仮想通貨のICO案件予定カレンダーや実績リスト2018年!でもこのお祭りは金融庁のICO規制で・・

スポンサーリンク

 

仮想通貨のICO案件がいつなのか?の予定カレンダーや実績一覧のリスト情報についてです。また今後は金融庁のICO規制により日本人は参加が難しくなりそうなのでそのあたりも追記です。

 

2017年の実績もあり、2018年に入ってますます仮想通貨のICO予定案件は増加傾向ですね。

 

仮想通貨とICO案件、何でもかんでも、2017年は上げましたが、2018年からは厳しいと思います。

 

価値のあるインフラや活動なら、当然、上がっていくのはわかるのですが。

 

ここ最近は、2017年の年末あたりまではガチホを決めているETH、XRP、XEMあたりから離れて、アルトコインやICO案件の実態を少しずつ見ていましたら、かなり疑問が出てきました。

 

2018年時点では予定されるICO案件のカレンダー予定や一覧リストを得られるサイトも増えてきたので、そのあたりも追記してシンプルにまとめたいと思います。


スポンサーリンク

仮想通貨のICO案件とは?2017年の祭りの値上がりを知ると今後は・・

 

仮想通貨のICOで某案件が150億円かなにか集めて、DAOの再来になるのでは・・・という声も多く出てますね。

ちなみに、DAOについては昨年のこちらの記事をご参照ください。

→ イーサリアム暴落とDAOと今後

→ イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とは?最新情報と今後は?購入方法について。

 

当時の自分に、今は見通せなかったですが、思っていたより動きが速いですね。

盛り上がりが早ければ、盛り下がりも同じ速度なのが世の常なので、いつかな・・・と。

 

話を戻しますと・・・

ICOとは、いわゆる上場前案件にプレセールしてた仮想通貨が取引所に上場することですね。

IPOをもじってできたと言われています。

 

2017年現在では、ほぼ全部、上場予定ってだけなのにすごく値上がりしてますので確実にバブルですね。

一昔前のインターネットバブルにも似ています。

 

 


スポンサーリンク

ICOの過去の実績結果リスト!+2017-2018年以降のICO予定カレンダー

 

で、その仮想通貨のICOの過去の実績一覧と今後のICO予定カレンダーが見れるのがこちらです。

2017年は中身も見られずに資金が投下されるバブル状態ですが、2018年からは規制も始まり厳しそうです。

ただ、過去のデータから将来的にどうなりそうか?を考えるのは重要ですので把握するのは重要ですよね。

 

過去の仮想通貨ICO案件実績リスト

ICO案件の結果が実績値とともに一覧化されており非常に良いです。

→ ICO STAT

 

さて、各仮想通貨はICO後、何倍になってますでしょうか???

 

Stratisなんて、すごいですね。

確かに、その通りいくと凄く期待できそうなプロジェクトなのですが。

 

調べていると、どうもそのまま開発されたり、プラットフォームにならないようなものも意外に多い。

 

仮想通貨ICO案件の予定リスト ICOカレンダー

で、次はこれからのICO予定カレンダーの一覧リストはこちらです。

その名前の通り、ICOカレンダーですね。

⇒ ICO calendar

 

まだまだ、これからありますね・・・。

 

私個人的には、この中だと中国のインフラになりそうな、Antsharesには注目しています。

参考追記 ⇒ AntShares(ANSからNEOへ)は中国版イーサリアムなのか?


スポンサーリンク

仮想通貨のICO規模は急拡大し、昨年の約100億年から2017年現在で既に800億円へ

かなり急拡大していますよね。

ただ、仮想通貨の市場規模全体を見ると、既に10兆円程度。

 

仮想通貨市場の売買だけで、毎日、数兆円前後が出し入れされることも増えてきました。

それに比べると。。

まだまだ小さいような気がしますね。

 

中身が無いものは問題ですし、今後も新規事業がコケるものは出てくるでしょうから、ある程度騒ぎにはなりながら進んでいくと思われます。

 

 

仮想通貨で予定されるICOには2017年に法律が制定され2018年から金融庁が海外ICO参加規制を本格化

 

仮想通貨のICO予定案件は目白押しで盛り上がっていますが。

非常に高額なお金が集まっているのに、当初では暗号通貨自体が法律上は金融商品では無いという状態。(少なくとも日本では)

なので、まともに規制なんて無かったのですよね。

 

なので、宣伝もやりたい放題。

かなり目に余るものも・・・。

DAOのような時間が起きれば、今後はその規模からしてICO含め一気に規制が入る可能性はあると思います。

 

そうすると、まともな案件しか残れなくなる点はよいかもしれませんが。

 

でも・・。

暗号通貨市場全体は一時期冷え込むでしょうね。

 

それがいつくるか?は勿論誰にもわかりません。

 

と書いていたら、2017年9月に来ましたね。

→ NEOが中国ICO規制の話題でバーゲンセール!暴落時のセオリー

→ ICO規制騒動の中、NEOが素早いコンプライアンス対応!海外企業の中国参入を支えるインフラへ進化か?

 

 

 

追記ですが、その後、改正資金決済法により規制が本格化しましたね。

→ 金融庁のICO規制で日本人の海外ICO参加は禁止に。保護された後は・・

 

 

仮想通貨のICOを使った集金への規制が入ってETHも暴落?いつ?

 

今仮想通貨の市場規模拡大を牽引しているのは、数多くのオルトコイン+ICO通貨だと思います。

そこが冷え込むと、一気に調整期間に入る可能性はあると思っています。

つまり、全体的な暴落ですね。

 

暗号通貨市場全体が短期で暴騰してきたので、短期で急落してしばらく調整期間が入るのは普通の事ですよね。

それがいつくるか?

 

難しいですね・・・。

 

UASFではなく、UAHFなんてのも出てきてますしね。。。

まず一旦暴落して調整するのは、ビットコインの方かもしれません。

 

その後来るとすると、このICOと仮想通貨バブルが弾けるところですかね。

その際には、プラットフォームとして使われることが多いETHが暴落することになるかもしれません。

 

追記:と書いていたら、2017年6月に、ICOブームが一段落して暴落が来ましたね。

→ 仮想通貨全体が暴落につき少しずつ短期で遊びます+注意して見ておく点

 

あと、なんとなく、何も調べずに投機している方が多いとすると、HYIPみたいなババ抜きになってきている感覚をもってしまうのは、私だけでしょうか。。。

参考

→ HYIPという投機は「ババ抜き」に似ていますよね!

ICOがババ抜きなら、どうすれば良い?2017年以降予定のICO案件は危険なの?

 

危険なものもあるかもしれませんが、ちゃんと各案件を調べて納得できるものに投資していくだけかと思います。

ICO全てが悪いわけでは当然なく、この中に未来のgoogleのようなプラットフォームが存在している可能性はある。

 

じゃあ、おまえは何に投資しているんだ!と言われそうですね。(笑

 

はい、上記サイトに出てきている案件の一部には、公開後に投資しています。

あ、こないだの記事に既に少し書きましたね。(笑

 

 

色々書きましたが、このブロックチェーンの技術や、分散型アプリの仕組み自体が悪いわけではないですよね。

社会的に大きなインパクトをもっており、これからも広がるのは間違いないと思っています。

 

ですので、細々イベントはあって対応は勿論都度必要なものの、この分野に投資していくのは長期的には間違いないのだろうなとは今の所、思っています。

 

だって、ビットコインのインフラはこれからますます整うでしょうから、途中フォークでドタバタしてもまだ上がるとしか思えません。

世界中の政府が規制をかけてくるなら別ですが。

 

あ、結局、ICOの数値の凄さと、そのうち調整あるでしょうという当たり前の事を書いただけの記事になってしまったかもですね。(笑

この数字見ると、「あかん!」と思いつつも、宝くじ感覚でいくつか購入してしまいたくはなりますよね。。

 

そのあたりも含めて、これから始められる方への記事は以前まとめていますのでご参考まで!

私の失敗を踏み台にしてください!(笑

→ 仮想通貨への投機を始められる方へ、危険な失敗をしないためのオススメの方法。

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

 

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

また、最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク