ビットコイン価格でマイニング損益分岐点は考えなくて良い。どこまで下がるかを考える。

スポンサーリンク

 

ビットコインの価格が少し下落すると「暴落だ!どこまで下がるの?」となりますが、時々話題になるマイニングの損益分岐点はビットコインの価格を考える際に、特に気にする必要は無く、それよりも大口の動向や心理、あとチャートを見る方がいいと思う件です。

 

直近、4月12日に始まったお祭りも一旦休憩で、まさにセルインメイ状態ですね。

(参考)

⇒ オイルマネー参入報道でビットコイン高騰?大口の資本家が・・という報道は「ババ抜きゲーム開始」の合図!(4/13)

⇒ 仮想通貨ビットコインは2018年もゴールデンウィークGW周辺まで高騰してその後暴落?その理由と今後を考える。セルインメイ?(4/11)

 

5月末に韓国の確定申告もあるようですし。

マウントゴックス関連の売りもあったとか。あと、PoWのセルフィッシュマイニングなど、ブロックチェーンのそもそもの問題がモナコイン関連で報道されたのも日本だと多少あるかもですが。

 

リップルなどの韓国銘柄は特に下げてますね。今、国別の割合見ると面白いほどKRWが下がってます。(笑

それは別途メモしておくとして・・。

 

まだアルトコインは、市場全体の価格やまだ基軸のビットコインの価格にやはり引きづられますよね〜。

 

で、どこまでビットコインの価格が下がりそうか?で、マイニングの損益分岐点が7000ドルだから!など、時々出てきますが、あまり関係無さそうで、それよりチャートやファンダ見て判断した方が良いなと改めて思ったのでメモです。


スポンサーリンク

マイニングの損益分岐点はビットコインの価格にはもはや無関係そう。難易度調整もあるし。

 

ビットコインの価格は、マイニングの損益分岐点が7000ドルだからそれ以上は下がらない!など時々見ます。

ただ、本当にそうなのかな?と少し見てみると、色んな説がありますね。

 

ブルームバーグさんのサイトにはこのようなものがありました。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-01-10/bitcoin-can-drop-50-and-china-s-miners-will-still-make-moneyより引用

 

中国でも通常の電力供給だと7000ドルが、ビットコインマイニングの損益分岐点。

ただ、現状はもっと安い電力価格が存在しており、それだと3000ドル程度。

 

で、更に中国以外の国だと、再生可能エネルギーも含めてもっと安い電力が存在しているとのこと。

 

ほんまかいな?と思いちょっと見てみると、確かにアイスランドなどでは通常ユーザでも電気代が数セント/kwh程度らしいです。

再生エネルギー率が非常に高いようですね。

日本でも、再生エネルギーはFITで一時盛り上がりましたが・・・おっと、脱線しそうなのでそれは別途として。

 

あと電気代以外にも。

電気代とは無関係に、マイニングは必要な量が確保されるように計算難易度も自動調整されるので、それも価格下落でマイナーが完全に居なくなるのを防ぐかなと。

 

じゃあ、ビットコイン価格の今後を考えるのに何が気になるか?


スポンサーリンク

マイニングの損益分岐点ではなく、ビットコインの大量保有者や大口が誰で、どう動くか?その心理と価格の動きを考えたい

tunaolger / Pixabay

 

ビットコインは、少数の大量保有者(恐らく初期からの中国マイナー勢力や初期ユーザの米国の方々)がまだまだ保有しているので、彼らが売ってくると簡単に暴落しますよね。

 

勿論、彼らも市場を壊すほど一気に売ることは損するのでせず、上げ下げの演出を繰り返しながら必要な時に現金化したり売っていくと思いますけど。

 

あと、中国勢だと、現金化というよりは国外への資産移動目的も多そうですし、毎年1月の暴落を引き起こす一端と思われる、中国勢の春節前現金化などもありそうですけど。(笑

⇒ ビットコイン高騰も今後は暴落する理由。2018年は金融ショックも?今後の相場を過去の事実から考える

 

というのは勿論ありつつ。

あと気にしたいのは・・。

 


スポンサーリンク

マイニングの損益分岐点などより、ビットコインの価格を考えるならチャートからも判断したい

 

ですよね。

チャートは、上記のような特性やファンダや事件なども含めて、現実世界の全てを含んだ過去の取引記録結果なので、非常に重要なものだと思っています。

 

ということで、以前書いたチャートに久々に少し追記してみました。

 

あ、私は、2年連続税金の支払いで億円超えの利益は出してますが、「プロのトレーダ」レベルではないので、そういう目線でお願いしますね。(笑

世の中、本当にスゴイ方が沢山いらっしゃるので、まだまだ勉強中です。

 

補足すると、チャートだけいくら見ても、例えば日本やアメリカで規制やマウントゴックスの件で大量売があれば簡単に崩れるのが仮想通貨だと思いますので。

そういう前提で、資金の割合管理は徹底しないとですけどね。(私は怖いので、総資産の1割以上には絶対にしません。)

4月の安値も、結局、利上げ要因の世界同時株安でのリスク回避が大きかったと思いますし。

 

あと、このレベルは少し知ってるだけで誰でも書けるので、多くの人が予想しているパターンの1つかと。

そこを大口さんが儲けるために崩してきたり、金融ショックも有り得ます。

ですので、立てた予測の活用方法としては、「そこから外れそうになったら、それをトリガに動く」というのが良いかなと。

王道は、「予測通り」か「違う」かを見極めてから、勝てる時だけ動く!ですけど。

よくわからない時は何にもしないのが一番。

こういうの待ってからでも、十分稼げますしね。

⇒ オイルマネー参入報道でビットコイン高騰?大口の資本家が・・という報道は「ババ抜きゲーム開始」の合図!(4/13)

 

 

 

といっても、チャートの見方は、ほんと基礎的な内容は知っておかないと大損しますよね。

移動平均から離れたらちょっとずつ利確しよう〜レベルだけでも、何にも知らずにやるよい大きく変わるかなと。

 

基本的な本にあるようなツール+お絵かきレベルを過去のチャートに当てはめて遊んでいても、それなりにシックリくるのが面白いところですね。

皆が気にしているから、そうなるだけでしょうけど。。。相場は結局参加者の心理が作っているので、それで参考材料としては十分です。

(参考)

⇒ フラクタルとは?過去を知って負け方を間違えずにトライし続けるのは勝つための鉄板。

 

おっと、また悪いクセでメモが長くなりました。

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことをボチボチ書いてます。

有料のサービスでもなく、無料で個人が発信しているだけなのですが、実績はそれなりに出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク