SECのICO規制で今後多くの仮想通貨が暴落?ガイダンス公開が近い。

スポンサーリンク

SECが検討中のICO規制に関するガイダンスで、今後、多くのICOトークンや仮想通貨が暴落しそうという予想についてです。

この内容は、当然ですがBakktやフィデリティの件同様に、かなりインパクトがあると予想されます。

 

これまでは、証券化判定といえば「ハウェイテスト」ぐらいはあり、いくつかのICOは適用してるかな?程度でしたが。。今回は当局が行うので、当然それどころではなさそうです。

 

ある日突然、「はい、このトークンは証券ね。だからオタクでは扱えないよ。」となり得るということなので。

 

直近はビットコインキャッシュのハードフォーク騒動で少し盛り上がった仮想通貨市場ですが。ちゃんと利確できてますでしょうか?(笑

LINE@ではちょうどXRPが60円以上の時に、「短期分はコツコツ利確してますよ〜」と流しましたとおりです。今年はずっと年初からブログに書いている方針を踏襲しています。

 

ただ、これも書いているとおり長期では期待してますけどね。。

あと、これらがあるから、王道へ。。というのは、もうずっと前から、色んな記事を書く度に書き続けいてる通りです。最近だとこちら

 

おっとそれはさておき。

 

SECのICO規制に関するガイダンスが発表されそうという件についてざっくりまとめます。

 


スポンサーリンク

SECがICO規制の簡単なガイダンスを出して多くの通貨が暴落?

stevepb / Pixabay

 

このSECのICO規制に関するガイダンスというのの元ネタはこちらのコインデスクさん。

引用しますと。。

Hinman explained at the event:

“We also will be putting out more guidance, the idea is a plain English instrument that people can look at and they’ll bring together sort of my Howey-meets-Gary speech, and that analysis … We’ll elaborate on that in a very plain English way, so ‘do I think I have a security offering,’ look at that guidance and you should be able to sort things out.”

 

とのことで。

ざっくりまとめると。。。

SECがガイドラインをだして、証券かどうか簡単に判断できるようにする。

ということですね。

これまでの基準だった、Howeyテストについても言及がありますが。あれはちょっと項目も多いですしね。

 

これ、サラッと言われてますが、ついに来たな〜という感じですね。

 


スポンサーリンク

SECがICO規制に関するガイダンスで突如扱えなくなる通貨は暴落するのでは?

Comfreak / Pixabay

 

当然、証券となると、当局が認定した金融機関でしか扱えなくなりますよね。

 

ということは。。。

どこでも扱えた仮想通貨が、米国及びそれに追随するであろう日本を含む世界の主な国々において扱えなくなる可能性が高くなる。

 

ということですよね。当然ですが。

 

ということで、やっぱり、当局とつながっているジャンルのものや、既に証券ではないと認定されているものが期待しやすいなというのは、もうかなり前から書いているとおりです。

次に大きく価格を上げるには、資金が入る(誰かが買う)必要がありますが、そのぐらいのボリュームが出せるのはもう米国のプロ投資家たちしか残っていないと思うからです。

(参考)

→ 日本の仮想通貨口座数はほぼ頭打ち?となると今後高騰するのはコンプラや当局と対話できているプロジェクト。

 

 

仮想通貨市場のボリュームが他の金融商品に比べて小さいのは、法規制が整っておらず、機関投資家のお金がまだほとんど入っていないからだと思います。

で、それが仮想通貨の今後に期待できるポイントの1つなのですよね。

 

とすると、その恩恵を受けられる(今後高騰するだろう)のは。。。これまで何度も書いててきているとおり、もう自明なのかなとは個人的には思っています。

 


スポンサーリンク

SECがICO規制に関するガイダンスに関係なく、トレードの技術は使える

WikiImages / Pixabay

 

仮想通貨の未来には期待していますが。

我々が欲しいのは、端的にいうと、「利益」ですよね。

 

とすると、上記のような銘柄を、確りと「先行指標」となりうるインジケータや、トレンドが強いタイミングを判定してトレードしていくのが、最も固く資産を増やせるのかなと思っています。(私自身は、それで2年連続、税金で○リ人。。ぐらい、かなりの結果が出せました。)

 

あと、その判断は複数の指標をもとに行い、多数決にするのが重要なポイントだなと実感してます。(例えば、移動平均だけ。。。でも見ないより確実にいいですが、それ以外にいくつかのものを状況に合わせて見て、それらで根拠が確認できればトレードするという感じです。)

 

そのあたりは意外に知られていないのですが、有名なトレーダの方を見ててもご自分のパターンを持ってますし、プロのトレーダの方々は必ずお持ちですね。

 

私個人的には、トレードで結果を出したいならそれをさっさとカンニングするのがおすすめです。(と、昔の私にも言いたい。。。ほんと。笑)

ただ、再現性があるか?や、明確なロジックがあるか?あと、簡単に真似できる内容か?は要確認です。

 

 

そういう話も交えて、仮想通貨などへの投資で私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことと合わせてボチボチメルマガやLINEをやってます

 

私からは、重要だと思うポイントや、ブログで書きにくい事(笑)など配信してますが、色んな方と楽しくやりとりさせて貰っています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(2年連続税金でも「○り人」です)に出ているので、ご参考頂けるかなと。(あ、今年の税金送り人は、かなりの設備投資などで何とか回避できそうですが。笑)

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 

 

高騰や暴落など相場の今後を予想する方法がわかる。初心者向けの学習コンテンツ。

私が2年連続で、税金でも◯り人の実績を出せた理由の1つですが。

仮想通貨の雑誌にも「テクニカルアナリスト」として投稿して予想を当てている、プロトレーダの方から初心者でもわかるトレード手法を具体的に学べて、今後の暴落や暴騰がある程度予想できるようになったのが大きいです。

その手法は本当に「目からウロコ」の連続でした。

特に「初心者向けの動画コンテンツ」で学べる「8つ以上の指標」は、個人的には超絶にオススメです。(私はそれを書いてPCのモニターに貼り付けて、確認しながらトレードしてます。笑)

⇒ プロトレーダのヒミツをカンニングする!

 




スポンサーリンク