弱で売ってるらしいです。ということは・・・。(笑

それはさておき。

でも、実際、既に外資系エリートサラリーマンを超える安定インカムフローを得ています。

とりあえずこの書籍の第3章は読んで、安定収入を複数構築する王道をインプットすることをオススメします。

⇒ キャッシュフロー(インカムゲイン)構築の王道を学ぶ

 

 


スポンサーリンク

サラリーマンのセミリタイアとは?仕事しないという意味ではない!

kirkandmimi / Pixabay

セミリタイアとは、サラリーマンの真逆で「完全に働かない」「全く仕事をしない」という意味ではなく・・・

 

自分のペースで仕事しながらも好きなスタイルでの生活出来る状態

 

という意味ですよね。

 

 

自分の生きている時間を売って対価を得ているサラリーマンとは異なり、時間の自由がある状態を意味するかなと。

 

私は、働くのが嫌いなわけではなく、時間の拘束があまりに不自由なのが最も解消したい点でした。

多くの人がセミリタイアを目指す理由は、そうではないでしょうか?

 

楽しいことや、自分が役に立てることなら、ある程度は自分の時間を使って周囲に貢献したいという人が多いはずです。

 

セミリタイアの意味とは?についてまとめると。

リタイアの前に「セミ」がついているように、セミリタイヤとは自分の好きな仕事を好きな時間するが、強制されて働くことはない状態。

 

素晴らしいですよね。

時間拘束が厳しいサラリーマンの私はこのセミリタイアを目指して活動を2014年ぐらいからホソボソと開始しました。

 

で、これまでの常識が非常識であった事に色々と気づき、非常にワクワクしながら楽しかったです。

そのプロセス詳細は、別途書いてますので記事の最後にリンクを貼っておくとして。

 

で、サラリーマンがセミリタイアを実現する方法についても私は

「セミリタイアすんのに、いくら貯金や資産の計画立てなあかんねん・・」

と思っていました。

 

ただ!

実際にサラリーマンからセミリタイアを実現されている方々(私は実績を出している人の言う事しか信じません)とお会いする中で

「考え方が全然違った!」

という点がありました。

 

具体的には、子持ちサラリーマンには難しい貯金や資産は条件としてそこまで必要ではなかったのですよね。

 


スポンサーリンク

サラリーマンのセミリタイアに必要な条件は40代でも50代でも貯金や資産ではない!

nosheep / Pixabay

 

家族もいるわけだし、サラリーマンからセミリタイアだと貯金がかなり要るでしょ〜と決めつけている方も多いと思いますが。

貯金は使うと簡単にすぐ無くなります

 

物価の安いアジアに移住してセミリタイアパターンもありますが。

良い国はおよそ物価上昇も著しいので40代からでも長期的には移住生活でもしない限りは厳しいのではないかと思います。

 

50代になると度重なる移動はシンドイでしょうし、それは「セミリタイアとは?」の定義にある「真の自由」ではないので、私は望みません。

個人的には、日本に在住する権利はいつまでも欲しいですし。

 

 

では、どうすれば良いか・・・。

 

・・・

セミリタイアをキャッシュフローで実現する!

 

です!

 

貯金じゃなく、キャッシュフローです。

キャピタルゲインではなく、インカムゲインですね。

 

サラリーマンなら、会社からの給料もキャッシュフローとも言えます。
ただ、それは労働の対価であり、自分の時間を切り売りしているとも言えると思います。

 

 

あと、意外に知られてませんが、金融機関での融資の基準も、ちょっとした貯金や資産額よりも条件として安定したフローが重視されます

年収500万のサラリーマンは住宅ローンを組めるのに、2億もつフリーターがローンを組めなかったりしますよね。

 

それだけ、安定したフローというのは、価値が高い資産でちょっとした資金よりも条件がよく、セミリタイア失敗しづらいとみられるわけです。

 

もし安定したフローで年500万あるなら、40年なら2億ですから。2億貯金を持っているのと同じとみられるわけです。

なので、セミリタイアの安定性としても、なのでもちろんキャッシュフローの方が重要と見るのはおかしくはないかと。

 

ではセミリタイアを実現する、効率の良いキャッシュフローとは?

 


スポンサーリンク

サラリーマンのセミリタイアを実現してくれる効率の良いキャッシュフローとは?

paulbr75 / Pixabay

代表的なものは、「国内不動産」「海外不動産」ですよね。

 

また、◯◯姉妹など某芸能人たちも手に入れている「事業投資による権利収入」

 

少し前ですと、国が買取保証をした「再生エネルギー」。これは節税効果もすごかったですよね。太陽光、バイオマス、さらに最近だと風力発電なども。

 

あと、今なら王道としてWeb広告など利益率がよく手間もかからない「Web広告の活用」

 

2016年以降ですと、「仮想通貨」なども値上がり期待で入ってきますね。私も2017年末の高騰で大きく資産を増やせました。(そのあたりの経緯や方法は、このブログの他パートに過去から書いてますが。)

これに絡めて、ステーキング報酬マイニングなんてのも最近だと意外にインカムが大きくなってきてますね。

 

あとは、ソーシャルレンディングなども実際年利で8%平均。。。っと色々あるわけです。

 

あ、投資信託などは、普通にやっても結構難しいと思いますよ。(笑

投資信託は半数は損しているとデータが出てますしね。

⇒ 投資信託は46%が失敗して損すると金融庁のデータで明確に。その理由となぜ◯◯をやらない?

 

 

実際に私がやっているキャッシュフローの種類をリストにしたものは、この後に公開しますね。

 

 

ちなみに、以降はセミリタイアに向けたキャッシュフローの構築をしていくにあたって、「最も必要で重要だったこと」や種類についてです。

 

セミリタイアに向けた具体的な投資ネタはどうやって仕入れる?

TheDigitalWay / Pixabay

 

そんな簡単にできるネタなんて無いでしょ?と最初は決めつけてましたが・・

ネタ探しは行動してみるとごく簡単です。

 

ジャンルはまず、前項に書いたようなものから沢山ありますよね。

 

実績を出している方々に会いに行って聞いてしまうえばいい。

 

私も行動をするまで「そんな機会なんて無い・・・」と思ってましたが

投資のセミナーは意外に多く開催されています。

 

あ、企業がやっているものではなく、圧倒的に実績を出している個人の方が行っているものです。

本を出されている方でも多いですよね。

 

そうやって情報を集めて勉強していくと・・・

そういう方々は結構繋がっていて、非常に良い投資案件情報がその閉じた世界で流されている

のがわかります。

 

最初はその残りみたいなものを聞いてみて、1つずつ検証するだけでも勉強になります。

 

ということで、いずれにせよ行動は必要ですが、まずは人との出会いが人生を変えるのには必須かなというのが私の結論です。

同じようなサラリーマンではなく・・。

ちゃんと実績を出している人。

で、セミリタイアはいつでも実現出来る人。

 

そういう出会いから、キャッシュフローのネタやそれにつながる学びが多く出てくる可能性は高いと思っています。

例えば、不動産本を出されている方もセミナーなんかやられてますよね。

高額でも、それ以上にスゴく勉強になります。

 

それに、最近は、海外の大学でもそうですが、無料動画でかなり学べますよね。

怪しいものも多いですが、中には実業でちゃんと実績を出されている方も多いです。

 

ちなみに、セミリタイアに必要なキャッシュフローの構築をしていくにあたり、私が実際に使っている「収入源の種類」はこちらにも書いています。

⇒ サラリーマンも副業→複業(パラレルキャリア)へ。収入源の種類とセミリタイアへの戦略

 

 

サラリーマンのセミリタイアは難しい?失敗しないようにリスクヘッジを確り行う!

