NEOが地味に高騰し続けてきて中国関連暴落の前の水準に。iOSアプリも登場?

スポンサーリンク

*画像引用:BITTREXより

 

このブログで何度か取り上げているNEO。

中国取引所の騒動前ぐらいに戻してきましたね。

 

 

中国の暴落時、とりあえず売っておこうという記事が多かったですが。

私は書いていたとおり、確り仕込んでました。

 

地合いが良くなっているのもありますが、中身が良いものは安心してホールドできます。

今後また暴落があれば仕込んでいきたい通貨の1つです。

 

そのあたり、メモです。
スポンサーリンク


NEOとは?

 

仮想通貨NEO、市場総額のランキングでも最近は上位にいるのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

このNEOの概要については、何度か書いてますので過去の記事をどうぞ。

→ AntShares(ANSからNEOへ)は中国版イーサリアムなのか?NEO2.0など最新情報から今後を予測!

 

イーサリアムというのは言い過ぎですが。

 

中国という独特な国の特性から、私はこのNEOを分散投資先の1つに選ぶ価値はあると思っています。

 

NEOが中国取引所騒動の前まで戻してきた

 

現状の価格はこちらですね。

 

 

ブログに書いた参入時期からしても、ここ短期でも3〜4倍になっており確り伸びているなと思います。

 

直近では、HitBTC、BINANCE、COINNESTなどへの上場ラッシュのためかとは思っています。

 

ただ、個人的にはまだ伸びるのでは?と思っています。

 

 

なぜNEOなのか?中国という国でのビジネスを考えると・・

 

ご存知のとおり、中国という国は何でも規制下・統制下に置きますよね。

 

会社で中国法人を作ろうとされたり。

事業を中国で展開しようとしたり。

 

そうすると、必ず中国の独特の法規制に引っかかります。

更に、国外への利益の還元もなかなか難しい。

 

実体として、中国企業と合弁会社が多いのはそのためですよね。

 

あと、情報統制では検索はgoogleシャットアウトで、Baiduだったりする。

 

その他の分野でも似たような独自の現象が。

 

何が言いたいかというと。

 

ブロックチェーン産業においても、同様になるのではと思っています。

 

となると、いずれかの国営企業を、実質国が推して行く形になるのでは?と個人的に妄想しています。

 

そういう観点でNEO関連のニュースを見ると、今だとNEOとそのバックいるONCAHINという企業は面白いと思っています。

 

このCEOが・・・

・中国政府と一緒にやれる

・今回の暴落の件でも相談を受けていた

 

などということを発言してと報道があり一時話題になっていましたが、あながち嘘でもないのかなと思っています。

 

勿論、未来は誰にもわかりませんので、分散投資は必要なのですが。
スポンサーリンク


NEOは中国人民銀行が独自デジタル通貨を入れてくるとどうなる?

 

中国人民銀行(PBOC)が独自デジタル通貨を検討中というのは既に報道されているとおりですよね。

中国が通貨としてのビットコインを取り締まったように。

 

海外への流出や、課税の確実性アップのため、中国の独自デジタル通貨は必ずやってくるような気はします。

参考)

→ CBDCやCBCCとは?各国の中央銀行が法定のデジタル通貨を!これが進むとXRPが・・

 

これに対して、NEOはスマートコントラクトや企業活動におけるブロックチェーンアプリを担っていくベースになるのでは?と勝手に思っています。

 

NEODIUS!NEOのiOSアプリ準備中?

 

これはいいですね。

REDEITに上がっていました。

→ https://www.reddit.com/r/NEO/comments/73rlej/announcing_neodius_your_new_ios_neo_cold_wallet/

 

iOSアプリのキャプチャーもこちらに上がっていますね。

→ https://imgur.com/a/d6iVH

 

 

ということで、NEOには引き続き頑張って欲しいと思っています。

イーサリアムやリップルのように、基本長期ホールドです。

 

 

参考)

→ ICO規制騒動の中、NEOが素早いコンプライアンス対応!海外企業の中国参入を支えるインフラへ進化か?その後Bitfinex上場で高騰!

 

 


スポンサーリンク