金融庁がBinanceへ警告。日本人が海外取引所から避けられ始められそう+今後どうなりそうかについて

スポンサーリンク

 

バイナンスへ金融庁から警告が出ると報道がありましたが、やはり海外の取引所から日本人は避けられる存在になっていくだろうと思われます。何度も書いていたとおりですね。過去の保険等の金融商品と同様ですので、そこから今後どうなりそうか?について予測したいと思います。

 

その後、実際に金融庁から警告が出ましたね。

ソース: https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/Binance_keikokushilyo.pdf

 

 

 

今後もこのような規制は他の取引所でも当然発生するでしょうから、その度に少し下がるのかも・・ですが、日本の取引所で扱っている銘柄以外は、日本人(日本在住)は取引できなくなる可能性もありますね。

 

ただ、恐らく過去の流れからするとそこまでは行かずに、日本国内では購入できない・・というところまでかもしれませんが。

税制も、もし仮想通貨が金融商品として分離課税になったとしても、海外取引所のものは総合課税になったりとか。

 

ただ、規制できない=安全ではないと見なすのが過去からの日本の方針で、それにより警戒心が薄い投資家でも保護されて安心して取引できる環境が整うことになるのは長期的には良いですよね。リスクもチャンスも減りますが、当然怪しいイメージは払拭されていくかと。

先日書いた海外ICO案件なんかも、思ったより早く規制されてしまいそうですね。あまり足の長いものに投資するのは、モノによっては危険かもしれません。

 

 

なお、今回はまず日経が報道したようですがただ、バイナンスのCEOからはこの日経新聞の報道に不服のコメントも出ていますね。

金融庁が言うからには、何らかその実体に問題があるから・・と考えるのが素直なところですが。

 

そのあたりも含めて、シンプルにメモです。


スポンサーリンク

バイナンスへ金融庁から警告が出た。今後海外取引所から日本人が避けられ始める。

 

バイナンスへ金融庁から警告が出るという日経の報道で、ちょっと相場は下がっていますね。

 

個人的にはまたリップルの買い増し時期か・・と捉えますが。

今後もこういう事は続きそうですので、海外取引所から日本人が避けられ始めるかもしれません。今の所は、日本のマーケットが最も大きいので、逆に何とかしたい!という取引所が多いでしょうけど、世界的に広がってくると逆転するかと。

 

バイナンスとしては今回の日経の報道内容は不服なようで、CEOからコメントが出ていますね。

 

なるほど・・・

ちゃんと金融庁とは会話してて、なんの警告も受けてないのになんで新聞社に先に言うの?という事のようです。

 

本当に対話している金融庁が新聞社に先にリークしたなら、確かにそれはショックですよね。

バイナンスは、既に金融庁と対話してて、その中で「日本語対応を無くす」という処置をとったとも報道が以前あったと思いますし。

 

実体としての中身は、当人同士しかわかりませんが・・・。

ユーザとしては穏便に進めてほしいところですよね。

しかし、金融庁と話をしてきたのに、その結果こういう報道が出ている(流石に日経新聞も、事実無根は無いだろうから・・)とすると、金融庁で担当されている方から見て何らか微妙な部分があるのだろうとは考えるのが普通かなと。

 

もしそうなら、それは確りと指導してもらったほうがそりゃ良い方向。(少なくともユーザにとっては。取引所はコストがかかるでしょうから大変そうですが。)

 

ただ・・・


スポンサーリンク

今後はバイナンスでなくBittrexなどもアウトで、金融庁認可の取引所で扱う通貨しか購入不可となり多くの通貨は高騰しにくくなる

 

もし本当に警告が出るなら、本当にそうしていくぞ!というメッセージを出すための警告なのだろうとは思いますが。

 

こないだのマカオのプロックチェーンラボは販売業者ですので、今回のものは取引所相手なので少し意味合いが違いますよね。

取引所がNGとなると、そこでしか扱っていない通貨には、日本人の資本はもう非常に入りにくくなる

 

当然、ICOも同様になっていくだろうとは考えられるわけです。

ですので、冒頭にも書いた通り、足の長い(長いことマイナーな取引所にしか上場しない)ようなICO案件は結構危険だなと。

(参考)

→ 金融庁のICO規制で日本人の海外ICO参加は禁止に。保護された後は・・

 

何度もブログに書いてますが、高騰させるには「買い手」が必要ですよね。

 

数年前までは中国人がメインでしたが、そこで規制されて依頼、資金を投入して高騰させて来たのは、日本人の新規参入者が多かった。

それが無くなる通貨は・・・日本の取引所へ上場できないものは・・・当然厳しいかと。

 

あとはアメリカや韓国ですが、こちらもいつ規制が入ってくるか分かりませんし。

G20でも、まだ規模が小さいからと見逃されているだけ。

 

まだ機関投資家が入ってこれる環境でもないですし、それも昨今の報道や状況からすぐに整うとは思えません。

 

大口の投資家の遊び場にされる状態がまだ続きそうです。

 

とすると・・・


スポンサーリンク

主要な通貨も今後しばらくボックス相場になる可能性が高そう+買い手が付きそうな仮想通貨は?

 

主要な買い手が不在。

更に今後も規制がある程度続くわけですし、今後しばらくボックス相場で上げ下げある感じかと思われ、指値でコマゴマ利益とるのもよいのかなと思っています。

例えば10%ずつとっていくだけでも、すごく大きな利益になりますよね。指値しておくだけですし。

 

では、買い手が次いつ増えるか?ですが。

 

少しでも起爆剤となりそうなのは、SBIバーチャルカレンシーズ三菱UFJ銀行さんの取引所参入ですよね。マネックスクリプトバンクさんもありますが。

 

ただ、それでも、今の日本の仮想通貨取引所の口座数と、メジャーな証券会社の口座数を比較すると、もう個人の資金で昨年末のようにまで伸びるとは考えにくいです。

(参考)

→ 日本の仮想通貨口座数はほぼ頭打ち?となると今後高騰するのはコンプラや当局と対話できているプロジェクト。

 

というところから・・・

機関投資家にウケそうなものが長期的にも良いと考えます。

 

企業活動として確りしている所は、時間を味方にして競合が追いつけないインフラを着々と築いていると思います。

そういう所には、確りタイミングを分散しながら投資して、細かく利確していきたいと思います。

(参考)

→ これから伸びる仮想通貨は?:BtoB型+インフラ型+新分野のICO

 

あ、あと・・・。

 

金融庁認可の取引所は確り開設しておきましょう

 

私は、個人でも法人でも、ビットフライヤーさんとビットバンクさんがメインです。

先日も書いた通り、住信SBIネット銀行さんとの連携も良く、即時反映ですので。

 

いくら即反映だからといって、コンビニ入金なんてやってられませんよね。(笑

 

といっても、取引所は金融庁認可だろうが海外だろうが、あくまで保全サービスではありませんので、取引したらすぐに日本円も仮想通貨もウォレットや銀行へ引き上げるのは必須ですよね。

 

以前報道があったUFJさんの仮想通貨保全サービス、早く出ないかな・・。

 

⇒ ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ

 

 

しかし、やはり政府の規制でいつ暴落してもおかしくない感じですよね。

こういう時こそ、仕込みたくなってくるので不思議です。(笑

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったこと。

それをこのメルマガや読者様限定のLINEで紹介しています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、仮想通貨以外も含めて実績はそれなりに出ているのでご参考頂けるかなと。

私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けています。

 

まずは登録直後は「簡単なタネ銭づくりのネタ」からご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 




スポンサーリンク