Anestiev / Pixabay

 

サラリーマンとして収入を1つだけに頼るのはかなり怖いと思っています。

セミリタイアでなくともサラリーマンの間は、ほとんどの方は会社のみに依存しているのですが。

 

どれに偏っても継続的に収入を得る事に対するリスクが上がってしまいますので、意識的にすべてに分散して投資を行いインカムの柱を増やすのが重要かなと。

 

「月200万×1種類の収入」より「月5万×40種類の収入」の構築の方が、絶対に実現の難易度も下がるので楽にやれますし。

最高のリスクヘッジ、つまり安定したセミリタイア生活の実現につながると思います。

 

私は独身ではないため、最低でも今のサラリー(体も心も壊しながら頑張って仕事をしてきたので年収はそれなりにあります)を実績として超える安定した「キャッシュフロー」と、「定年まで働いた場合の収入分の資産」を、セミリタイア前の目標を置きました。

私のまわりの他の方で、セミリタイアを実現された元サラリーマンも、キャッシュフローの構築については同じような感じです。(資産は人によりマチマチ。)

 

リスクヘッジや手間がかからないという点では、ある程度収入があるサラリーマンならセミリタイアに向けた収入の1つとしてはリスクも勉強すれば潰せる不動産が総合的には良いのではとは思っています。し。その辺りはまた別途記載してます。(あ、逆に勉強しないと、かぼちゃの・・のようなものを掴んでしまいますが。)

 

あと、セミリタイア失敗!となる理由については、私の恥ずかしい実話も含めて下記にまとめています。セミリタイアしようとしたら、失敗の主な要因は把握して対策しておくべきですよね。

是非、こちらも御覧ください。

セミリタイア失敗!となる3つの理由【実話アリ】

2016.11.20

 

 

悩めるサラリーマンの方々、一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 

 

追記)

その後、資産も貯めた上でキャッシュフローも確保し独立しました!!!

家族との時間をしっかり取った上で、セミリタイアとはいえ、バリバリ仕事+知識のインプットをしています。

 

ただ、好きな仕事なので、全く仕事という感じはありません。

社会へ貢献する事は、普通に生活の一部というイメージです。

会社員が悪いとかいう話では全くなくて、そういう心持ちで仕事できているなら、何でも良いのでしょうね。

 

 

セミリタイアへ向けては、「最初の一歩」が難しいですよね。

それさえ踏み出せれば、後は簡単になるのですが。

私の場合は、これでセミリタイアに必要なキャッシュフロー構築の一歩を踏み出してます。再現性もかなり高いと思っています。

→ サラリーマンや主婦が最初の第一歩として安定した月5万円の副業収入を効率的に得るための3つのポイント

 

 

もっと短期でセミリタイアに向けて資金を稼ぎたい!!という場合は、やはりトレードかなと。

、仮想通貨の雑誌にも「テクニカルアナリスト」として投稿して今後の予想を当てている、プロトレーダの方から初心者でもわかるトレード手法を具体的に学べて、今後の暴落や暴騰がある程度予想できるようになったのが大きいです。

その手法は本当に「目からウロコ」の連続でしたし、これは紹介した方からお礼のメッセージが沢山きます。(そんなの、これぐらいですね。。。笑)

 

特に「初心者向けの動画コンテンツ」が、個人的には超絶にオススメです。

今まで、よく何も知らずトレードしてたな。。となりますよ。

⇒ プロトレーダが相場の今後を予想している方法を学ぶ

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

 

私自身は、少ない資金から開始して、既にセミリタイアを実現し、直近2年は税金の支払い額でも◯り人という部類に入っています。

自分が調べたことを無料で共有しているだけですが、実はその御蔭で色んな方から良い情報がもらえて勉強になりますし、少しでも役立てると嬉しいので続けているのですが。

 

私からは、重要だと思うポイントや、ブログで書きにくい事(笑)など配信してますが、色んな方と楽しくやりとりさせて貰っています。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 




スポンサーリンク