トレードコインクラブ(TCC)とは大丈夫?問い合わせが凄く増えそうなので判断材料をまとめました

スポンサーリンク

 

トレードコインクラブ(TCC)というまた新しいビットコイン投資ネタが流行りそうですね。

いつもの流れでいくと・・・

 

「トレードコインクラブって投資しても大丈夫ですか?」

 

という問い合わせが、メルマガで増えるのは間違いありませんので、先に記事にしてみます。

 

しかし最近、トレードコインクラブが・・・とは別の話で。

そもそも、妙なHYIPが日本ではなぜか盛り上がり過ぎと感じませんか?

他の記事に書いているとおり、流入元を見ると日本人ばかり。。。。

この流れでいくと、よく知らない人々がやり始めて、

「仮想通貨って、怪しい投機でしょ?」

というまたマウントゴックスの時のような、情報リテラシーが低い人をとりあえず保護しよう〜という流れになるのだろうな・・・と感じてしまいます。

 

しかし、中国に規制がかかった今、先日記事にしたように、データを見ても中国以外の国、恐らく日本がビットコインの取引量に占める割合がかなり上がっているようですので、こういうものも、今上がっているBTC相場に影響しそうだから注意して(分散して)おこう〜と感じています。

私もとりあえず質問を受けたものは何でも見ますし、結構多くのものを見てきていますが、どう見てもオカシイものが多いです。。。。(私の能力と情報では理解できないだけというより、明らかに基礎的な知識があればオカシイとわかるものが多いという感触です)

 

で、本題に戻ると。

 

このトレードコインクラブも、現状の情報だけからすると単なる投機的なやつかな・・・と思ってましたが。

これから情報が増えていくと、また異なる可能性は勿論ありますし。

 

勿論、私はこのトレードコインクラブというものには投資は行っていません。

個人的には自分で直接仮想通貨のトレードやプレセールへお金を入れる方が効率がよいと判断しているからです。

 

 

ということで、私はこのトレードコインクラブについては、自分でやっていないのでちゃんと裏取りできておりません

ですので、以降はあくまでそういう「あくまでそういう人が個人的に判断するために調べた内容」として御覧ください。

 

 

 

ちなみに、私は投資案件は何でも自己責任で選別して、「逆に利用しよう」というスタンスです。

*あ、HYIPなんてのはババ抜きですが。。。私も少しやってはみましたが、あぁやっぱり・・となって反省しましたよ・・・(泣

 

他の案件と同様に、皆様のご判断のご参考までに確認した内容を書いてみます。

 

また、自分の目や耳で確認できたら追記するかもしれません。

 


スポンサーリンク

トレードコインクラブとは?どの国で、どんな仕組み?

 

このトレードコインクラブは、ベリーズ(旧:ホンジュラス)という国に実体の会社があるもののようです。

 

ベリーズは、キューバやメキシコの近く、アメリカの南部にあり税制優遇のある国ですね。

 

報酬の仕組みとしては、10種類程度の暗号通貨のFXを自動売買で行い利益を上げているとのこと。

で、そこから平日に日利1%弱ぐらいの利益配当を出資者に出す(最低保証が平日の日利で0.4%前後)という触れ込みですね。

 

さらに、出た利益の25%を4ヶ月毎に報酬として引かれるようです。

 

バイナリーの報酬配当が小さいラインの8〜10%と大きいのが特徴で、アップからの配置も初期投資金額に応じた段数の深さまで効くようです。

 

ここは少し他より強力な数字ですね。MLM的な所に力を入れているということなのでしょう。

ただ、この利益なら、紹介なんてやりたくない(といいますか、無限に・・のものなら法律的に・・ですし。このTCCがどうかは、知りませんが。)人には良さそうな案件です。

 

成果報酬(ハイウォーターマーク方式:HWM)25%は安いですね。

ただ、本当にFXの自動売買で成果が出るなら・・・ですが。

 

 

ただ・・・。

 


スポンサーリンク

トレードコインクラブはFXらしいですが、そんな実績を出せるトレードシステムがそもそもあるのか?

