三井住友海上が仮想通貨の盗難保険をビットフライヤーとリリース!

スポンサーリンク

 

三井住友海上火災保険ほどの大手が、ビットコインなどの仮想通貨に関して盗難補償する保険をリリース!!!

 

これは、2017年にビットコインに代表される仮想通貨全体について

 

取引の総量が日本でも確実にふえる!

 

と、三井住友海上は予測しているという事ですよね。

 

勿論、三井住友海上キャピタルがビットコイン取引所であるビットフライヤーに出資しているのもある。

 

とはいえ、利益が出ないものはやらないでしょうし。

 

ビットコインの最近の勢いは凄いですよね。

2016年の年末に向けて、どんどん拡大しているのを感じます。

 

ビットコインもリップルも、そしてこれから出て来るエイダなど、全体にとってベースとして大きな環境変化だと感じます!!

 

なので、少し内容をまとめてみました。


スポンサーリンク

三井住友海上の仮想通貨ビットコインへの保険の中身は?

 

日経新聞によると、サイバー攻撃などでビットコインなど仮想通貨の取引所が被害にあった際にそれを補償するとのこと。

 

なので、ビットフライヤーなどの

取引所などの企業が前提

ですね。

 

流石に個人のビットコインウォレットは対象外なのは、そんなもんですよね。

 

取引所はコンプライアンスやセキュリティで当然キッチリしているわけですし。

 

ん?

 

もし加入企業がこの保険をPRしてくれたら、

三井住友海上が保険の対象とする取引所なら比較的安心

という判断にも使えそうですね。

 

まずは、ビットフライヤーなどは安心ですかね。

当然、この保険に入るのでしょうしね。

 

取引所としては、安心なのでしょうね。

ちなみに、各取引所についての意見は、下記にも記載しています。

 

(参考)

→ ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ

 

 

 


スポンサーリンク

三井住友海上とビットフライヤーの仮想通貨保険って、国内初?詳細は?

 

大手各社では初の仮想通貨メインの保険だと思われます。

こういう時は正確な情報を得るためにまずプレスリリースを見るのが基本ですよね。

 

三井住友海上のページに行ってみましたが、、、

 

残念ながら、まだこの仮想通貨保険の詳細リリースはないようです。

 

現段階のものはこちら

 

この中でいくと、、、

サイバーリスク対応についてコンサルや専門業者の紹介を行うサービス

というのは気になりますね。

 

何処がそんなコンサルと対策できるのでしょう?

 

あったとしても、ビットフライヤーがお世話になっているであろう業者??

 

うーん。よくわかりません。

 

でも、この保険について、気になることが・・・


スポンサーリンク

あれ?三井住友海上とビットフライヤーのビットコイン取引に関する競合業者を育てるだけでは?

 

という気はしてしまいますね。

 

ちっちゃな私の、グレーなココロで見てしまうと。(笑

失礼しました。

 

でも、ビットフライヤーという会社は、JBAという、日本ブロックチェーン協会を通じて業界全体の底上げを考えているのでこのサービスを展開しているのでしょうか。

 

なら、男前ですね。

 

ビットコイン業界のイケメンです。(笑

 

今後、なにか関連発表あったらまたすぐに追加したいと思います!

 

しかし、ビットコインを始めとする仮想通貨全体が2017年に盛り上がるのは間違いなさそうですね!

 

投資としては、早めに仕込んでおくのが良いかと。

 

 

【人気の関連記事】

→ ビットフライヤーのニュースで気づいた大事なこと

 

→ 仮想通貨時価総額ランキング最新と今後は?国別の取引量推移など投資するなら知っておきたい仮想通貨データ一覧!

 

→ ビットコイン破綻の原因はなぜ?大誤報の真相まとめ

→ リップルとは?仕組みは投資して大丈夫?最新情報と今後の相場を過去の暴騰と暴落から考える

 




スポンサーリンク