三菱商事とUFJがリップルで国際送金検証中と報道も価格が高騰しない理由

スポンサーリンク

 

三菱商事とMUFG(UFJ銀行)がリップル技術を使った国際送金を実証実験中と報道が出ましたが、その概要と高騰してない理由について軽くメモです。なぜ三菱商事が突然出てきたのか?なども気になりましたので。地合いが悪い!と片付けずに。(笑

 

先に結論を書くと、今回のUFJと三菱商事との内容は特に目新しくはなくすぐの高騰にはつながらなくても、やはりリップルは仮想通貨市場では別格だと改めて感じました。

先日のCodiusもそうですし、証券化の件、さらにxRaidでの初パイロット実績報告、少し前ならアメリカの年金で採用等々も含めてリップルは他にも多くニュースの報道が出てきてます。

とすると、今後のXRP高騰に向けて大きなエネルギーが溜まっているのは間違い無さそうです。

 

なにか、2016年頃にリップルへ投資した頃に、UFJ報道で一気に高騰が始まった事を思い出させるニオイを感じます・・・。

*単なるポジショントークに近い、投資家としては駄目な無根拠期待マインドかもですが。(笑

 

インフラ銘柄は、インフラが整うにつれて爆発的に市場が大きなる可能性があるとも思ってますし。

勿論、XRPトークン自体がどこまで使われるのか?は冷静に見るべき。

で、現時点では他トークン同様にXRPといえども、「期待」が「事実」に先行している。

 

期待で買い、事実で売る!とすると、今回の三菱商事とUFJの件計画だと今後実用化しても数年後なので、さてじゃあ。。。とは思いますが。

広く流れているニュースですが、備忘録的フラグとしてメモです。

*ついでに、2016年のUFJ参入報道前、私がリップルに投資するキッカケになった件も記載しておきます。

 


スポンサーリンク

UFJが三菱商事の口座でリップル技術を使う国際送金を実験開始

geralt / Pixabay

 

うーん、UFJ以外で似たような報道は既に多く出ていますが。

今回の件、ソースはこれですね。

 

 

なぜ、三菱商事が突然出てきたの?とまず個人的には気になりましたが、それは後で書くとして。

 

PtoPっぽいですが、銀行がハブになってますよね〜ちゃんと。

コレ自体は、リップルのxCurrentやxViaを利用したサービスになるのでしょうか。

 


スポンサーリンク

リップルとUFJの件で三菱商事の株もXRP高騰・・・して無かった!笑

 

SBIやOKwaveなんかもそうですが、最近、仮想通貨銘柄となると一気に高騰しますよね。

今回、UFJ×リップルのインパクトは、三菱商事には大きそうですが・・・

 

あ、あれ、上ってない?

高騰どころか、三菱商事の株価を今見ると下がってますね。(笑

 

読売新聞の報道をよく見ると・・・

タイにある三菱商事の子会社が、現地のアユタヤ銀行(MUFG傘下)に保有する口座からシンガポール・ドルを送金。三菱商事の別の子会社が英金融大手スタンダード・チャータードのシンガポールの拠点に設けた口座で受け取る

引用:http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20180513-OYT1T50115.html

 

ということで、単にスタンダード・チャータード銀行〜UFJ参加の銀行における実証事件において、三菱商事は口座を貸しているだけなのですね。

 

なぜわざわざ三菱商事なのか?は、三菱商事は国際商社なので件数や金額が多いからのようですね。コスト削減できると、利益に直結しますし。

 

そのあたり、三菱商事からのリリースにも出ていました。

ただ、日本の企業ですと初!なのですね。

三菱商事さん、カッコイイです。

三菱商事株式会社(以下、三菱商事)、株式会社三菱UFJ銀行(以下、三菱UFJ銀行)および三菱UFJ銀行の在タイ連結子会社であるBank of Ayudhya Public Company Limited(以下、アユタヤ銀行)、Standard Chartered Bank(以下、スタンダードチャータード銀行)は、国際送金の利便性および、企業のグループ内における資金効率の向上を目指し、米国Ripple社が提供する技術を活用したタイ・シンガポール間における国際送金の実証実験(以下、本実証実験)を開始いたしました。
本実証実験は、タイ中央銀行のレギュラトリーサンドボックス制度を活用し、三菱商事の子会社がアユタヤ銀行およびスタンダードチャータード銀行にそれぞれに保有する口座間で国際送金を実施するものであり、本邦企業グループの実口座を利用した国際送金の実証実験としては初となります。
今後、本実証実験の結果に基づき、高速かつ透明性・追跡性に優れた国際送金の実用化・商用化へ向けた検討を前進させ、企業のグループ内における資金効率の更なる向上に努めるとともに、今後もイノベーションに関する様々な取組みを図ってまいります。
(※)現行法の規制を一時的に止めて特区内で新技術を実証できる制度

引用:https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2018/html/0000034662.html

 

なんと、今後も様々な取り組み・・とありますね。

今後はそのリップルと蓄えたノウハウを使って、三菱商事さんから個人向けの決済サービスのインフラを提供!や、日本企業におけるBtoB決済インフラを提供!など期待したいですね。

 

ただ、投資家目線の話に戻すと、それなら確かにリップルについてはUFJ以外の銀行間で同様の期待を促すリリースがこれまで多く出ているので、確かにわかりやすく高騰はしないかもです。日本初なのがスゴイですけど。

 

最近だと、xRapidのパイロットの話もありましたし。

ただ、個人的にはやはりリップルは本当にスゴイなと思ってます。

 


スポンサーリンク

実エンドユーザである三菱商事でUFJ銀行を介した実際の使い勝手を検証中。競合参入障壁がどんどん高くなる

 

というだけ・・・といえばそうですが。

しかし、そういう実証実験に「三菱商事という大規模な決済額を持つ企業が検証実験に参加」して、数年後に実用化を目指してるというのは、リップルの強みかなと。

改めて、インフラを構築が具体的に進みつつあり、長期的に期待しやすいなと感じています。

あと、実際にそのような規模の企業と世界中で複数連携して既に実証実験を行っている仮想通貨がリップル以外には見当たりません。。

 

もっと効率の良い投資を求めてICOなど新規も勿論検討して、実際に投資もしているのですが。

このリップルについては、「仮想通貨市場」になんで入ってるの?と感じるぐらい、他とは異なるインフラのビジネスを進めているなと改めて感じます。

(参考)

→ これから伸びる仮想通貨は?:BtoB型+インフラ型+新分野のICO

→ 日本の仮想通貨口座数はほぼ頭打ち?となると今後高騰するのはコンプラや当局と対話できているプロジェクト。

 

 

何が異なるかと言うと、競合からの参入障壁がどんどん高くなると思うのですよね。

この金融機関間での国際送金と分野で。

 

そういう事もあり、SBIやグーグルも初期から出資しているのかな?とは思っていますが。

(参考)

→ SBIが仮想通貨の取引所運営事業に参入!SBIバーチャルカレンシーズはいつから?2018年7月からリップルXRP・BTC・BCH・ETH取扱予定!

→ 三井住友銀行とゆうちょ銀も参加で日本の8割をリップルが!+統合モバイルアプリも今年後半に?!SBIリップルの内外為替一元化コンソーシアム。

 

ただ、リップルへの投資という点では、やはりXRPトークンの実需がどうなのか?を冷静に判断していきたいですね。

 

UFJやSBI及び世界中の金融機関との連携でリップルは今後高騰期待だが、投資で利益を得るには注意が必要

 

今回の三菱商事の件はそこまで・・・ですが。

投資としてはこういう報道が出てくると、誰かが買わせようとしているのではないか・・・といつも疑ってしまいますよね。

(参考)

→ オイルマネー参入報道でビットコイン高騰?大口の資本家が・・という報道は「ババ抜きゲーム開始」の合図!

 

病気でしょうか?(笑

 

それはさておき、あくまで利益を出すのが投資なので、事実が揃ってくる前にちゃんと売らねばです。

そのあたりを実践しようとすると。。。

 

実際に投資する銘柄はある程度絞って知識や背景を入れておかないと、「チャンス!」や「ピンチ!」が来ても利益を出せるトレードが確信を持ってできないのですよね・・・。

で、放置してる間に下がって、「ああ・・・」です。(笑

ICOも選定するの結構大変で時間使いますし。

 

 

さて、来週は世界最大規模の仮想通貨に関するイベント、コンセンサス2018ですが。

何か材料でますかね〜。

 

ビットフライヤーやUpbitの件のくすぶりがまだあるので、リップルも高騰しないのは勿論地合いはよく無いでしょうけど、下記の修行を継続して長期的には利益を着実に積み上げていきたいと思います。

→ 今から仮想通貨投資を始めても全く遅くない理由。2018年GW直前からでもアーリーアダプター並になる方法。

 




スポンサーリンク