仮想通貨Jコイン?みずほやゆうちょ銀が安全な仮想通貨を検討?日本のインフラは何?

スポンサーリンク

 

みずほで「Jコイン」として検討されていたものが、ゆうちょ銀も組んで検討するというニュースが出ていますね。

本日の日経新聞朝刊にも一面にデカデカと出ていました。

 

しかし、このJコインは電子マネーとして検討されていたはずですが。

 

Jコインは、仮想通貨(ブロックチェーン)である必要があるのでしょうか?

ビットフライヤーと全銀協のmiyabiの話は完全にブロックチェーンですが。。。

 

あと、他の仮想通貨との住み分けを把握するにも、このJコインの狙いは何なのか?は気になる所ですよね。

アリペイやLINEPAYなどに握られそうな所に対抗する、OPEN DATA BANK 構想というものがあるようですが。。。

 

直感的には、あまり普及しそうなメリットが感じられませんが・・・。

(あの、PAY-EASY的なものになるぐらい?カードで支払えなかた時に使うぐらいの・・)

 

そのあたり、まずはざっくりですがシンプルに残したいと思います。
スポンサーリンク


 

Jコインとは?みずほとゆうちょ銀が検討。仮想通貨?電子マネー?

 

Jコインについては、以前から「みずほマネー」として話が出ていたものだと思います。

 

ちなみに、こちらにみずほでのJコインに関する議事録が出ていますね。

みずほでの株主総会の議事録のようです。

 

上記から引用させて頂きますと・・

デジタルイノベーションという大きな変革の波の中で、みずほのみならず、業界 全体あるいは業界の垣根を越えて、知恵を出し、協力し合って、新しいフレームワークをつく るべく、様々な研究・検討を重ねてきている。 その中の一つとして、例えば仮称ではあるが、「Jコイン」という電子マネーを、今後の一つ の大きなインフラとして検討を始めている。 少し時間を要するテーマではあるが、世の中に向けた革新をリードするべく・・・

 

とありますね。

電子マネーなのか、ブロックチェーンを使った暗号通貨なのか、ちょっとよくわかりませんが・・。

 

しかし、わざわざ導入検討するからには、ビジネス的な狙いがあるはず。

 

Jコインの狙いは、決済ビジネス?OPEN DATA BANK?個人間決済?でも、インフラが普及するのか・・・

 

ただの電子マネーなら、既にスイカ、イコカ、ピタパや、その他、EDYやIDなども既にあります。

あと、AppleのApple Pay 、アリペイ、Wechat、Linepayなども。

 

このままでいくと、この事業者たちが決済情報を握ってしまうおそれがある。

それに対する対策として、OPEN DATA BANK 構想としてJコインを活用した仕組みを検討されているようです。

 

具体的には、Jコイン発行会社が決済情報のデータを一括でまとめて、国内銀行や加盟する小売店にも開放する!とういうのが、OPEN DATA BANK の構想のようです。

うーん。。

 

そんなデータを貰って活用しなくても、自分の所の決済データで大概の小売店は十分な気もしますが・・。

大手なら別かもしれませんね。

 

ただ・・・アリペイなど1社に握られると、日本全体にとっては確かに良くないのかもしれません。

アマゾンの影響で最近トイザらスが潰れたように、握った会社がそこから侵食を開始するだろうからです。

 

しかし。

これらは、スマホを使って海外でも簡単に行えるので普及していると思いますが。

特に、アリペイなど中国勢は、中国にて現金決済が好まれない事情があるので、より普及している。

 

で、日本ではインバウンドビジネスとしてお店が海外客を取り込みたいから使って普及してきている。

AppleはiPhoneのインフラを活用して、個人間向けとして、Apple Pay Cashも導入してきましたが。

 

参考

⇒ Apple Pay Cashの個人間送金で、BitcoinやRippleなどの仮想通貨が導入されていく?

 

どうも、このJコインには、そういうニーズが出そうな背景があるかは今の所不明です。

 

あくまで、事業者側の加盟店がどこまで集まるのか・・・という話ですね。

 

Jコインは、三菱東京UFJがやっているような、中央銀行的な話とは少し異なるようです。

(参考)

→ UCSとは?各国中央銀行の国内通貨現金と等価の仮想通貨をUBSやUFJが。

 

Jコインは、実質銀行間で使われたり税金の支払いぐらいまでになるのでは?

 

個人向けのインフラにはJコインはならないのでは。。。とは感じますが。

ただ、税金の支払いをJコインで行えるなどぐらにはなるかもしれません。

*今でいう、PAY-EASYのイメージ。

 

あと、Jコインがもしブロックチェーンを使うものなら。

銀行間や銀行内におけるシステムのコストダウンにつながる部分はありそうです。

 

それは、三菱投稿UFJのMUFGコインの狙いと同じものだと思います。

参考)

⇒ 三菱東京UFJが2017年に仮想通貨MUFGコインを発行!影響は?円やポイントともレート固定で連携!ビットコインとも連携?

 

 

 

ちょうど記事にした、ビットフライヤーのmiyabiが関わるプロジェクトも、詳細スコープはわかりませんが近い所にいく取り組みに感じます。

参考)

⇒ ビットフライヤーのmiyabiを全国銀行協会が実証実験開始!あれ?Rippleは?

 

さらにここには、NEMのmijinや、その他にも色々てきていますが、淘汰か住み分けが進みそうですね。

私は、 ベンチャーとテストはしつつも、最終的には大手銀行は大手SIerと組みながら自前で作り始めると予想していますが。

参考)

⇒ テックビューロ、中部電力のブロックチェーン実証実験にmijinを提供!

 

この分野への参入を狙った動きは、今後も既得権益を得ているSerも参入していそうですね。

NTTデータなどなど。
スポンサーリンク


 

JコインやMUFGコインか、何が日本のインフラになる?日銀は何もやらないのか?

 

個人的にはJコインの話題に関連して、今の日銀が発行する通貨の代替の本命が何になるのか?は気になっています。

 

世界の各国は、ちゃくちゃくと準備していますよね。

そのあたりは、以前こちらの記事にまとめたとおりです。

⇒ CBDCとは?各国の中央銀行が法定のデジタル通貨を!これが進むとXRPが・・

 

日銀が何も動かないことからすると、個人的には実質MUFGコインが日本におけるスタンダードになっていくのか?と何となく思っていましたが。

今回のJコインは、それにみずほ系が対抗する動きなのでしょうか。

 

そりゃ、折角ある決済手数料を、おとなしく明け渡しはしないですよね・・・どこも。

 

ということで、今後もこういう仕組みは一旦乱立するだろうと思っています。

ローカルのブロックチェーンや台帳が多くできそうです。

 

それらをつなぐ仕組みが、個人的にはRippleのインフラになっていくと嬉しいのですが。

そこも当然、おいそれとは手放さないでしょうね・・・。

 

中国が一連の規制を行っているのも、外貨流出を防ぐのもありつつ、このあたりをまるっと自国の管理下におきたいというのもあるでしょうし。

 

 

このあたりの動きは、単に仮想通貨というより、他のビジネスチャンスもありそうだと感じるので、確り考えて面白いものがあれば投資していきたいなと思っています。

 

通貨発行権という非常に強力な既得権益を得ている方々と、新しい勢力の争いのように見えて、どうもワクワクします。

私は、一応エンジニアの端くれて、既存のものがテクノロジーでぶっ壊れされるのを見るのが好きな変態ですので。。

 

といっても、なかなか急には変わらないでしょうけどね。

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

 

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 

 


スポンサーリンク