仮想通貨のICO格付け評価や予定スケジュールや実績ランキングリスト一覧2018年!でも金融庁のICO規制で・・

スポンサーリンク

 

仮想通貨のICO(イニシャルコンオファリング)予定がいつなのか?のスケジュール一覧や、ICO格付けや評価がわかるランキングサイト、また、取引所へ上場後の実績一覧リストや今後のICO最新情報がわかるサイト、あとは金融庁のCIO規制やそもそも買うべきICOとは?などについてです。

 

2017年の各ICOの実績もあり、2018年に入ってますます仮想通貨のICO予定案件は増加傾向ですね!

 

ただ、2018年にはいってからICOが多くなり過ぎて・・・

 

「ICOの格付けや評価ランキングがわかるサイトは無いのか?」

「ICOの一覧やスケジュールがわかるサイトは無いのか?」

「ICOの上場後の結果を一覧で見て参考にしたい!」

「ICOが多くてWP読むの大変なので、概要を簡単に知りたい!」

 

という方が多いようです。

 

なお、今後、ICOは金融庁や米国のSEC等によるICO規制により日本人の参加が難しくなりそうですが。

2017年ほどでは無いにせよ、まだICOによる利益を出すチャンスは続くとは思います。

 

私もICOでは複数案件で数百倍を体験しましたが、その自分の実体験から「そもそもICOで利益を確保するのに最低限必要」と思う事や「私が考える有望なICO」についても記載します。

 

2018年時点で予定されるICO案件の予定スケジュールや、ICOの格付けや評価ランキングを結果の一覧リストを得られるサイトも増えてきたので、そのあたりも追記してシンプルにまとめたいと思います。

 

【期間限定で無料!】キャッシュフロー構築の王道を知れる書籍

私は、3000円以上だして、買いましたが。(笑

でも、実際、既に外資系エリートサラリーマンを超える安定インカムフローを得ています。

とりあえずこの書籍の第3章は読んで、安定収入を複数構築する王道をインプットすることをオススメします。

⇒ キャッシュフロー(インカムゲイン)構築の王道を学ぶ

 


スポンサーリンク

仮想通貨のICO(イニシャルコインオファリング)とは?また避けるべきICOは?

 

ICOとは?トークンって?

ICOについて、ざっくりいくと・・

 

取引所への上場前に「トークン(一般的にはコインと言われる)」を売り出すことで、上場前に資金調達をすること。

ですよね。

 

もしくは、その対象であるトークン自体のことも含めて、「ICO」ということもあるかと。

 

株でいうと、トークン(コイン)が株券のようなものですね。

日本では、その「トークン」が「コイン」だったり「仮想通貨」と呼ばれます。

 

なので、結局ICOというのは、何らかプロダクトを出す企業が行うケースが多い。

新しい企業であれば、そのICOで販売されるトークンが値上がりするか?は・・・

 

ICOを行う企業がトークンを使って行うサービスは需要があるものなのか?が非常に需要な点になる

のは当然ですよね。

勿論、その企業のマーケティング力などもそうですが。

 

実際は、ICOとは、「通貨」へのというよりは・・・

 

ICOへの投資は事業投資に近い

 

ICOとは、その会社が行う事業に投資する、「事業投資に近い」と思っています。

 

なので、本来はICO投資はかなり難易度が高いものだなと。

つまり、格付けや評価ランキングサイトがそんなに簡単にランク付けできるとは思わず参考として自分でよく調べた方がよいとは思います。

なぜなら、これから必要な事業が全てわかるなら、世界中の大口投資家が皆ランキングトップに投資します。(笑

 

勿論、ICOの格付けや評価なので・・・

・ホワイトペーパーから、事業モデルの市場における優位性

・ICOを行うチームの実力と実績(技術・マーケティングなど)

 

ぐらいは見ているものが多いですが。実体を暴くのは難しい。

 

という事を考えると、ICO後に上場した通貨をトレードする方が楽だという面もあります。

今後、有望なICOほどクローズド(大口の資金投入のみで終了)で進められると思いますし。

 

あ、あと避けたいICOですが。

 

巨額の資金を集めたICOほど一般的には避けたい

 

注意したいのは、そもそも募集する金額が非常に大きなICOですよね。

巨大な資金を集めたICOほど、それを2倍にしようとすると非常に大きな資金が必要になる。

 

ので、当然、そういうICOだと高騰しにくいです。

かなり小さな資金のみ集めて上場するICOが、その後大きく伸びやすいのは間違いないです。

 

勿論、集めた資金のうち、どういう割合でどう使われるか?が記載されているので、それも重要なのですが。

 

さて・・・。ここまではICOの基礎知識として前置きで。

 

実際にICOの格付けや評価、またスケジュールや実績など、ICOに関する情報を確認できるサイトについてです。

 

 


スポンサーリンク

ICOの過去の実績結果リスト!2018年以降のICO予定カレンダー

 

仮想通貨のICOの過去の実績一覧と今後のICO予定カレンダーが見れるのがこちらです。

2017年は中身も見られずに資金が投下されるバブル状態でしたが、2018年からは規制も始まり厳しくなると思います。

 

ただ、過去のデータから将来的にどうなりそうか?を考えるのは重要ですので把握するのは重要ですよね。

 

過去の仮想通貨ICO結果実績が一覧表でわかる!

ICO案件の結果が実績値とともに一覧化されており非常に良いです。

→ ICO STAT

 

さて、各仮想通貨はICO後、何倍になってますでしょうか???

 

Stratisなんて、すごいですね。

確かに、その通りいくと凄く期待できそうなプロジェクトなのですが。

 

調べていると、どうもそのまま開発されたり、プラットフォームにならないようなものも意外に多い。

 

仮想通貨ICO案件の予定リスト Token marketのICOカレンダー

 

で、次はこれからのICO予定カレンダーの一覧リストはこちらです。

その名前の通り、ICOカレンダーですね。

⇒ ICO calendar

 

さっと概要を調べるのに適していると思います。

 

他にもコマゴマありますが、個人的にはこの2つのサイトが使いやすくて安心感を感じています。

 

 

私個人的には、この中だと中国のインフラになりそうな、Antsharesには注目しています。

参考追記 ⇒ AntShares(ANSからNEOへ)は中国版イーサリアムなのか?

 

さて、次は、ICOの格付けや評価ランキングがわかるサイトです。

 


スポンサーリンク

ICOの格付けや評価ランキングサイト

 

ICOの格付けや評価やランキングを行うサイトも増えてきましたが、私はメジャーなこちらを使ってます。

マイナーなサイトだと、妙なスパイウェアなど仕込まれそうですしね。

 

ICOの網羅性も高くパッとみて分かりやすい!ICO bench

 

ずっとこういうランキングや格付けを見てて、私がみた中ではココが実績と合ってるな〜と思いますし、使いやすいのはこのICO benchです。

 

 

この画面から、個別の銘柄情報に入ると・・・

概要、プロジェクトチームメンバー、マイルストン(開発予定)、財務状況、ホワイトペーパーなどなどがまとまっており、非常に見やすいです。

 

⇒ ICO bench でICOの格付け評価を見る

 

あ、ちなみに、これはswiwwborgです。

 

あと、もう1つ。

 

ICO評価の最大手!ICORATING

 

ICO格付け評価といえば、普通はまずここではないでしょうか。

でも、個人的にはちょっと見づらいのですよね・・・。

 

サイトはこちら。

⇒ ICOrating でICOの格付け評価を見る

 

ただ、気になったものは念の為複数サイトで確認する方がいいですよね。

 

ですので、ICO格付けサイトはもう1つだけ。

 

ICO評価情報が見やすくてアプリも充実!ICO bazaar

このサイトも、ICO自身の評価内容は見やすいです。

チーム、テクノロジー、サイトなど、各項目が分かりやすい。アプリもあるのでいいですね。

 

今回も、swissborgにしてみましたよ。

なかなかいい評価ですね。

⇒ ICO bazaarでICOの格付け評価を見る

 

あと、評価やランキングではありませんが、、ICO投資案件の概要が見やすいサイトがあります。

 

ICOの格付けや評価ランキングサイト coinjinja

 

このcoinjinjaは先程のようなICO案件の格付けや評価ランキングがあるわけではありません。

ただ、数多くあるICOの情報が、今どうなっているのか?やその概要をぱっと見るのには非常に良いと思います。

⇒ coinjinjaでICO案件情報を見る

 

なお、ICOの規模はますます今後拡大しそうです。

ただ、証券としてみなされて規制が入りそうですよね。それがないと大口の機関投資家が入りにくいので長期的には良いことだとは思いますが。

 

仮想通貨で予定されるICOには2017年に法律が制定され暴落。更に2018年から金融庁が海外ICO参加規制を本格化

 

仮想通貨のICO予定案件は目白押しで盛り上がっていますが。

非常に高額なお金が集まっているのに、当初では暗号通貨自体が法律上は金融商品では無いという状態。(少なくとも日本では)

なので、まともに規制なんて無かったのですよね。

 

なので、宣伝もやりたい放題。

かなり目に余るものも・・・。

DAOのような時間が起きれば、今後はその規模からしてICO含め一気に規制が入る可能性はあると思います。

 

そうすると、まともな案件しか残れなくなる点はよいかもしれませんが。

 

でも・・。

暗号通貨市場全体は一時期冷え込むでしょうね。

 

それがいつくるか?は勿論誰にもわかりません。

 

と書いていたら、2017年6月や9月に来ましたね。

→ 仮想通貨全体が暴落につき少しずつ短期で遊びます+注意して見ておく点

→ NEOが中国ICO規制の話題でバーゲンセール!暴落時のセオリー

→ ICO規制騒動の中、NEOが素早いコンプライアンス対応!海外企業の中国参入を支えるインフラへ進化か?

 

その後、改正資金決済法により規制が本格化しました。

→ 金融庁のICO規制で日本人の海外ICO参加は禁止に。保護された後は・・

 

本格的に金融商品のようになってくると思います。

 

ただ、それより重要なのは、結局・・・

 

ICOでこれを知らないと利益が出せない!大損すること。(追記)

 

仮想通貨のICOは参加するだけで利益が出る!というわけではないですよね。

 

実際は・・・

ちゃんと上場した後に、適切なタイミングで売り抜けて利益確定する必要があります。

 

 

なので、ICOといっても、結局ベースは仮想通貨のトレードなわけです。

 

トレードについて基礎でも知らないと・・・

「いつ売ったらいいか、自分じゃ判断できない!」

 

これ、結構当たり前なのですが、以外にそういう人が多いです。

ですので、2016年から参加しているむちゃくちゃチャンスがあった人も大きな利益が出せていない人が案外多い。

 

逆に言うと・・・2018年の春以降でも、そこさえある程度マスターすれば結構利益は出せると思います。

そのあたりは、こちらに記載していますのでご参考まで。

 

⇒ 今から仮想通貨投資を始めても全く遅くない理由。2018年GW直前からでもアーリーアダプター並になる方法。

 

 

 

 

また、仮想通貨のICO投資で失敗しないためにはどうしたらいい?というメルマガ読者様からのメッセージも多かったので、追加でまとめています。

⇒ ICO投資で失敗しないための見方や選び方。またその後の結果の検証方法や利益を出す方法。

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

 

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

また、最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク