ディーカレットで、IIJ+大手証券会社+メガバンクが仮想通貨と法定通貨を融合させる。「期待」から「事実」へ・・・

スポンサーリンク

 

ディーカレットという仮想通貨を取り込んだ金融サービス事業を行う企業が誕生。

 

これまた大きな流れを象徴するようなニュースが出ましたよね。

仮想通貨と法定通貨の境目が無くなっていくのはもはや現実になったと感じます。

 

実稼働は、2018年の下期から。

ウォレットや各種決済サービスも導入されるとのこと。

実質の取引所もできるようですね。

 

 

とすると、また投資価値がある通貨はやはり少しずつ変わってくるだろうなと。

フェイズチェンジも感じます。

 

IIJを中心に、三菱東京UFJ銀行や野村などもいるこのディーカレットで設立で今後どうなるのか?

*あ、このブログは投資の研究なので、投資視点をメインに。

 

あ、参加企業には他に電通・JR・東京海上など・・と各業種から広く参入していますが・・

あれ?IIJと別枠では組んでいた、SBIは入ってませんね。

 

そのあたり、メモしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク


ディーカレットが決済インフラサービスを充実すると仮想通貨と法定通貨の境目はまた一段と低くなる

 

当たり前なのですが、2016年ぐらいからすると、本当にそうなったのか・・と感じます。

 

ただ、当然ですが決済インフラは美味しいビジネスなので企業は狙ってきますよね。

 

SBIなんかも当然そうですし。

(参考)

→ SコインプラットフォームでSBIが決済インフラを握りに!国内で一気に仮想通貨決済が進むか?リップルとの連動も期待!

 

ApplePay、アリペイ、Linepay、などなど・・・皆が狙っている非常にホットな市場かと。

(参考)

→ Apple Pay Cashの個人間送金で、BitcoinやRippleなどの仮想通貨が導入されていく?

 

 

これまでは、まずベンチャーがこれまで色々立ち上げてきましたが、今後はこのディーカレットのような企業のサービス構築速度を上げるべく、吸収されていくのでしょうね。

 

そうなると、どうなりそうか?

 

ディーカレットのサービス充実が進むと、メガバンクの仮想通貨普及も進む。で、同時に仮想通貨市場に大量の資金が入る

 

大量の資金が入ってきそうなのはイメージできますよね。

 

運用商品としては、まだまだ投機的なものの、今後、リミッター付の金融商品が増えるとボラリティも低くなるでしょうし。

ユーザ保護の規制もガチガチになっていくのは間違いない。

 

 

ただ、それより重要だなと思うのは、何度も書いてきてますが・・

 

メガバンク発行の仮想通貨が、実質の法定通貨になるだろうという流れです。

 

(参考)

→ CBDCやCBCCとは?各国の中央銀行が法定のデジタル通貨を!これが進むとXRPが・・

 

 

三菱東京UFJ銀行も、つい先日、仮想通貨の取引所を開設するとリリースしたばかり。

→ ついに三菱東京UFJ銀行が18年度内に仮想通貨取引所を開設へ!この真の意味は・・・

 

 

この話題です。

 

そうすると、仮想通貨の市場や相場においても、メガバンクの意向が強くなってきますよね。

 

過去は中国。

今はアメリカもシェアが大きいですが、市場で支配的なプレイヤーはあと今なら日本。

 

その日本での動向に大きな影響を与えるメガバンク(とその株主)がどういう人で、何を考えているか?

 

は、ますます重要なファクターになったと感じています。

 

いや〜2016年から、どんどん支配的なプレイヤーが入れ変わってきますね。

 

この次はどうなるでしょう?

 

CBDCやCBCCの流れを追う事が、一つのヒントになるだろうと思っていますが。

 

 

で、話を戻すと。

 

で、そうなると、KYCやAMLなどに対応していないICOなどは、まず論外になるのではないのかなと。

怪しい資金を銀行が扱うわけにはいきませんし。

 

ただ、ちょっと気になるのは・・・

スポンサーリンク


ディーカレットの出資企業は結局個別で自前サービスをやりそうですがインフラが充実する流れは変わらない

 

余計なお世話ですけど、個人のブログなので好き勝手書きます。。

 

野村なら野村でやれるのでしょうし。

 

UFJさんなんて、先程書いたとおり、もうやっているわけですし。

 

このディーカレットは、スゴイ出資企業を揃えてきましたが。。

こんなに多くのプレイヤーの利益が一致するとは、全く思えません。笑

 

他分野でよくある、「国の要望」でできたものなのでしょうかね・・・と疑いたくなるぐらい。。

 

出資企業

・IIJ

・野村ホールディングス

・伊藤忠商事

・JR東日本

・ビッグカメラ

・三井住友海上

・三井住友銀行

・三井不動産

・第一生命

・三菱東京UFJ銀行

・伊藤忠テクノソリューションズ

・電通

・ヤマトホールディングス(検討中)

 

 

ただ。

 

このディーカレットは実験場となってうまくいくにしても、個別の企業がサービスを強化するにしても・・・。

 

2018年は大手が本気でインフラを整えるので本格的な普及期に入っていくのが更に明確になったと感じます。

 

といことで、細かい所では色々あるものの、大きな流れは変わらないのではと。

 

ただ、投資という点で見ると・・・。

 

2018年、仮想通貨は本格普及するだろうけど、投資は「期待で買い、事実で売る」とすると・・・

 

上記の錚々たる企業を見ると、色々と妄想が進みますよね。

 

各企業がこのディーカレットで得た知見や、ディーカレットと強力しながら、ブロックチェーン関連のサービスを出してくる。

で、それをいくつかのグループになって、連携してサービス提供してくる。

 

それを、電通が莫大な広告費をかけて、マスにリーチしてくる。

 

うーん。

 

早めに入った投資家には、良い匂いのように感じます。

 

ただ、本格的なバブル突入のニオイはするので、何度も書いてきているようにマイルール徹底で利確は必須かと。

今まで「期待」だけで膨らんでいたのが、「現実」になってしまうと、相場としては一旦沈静化しそうですし。

G20での統一規の話も、AMLやKYCなど、基本的な枠組みができていない国を正常化するものになるでしょうし。

長期的には市場は発展しそうではあるのですが。

→ 暴落時もマイルール徹底!BTCは8000ドルまで行かずに下げ止まり?FXレバ好きな日本人が狼狽売りしてすぐ買い戻す?

 

 

で、出川さんのようなCMが沢山流れ始める。

 

それが普通になる。

 

となると・・・昨年の5月や、昨年の年末~今年の年始のような時期はまだもう1回は来るかと。

 

夏ボーナスあたりでしょうか。

それより早い、来月ぐらいからでしょうか。

 

とりあえず、先に入れて待っておきます。

どこかで暴騰したら、容赦なく確り売りましょう。(笑

 

繰り返しですが・・・。

 

悲観で買い、歓喜で売る。

期待で買われ、事実で売られる。

 

ですよね。

 

既に「悲観」でも無い気もしますし、さらに「事実」になってきている気がします。

ですので、これまでのような勢いはICO以外では無くなるのかなと。

 

もちろん、ボラリティが下がるだろうといっても、他の金融商品よりは大きい。

ですので、規制が進むにつれて、金融市場として熟成してくのでしょうけど。

 

1つ気がかりなのは、法定デジタル通貨や各国の中央銀行の思惑です。

あまり決済インフラを握られると、通貨発行権を活用した政策が効かなくなる。

それは避けるはずなので、どこかでハシゴを外される可能性は否定できません。

 

ただ、仮想通貨市場を牛耳る、アメリカと日本では、そこまで無さそうですが・・・

 

アメリカはFRBがXRPとやってますし・・・。

BISのいうCBCC、FEDコインは気になるものの。

 

 

と、右往左往しましたが、結局未来は誰にもわかりませんよね。

 

なので、当然、タイミングやボリュームは分散して取引は必須ですよね〜。

(参考)

→ 仮想通貨への投機を始められる方へ、危険な失敗をしないために!

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

 

最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

 

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったこと。

それをこのメルマガや読者様限定のLINEで紹介しています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、仮想通貨以外も含めて実績はそれなりに出ているのでご参考頂けるかなと。

私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けています。

 

まずは登録直後は「簡単なタネ銭づくりのネタ」からご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 


スポンサーリンク