Komainu(コマイヌ)で野村証券Grが機関投資家向けの仮想通貨管理サービスを検討。大口マネーも考慮した仮想通貨投資方法を考える。

スポンサーリンク

 

Komainuというベンチャーを設立して野村HD(野村證券の持株会社)が仮想通貨を含むデジタル資産の管理運営サービスをLedgerなどと協力して検討開始とのこと。

このKomainuは、長期的な仮想通貨市場にとっては着実に高騰するという道標(いや、Komainuなので法規制を含む門番?(笑 )でしょうし、やっぱりこの市場には期待して一定の資産は入れておきたいなと再確認できるネタですね。

 

結局、サービス検討ということは、野村證券もそこに「投資する」という事ですしね。

最近、ゴールドマン・サックスもビットコイン先物の導入を検討しているなど、市場全体が拡大につながる大企業の投資話は多いですね。

 

そのKomainuの概要と、その野村證券やLedger社の検討内容を踏まえて「仮想通貨で稼ぐ」という本来の目的を踏まえて思ったことを備忘録も兼ねてメモです。

 


スポンサーリンク

Komainu(コマイヌ)とは?野村證券グループやLedger社が機関投資家向けの法規制対応保管サービスを検討

 

Komainuは、野村HD(野村證券の持株会社)がハードウォレットのLedger社やイギリスのCoinsharesの親会社と組んで、立ち上げたベンチャー。

仮想通貨や、恐らくCBDCなどを含む「デジタル・アセット(デジタルでの資産)」を保管するサービス(カストデイ・サービスというらしい)を機関投資家向けに行うようです。

 

リリースは野村ホールディングスからも出ていますが、結構シンプルでした。

後半を一部抜粋。http://www.nomuraholdings.com/jp/news/nr/holdings/20180515/20180515.pdf

 デジタルアセット市場の急激な成長を背景に、機関投資家をはじめ多くの投資家がデジタルアセッ トへの投資を検討しています。しかし、安全かつ法規制に準拠したカストディ・サービスが不足してい ることが、その参入を妨げる大きな要因になっています。 こうした中、当社は、デジタルアセットのセキュリティに強みを持つレッジャー、投資顧問のグローバ ル・アドバイザーズとともに、それぞれの分野で培った経験と知見を持ち寄り、研究を行っていきま す。そして機関投資家に、デジタルアセット投資の際の業界標準となるカストディ・サービスを提供す ることを目指します。

 

Ledger社の方からも一部抜粋すると・・

https://www.ledger.fr/2018/05/15/nomura-ledger-global-advisors-building-komainu-secure-digital-asset-custody/より

Jez Mohideen, Global Chief Digital Officer Wholesale at Nomura, said:

“Global investment managers have long been held back from full participation in digital asset markets, limited by operational and regulatory risk. Our new partnership will set the required standards that will bring peace of mind to digital asset investors, and provide tools and products to enable better integration with more traditional investment vehicles such as mutual funds.”

 

ちなみに、mutual funds(ミューチュアル・ファンド)は、アメリカでメジャーな投資信託のタイプのようですが・・。

 

デジタル・アセットとして確立する方向性で多くの投資が行われつつある。

その中には、恐らく法定デジタル通貨もある・・かなと。

(参考)

→ CBDCやCBCCとは?USCも。各国の中央銀行が法定のデジタル通貨や仮想通貨を検討!日銀はProject Stella?これが進むとXRPが・・

 

 

あれ?でも。。

そんな危険でコンプライアンスもむちゃくちゃ?な市場に、個人投資家である我々はガンガン資金を入れていますけど。(笑

 

しかし保管方法にはほんと、そういう認識の元に気をつけないとですね。

先日、読者様でも2段階認証があってもやられていた方もいらっしゃり、SNS上でもそういう方を見かけましたし。基本、暗号鍵を自分で保管するのが必須かと。

(参考)→ ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ

 

というのはさておき。

 


スポンサーリンク

Komainu(コマイヌ)で数年後には機関投資家の資本が本格的に参入する前提で仮想通貨で稼ぐ事を改めて考える

 

結局投資しているのは利益を出したいからで。

ワクワクはするので楽しいものの、ニュースばかり追っててもしかたないので。

 

何かニュースを見たら、「じゃあ今後どうするか?投資のアクションプランを何か変えるのか?」を自分なりにいつも考えます。

今は仮想通貨は総資産の10%以下に必ずしてますので、そういう前提ですが・・

 

1.暴落を含む明確な押し目やトレンドがある時だけトレード(短期)

2.王道系は長期で持って市場拡大に期待し放置(長期)

3.条件の良いプレセールやトークンを選定して投資(中期)

 

という感じかなと。

 

今回の野村證券グループとLedger社のKomainuについては、上記のうち「2」はまだまだこれから固いなと思った次第です。

ただ2は今後は資金回転率が悪いかも。でも一番大事な時間が奪われないので楽ですが。(笑

 

3については、以前書いた通り。これは回転は2よりは良いかも。

でも、これも規模の大きなものが増えたので明らかに伸びシロが・・・です。募集金額が大きな案件だと現実的に数百倍なんて難しいのは簡単に計算できますよね。(売り煽りはスゴイですが。笑)

→ ICO投資で失敗しないための見方や選び方。またその後の結果の検証方法や利益を出す方法。

 

1.については、3にせよ2にせよ必要なので必須ですね。

基本的には、2や3でもちゃんと価格の動きをみてちゃんと利確をしていくのが間違いないですよね。自分の体験でも、これが出来てなかったら、私の今の生活スタイルはほんとにありません・・。

→ 今から仮想通貨投資を始めても全く遅くない理由。2018年GW直前からでもアーリーアダプター並になる方法。

 

 

ということで、個人的には、3の情報収集はしつつも、ベースであり普遍的に使える1をもっと鍛えねばと思っています。

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

 

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

また、最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

 

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったこと。

それをこのメルマガや、あと仮想通貨を中心に読者様限定のLINEで紹介しています。

 

有料のサービスでもなく、無料で個人が発信しているだけなのですが、実績はそれなりに出ているので、ご参考頂けるかなと。

私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けているのですが。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク