AntShares(ANSからNEOへ)は中国版イーサリアムなのか?NEO2.0など最新情報から今後を予測!

スポンサーリンク

 

AntShare(ANSからNEOへ)がランキングで一気に16位まで仮想通貨ランキングで時価総額を増やしてますね。

急伸するものは日々発生していますが(そして指を加えて眺めていますが(笑))NEOもバブルにのったか〜と見てました。

 

ただ、ざっと見てて少し気になったので調べてみました。

で、ちょうど、本日あったカンファレンス後に暴落していたので、指値で待っていたら予想外に参入してしまいました(笑。

 

これは何かの縁だろうということで、今後注視してみます。(そんなのでいいのか?)

 

随時追記しますが、ひとまずシンプルに記載してみます。

また、NEO2.0などの最新情報を随時追記したいと思います。

 

追記:2017年の8月のカンファレンス前にもニュースが多く出て上がってますね!最後に追記します。

 

スポンサーリンク


そもそも仮想通貨NEO(ANS、NEO)とは?

 

AntShare(ANS)ではなくNEOへ

あ、このAntShares(ANS)、直近で「NEO」という名前に変わったようです。

でも、取引しているBittrexを見る限りは、まだANSという名前ですけどね・・。

さて、話を戻します。

 

AntShare(ANS/NEO)はオープンソースのプラットフォーム

こちらにAntShares(ANS)改NEO?についての公式動画がありますね。


正直いって、これ見てもAntShares(ANS/NEO)が何なのか?は全くわかりません!(笑

 

でも、このAntShares(ANS/NEO)では下記のような事への応用を目指しているとのこと。

  • クラウドファウンディング
  • P2Pレンディング
  • デジタルアセットの交換

 

なんとなく、イーサリアムに近いような事ができるのだろうというようには見えますね。

つまり、AntShares(ANS/NEO)は、ブロックチェーン技術を利用したアプリケーションを導入した方々向けのインフラを狙っているようです。

 

で、最近ちょっとトランザクションで問題が発生しているイーサリアムベースのトークンではなく。

それとは別のオープンソースのプロジェクトのようです。

 

このあたりから、ちょっと良いな〜と個人的には思いはじめました。

 

勿論、現段階ではまともな提携アプリや、発展しそうなアプリの発表はないので、全く何とも言えませんが。

 

AntShare(ANS/NEO)は、中国初のオープンソースパブリックチェーンプロジェクト!

前項に記載したようなアプリケーションを実現するための、初めての中国産パブリックブロックチェーンとのこと。

ここでスマートコントラクトが簡単に実装・導入できるインフラや環境が整えられるなら・・・。

それは凄いと思います。

 

こちらに、今後のAntShares(ANS/NEO)の予定が記載されていました。

念頭においているアプリケーションについても、こちらに記載されていますね。

⇒ Antshares blockchain–China’s first original public chain

 

あと、開発メンバーの方々(若いなあ)や、関連企業なども。

 

AntShare(ANS/NEO)とAntcoins(NEOGAS)とは?

AntcoinsやNEOGASと呼ばれるもの。

わかりにくいですよね。

これはイーサリアムなど、他の通貨でも似たような役割のものがありますが。

 

ホワイトペーパーにわかりやすく記載がありますよ。

Chain governance: NEO token holders are the network owners and managers, managing the network through voting in the network, using the GAS generated from NEO to utilize the functions in the network. NEO tokens can be transferred.

 

 

NEOトークンを保有しているとネットワークのオーナーであることになります。

そのネットワークに関する決め事の投票や、NEOネットワーク上の機能を使うために、このGASを利用します。

 

なお、NEOGASの総量は1億で22年かけて到達しますが、新しいブロックが生成される度に発生します。

NEOのネットワークを管理するためのもので、例えばスパム的な伝送要求があっても、このGASが必要なので対策できる。

 

なので、NEOのネットーワークが発展すると見込んでいるなら、NEOGASも入手して保有しておくのは面白いと思います。

そのあたりは、もし長期保有することにしたら、また記事にしたいと思います。
スポンサーリンク


NEOを開発しているのは?

中国のOnchainというスタートアップが開発

例えば、NEM(XEM)なら、朝山氏率いるテックビューロなど日本の企業も絡んでいますよね。

BTCやXEMの積立でお世話になっております。

 

話はそれましたが、仮想通貨AntShares(ANS/NEO)は、「Onchain」という中国のスタートアップ企業が開発しているようです。

⇒ OnchainのWebサイト

 

中国語はわかりませんので、翻訳して見たり、この会社に関する英語サイトの情報を見てみました。

すると、結構面白いです。

 

Onchainは、Hyperledgerに参加し、Microsoftとも連携?

 

この企業、LINUXが率いるHyperledgerプロジェクトに参加していますね。

中国企業としては初参加だったようです。

 

あと、エンタープライズ向けのアプリケーションプラットフォームを狙っている様子。

Azureを使っており、microsoftと連携しているとのこと。

 

そのあたりは、こちらにも記載されていました。

⇒ http://www.8btc.com/onchain-microsoft

 

あと確かにAntshareのイベントを見ていると、Micorsoftも公演に来ていました。

 

OnchainによるNEOの開発は進んでいる?

 

あ、Githubにソースも公開してますね。

 

ん??でも、あんまり更新されていないのは、ちょっと気になるな・・・。

開発は進んでいるのでしょうかね・・・??ブログも更新されてないけど・・。

 

見る所、間違ってるのかなあ・・。

ちょっと気になりますが。

人、少なすぎるし。

 

あ、でも、Antshareのクライアントは先月5月にリリースされてますね。

 

 

と思って実例を探していると、強烈なものが?

 

NEOのonchainはAlibabaのクラウド部門に技術提供し連携

これは結構凄いように思いますよ。

将来的にアリババが何らかのアプリをonchainのプラットフォームであるAntshareでリリースすることはなさそうですが。

 

こちらに記事がありました。

⇒ Onchain joins with Alibaba for blockchain-powered email evidence bank

 

アプリとしては、Alicloudが提供する、法人向けEメールのデータ保全のようです。

これ以外のアプリでも組んでいく予定とありますね。

 

法人向けのブロックチェーン技術のプラットフォーム技術に絡んでいくなら、非常にいいと思います。

中国の経済規模、大きいですし。

 

あれ?

 

アリペイのAnt financial と、Antshares って何か似てません?

Antが同じで似てますね・・。

これは気のせいか・・。

 

 

NEOはあの中国銀聯も実験中?

これはonchainのニュースリリースからのリンクですが。

 

Onchainのフレームワーク(DNA)を採用したプロトタイプを作成し検証し、ニーズを満たしている事を確認したとか。

どこまで本当かはわかりませんが、結構ちゃんと書いてあるイメージですし、流石にこの有名カード会社の名前なので、ちょっとビックリです。

⇒ http://www.8btc.com/ke-xin-dian-zi-ping-zheng

 

なるほど・・・。

たまたま買えてしまったけども、対応取引所であるBittrexにて少しずつ買い増しして、1年ぐらい放置してみてみたくなってきました。

 

勿論、最新情報をおっかけていきますが。

追記:ANS改めNEOについては、こちらに最新情報を追記しています。

⇒ 仮想通貨暴落後に戻りが早かったのは?Antshares(NEO)の出来高がETH並み!

⇒ NEO(Antshares:ANS)は市場全体が暴落でも高騰!?

 

(参考)関連してですが、一般的にICO案件は基本的にリスクが高いものだという認識です。

そのあたり、今後どうなりそうか?を妄想してこちらにまとめてみています。

⇒ 仮想通貨のICO案件予定リスト2017年!でもこのお祭り、年末までモツのか??

 

NEO2.0でスマートコントラクト機能が充実!redditでAMAも開始!

 

2017年7月追記。

NEO2.0でスマートコントラクト機能がやっと揃う!

公式ブログに嬉しい記事が出ていましたね。

The Antshares network 1.x has limited smart contract functionality, so we will update it to the NEO network 2.0 with a full smart contract system.

*引用元: Update to NEO 2.0

 

つまり、やっとスマートコントラクトの機能がフル実装されるとのこと。

これで、実際の活用アプリが増えてくると・・・スゴイことになりそうですね。

 

RedditのNEOチャンネルも。

あと、redditが始まりましたね〜。

あくまでソーシャルメディアの1つですが、ソースを確り求めるメディアですし

運営側のご本人も登場していますので良いですよね。

 

早速、 redditの方を少し見てみると・・・

We’ll announce a Seed Project to encourage developers to build dApps and third-party apps around NEO. There are also dApps on other blockchain planning to port to NEO. I believe we will see plenty of dApps/projects built around NEO in the 2nd half of 2017.

 

な、なるほど。

2017年の後半には、多くのプロジェクトがあると!!

 

これは朗報ですね。

ちょっと買い込んでおこうかなと思います。

jpl

 

NEOのミートアップが東京で!一気に高騰していますね(追記)

 

NEO(まだantsharesですが)が2017年8月にまた一気に上がりましたね。

なんか、一年前にイーサリアムを見ていた時を思い出します・・・。

 

と申しますか、中国で確りと結果が出れば、その経済規模からして・・・と期待はしてしまいますね。

直近で出たニュースはこちらに追記しています。

⇒ NEO(Antshares)が高騰!トークンセールやゲームや東京ミートアップ!

 

でも、この記事の冒頭にあるように、今回も短期に高騰しすぎてると当然一気に下落して調整するでしょうけどね。

⇒ NEOが一気に高騰!!!東京ミートアップ後はまた暴落か?

 

また、その下落の時に指値しておき買い増しする予定です。

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

 

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

また、最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録


スポンサーリンク