JPモルガンがQuorumベースで銀行間の決済プラットフォームを提供。イーサリアム期待。

スポンサーリンク

 

あのJPモルガンが、イーサリアムベースのQuarum(クォーラム)で、国際送金プラットフォームを提供するらしいです。(*2017年10月17日記載。この記事は、2019年2月に追記して再投稿しています。)

ん??あの・・ビットコインは◯欺発言していた会社が?リップルと競合するの?

このブログ史上最短の記事になりそうですが・・・ただ、JPモルガンは、裏でシッカリとブロックチェーンプロジェクトも、ビットコインの取引もやってますね。

っと書いてましたが、その後、JPMコインがこのQuorumベースだという発表が出たので少し追記です。

 

 


スポンサーリンク

JPモルガンがQuorumベースで銀行間の決済プラットフォームを検討

 

Quorumはエンタープライズイーサリアム(EEA)において、以前から発表されていましたが。

具体的に現状は2行のみで送金実験を行っているようです。今後はJPモルガンの銀行送金ネットワークであるINN(Interbank Information Network)とともに拡大していくのかもしれません。

ちなみに、そのINNもQuarumベースなのでイーサリアムです。

これから追加で各機関が参加するのかはわかりませんが、世界最大手の銀行でイーサリアムベースのQuarumが採用されていく可能性があることは間違いないですね。

 

うーん。。。

EEA(エンタープライズイーサリアム)とETHイーサリアムは、そうなるとほんと強そうですね〜。

 


スポンサーリンク

QuorumはJPモルガンのイーサリアムベースの銀行間決済プロジェクト

 

Quarumはイーサリアムベースですが、企業向けにプライベート型(一般からはアクセス不可)のブロックチェーン技術です。

仮想通貨と言われるプロジェクトの中では、インフラとしてまともなプロジェクトが進んでいる数少ないものがこのイーサリアムだともいます。

中でもブロックチェーンと相性が良さそうで、さらにリップル社やSWIFT社など(JPモルガンから見ると)競合である会社が現実的にプロダクトを出そうとしてる点はいいかなと。

 

ちなみに、イーサリアムはこの記事に書いた内容(2017年3月)ぐらいから一気に上がりましたよね〜。

メルマガの読者様と、イーサリアム1000〜3000円ぐらいの時に、仕込みました!とか、色々とやりとりしていたのが懐かしいです。(笑

Enterprise Ethereumが登場しイーサリアム相場が暴騰!今後どうなる?JPモルガンやマイクロソフトなど錚々たるメンバーが!追記:トヨタとUFJも!

2017年3月14日

エンタープライズイーサリアム(EEA)にトヨタとUFJも参加!更にマスターカードやシスコも!法律チームも!そしてKDDIが実証実験開始!(追記)

2017年5月22日

 

三菱UFJもAKAMAIと・・という話も以前からありますし。

この分野は各社ガッツリ競争が始まりそうですね。


スポンサーリンク

まとめ JPモルガンのQuorumの開発とアプリ具体化でイーサリアムの今後に期待

 

まとめますと、JPモルガンのQuorumは決済ネットワークのINNの発展とともに期待されるなと。とすると当然イーサリアムも。

また、今も分散アプリなどで具体的な検討が進んでいるのは、イーサリアムがやはりトップだとは思いますので、またちょっと最新情報をおっかけていきたいなと思っています。

 

2019年2月追記時点で多少上がってきていますし、最近は値上がりでビットコインよりも先行しているように見えますが、インフラとして実用化が進むと相場も必然的に面白い事になりそうです。

こうなってくると、健全な上がり方だなと思います。

 

ただあくまで全体はまだこんな感じかなとは思っています。

相場の最新データで気になることメモ 少し上抜け+トランザクション量増加中

2019年2月18日

 

 

 

そんな感じで、私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったこと。

私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けているのですが。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 




スポンサーリンク