 

これ、まず普通は思いますよね。

 

なので、普通に考えるとまともに利益を増やせているとは正直考えにくいと思っていました。

 

ただ、日本で実際にFXシステム販売もされており、元船井総研+インフォカート社長(スゴイですね)の坪本さんという方が、ベリーズの本社にも足を運び本当にビジネスを行っているか?を検証されているようです。

また、世界200カ国からのマーケターが既に1ヶ月に数十人はベリーズの本社に足を運び確認しているとのこと。

で、その結果、これは本物だと判断して紹介が始まっている経緯のようです。

 

別記事のライトライズなどと同様に、最初私は当然実体が無くいつどうなるかわからないHYIP系か?と思っていましたが。

 

まず、そこまで実ビジネスを確りやられて著名な方が実名を出して推奨しているのと、運営サイドが名前を出してリアルセミナーをやっている時点で、いわゆる流行りのそういうものとは違うのかもしれません。。。(販売面はよくわかりませんが)

 

ただ!ですよ。

冷静に計算しましょう。

もし本当に継続的にそんな利益が出せる(日利1%?)なら、普通に計算すると「1年で3.5倍以上」、「5年で500倍」です。(笑

とすると、やはりその数字が長期でもつとは思えません。

 

実際、いわゆる賞を受けるようなヘッジファンドでも年利で10%を5年も続けると、そのマネージャは年収で軽く100億を超えるようです。

もし本当に長期的に成功するアルゴリズムが組めるなら・・・そういうレベルの天才ですし、とてつもない金額で売れるかと。

 

 

ということで、今の環境だと他にも色々とやりたいこともあり、個人的に優先度は上りません。

 


スポンサーリンク

金融系のものなら、コンプライアンスチェックは?

 

HYIPなどとは異なり、通常の証券会社と同様にIDチェックが入りますね。

で、HYIPにありがちな、複数IDも不可

 

また虚偽データによる勧誘なども監視しており、見つかった際には、IDと投資金額剥奪・永久追放になるようです。

なるほど、このあたりは運営サイドが本気のようです。

 

MLMのようですが、それが無限連鎖なら日本では特商法上届け出る必要があるかと。

そのあたりは、もし検討されるなら確認した方がいいですね。

 

 

トレードコインクラブは流行ってきそうなのは、あの有名な人が推薦?

ネット上には、リアルで運営サイドと会っていて、24日から爆発が始まる!という情報が流れていますね。

 

確かに、2月24日(金)に東京であの方が帰国して、セミナーがあるようです。

どうも、そこで発表されるのがこの「トレードコインクラブ(TCC)」のようです。

 

もしも某氏がこれにも参加されるなら流石に適当に紹介・・・というよりはかなり裏を取っている??いや、単に売るだけならそうとは限りませんよ・・・。

 

このトレードコインクラブ、そういう人が広めるから問い合わせがメルマガ等からくるようになったようですが。。。うーん。

 

では、実際どう判断するか?

 

トレードコインクラブ(TCC)をどう判断する?観点を並べてみると・・

 

簡単にですが、トレードコインクラブを判断する上での観点をざっくり書いてみました。


■仕組み :流入と比較して還元を含めた流出速度はどうか?コンプラは?
■速度  :どのぐらいで回収できそうか?長期は?
■組織  :運営側がどこまで身元を出しているか?
■タイミング:この案件は、いまどういう時期か?
■展開  :今後の展開・運営予定はどうか?

流出速度は、ユーザが一気に自由に引き出せるのではなく、ある程度資金を運営側がプールできる期間があったり、出金を運営側からある程度コントロールできる仕組みがあるか?ということですね。

 

これがあると、かなり安定度が増すのはそりゃそうでしょうという感じですよね。

という辺りで考えてみますと・・・


■仕組み ⇒ 元本引き出しは50%になり流出しにくい。MLMはどこまで?
■速度  ⇒ 日利1%で3ヶ月。バイナリ報酬が付くと更に短期に。(ただ長期はありえないかと。)
■組織  ⇒ 身元も実名も出している(でも経歴的にはよくわからない。)
■タイミング ⇒ これから開始なので今なら早めに参加できる。
■展開  ⇒ 世界で広く展開していくらしい。

となりますね。

 

ちなみに、私はこれはやってません。

 

理由は、既にこれまでの項目に書いた通りです。

 

なので、繰り返しですが、本当に運営側の方々と会って、色々聞いたり裏付けを取っている情報では全くありません。

単なる個人がさらっと動画セミナーを見て、個人の状況に基づいて判断したのを共有している情報なので、あくまでそういう前提で確認下さい。

 

何らかご自分で判断されるなら、やはり、現場でちゃんと確認している方々の情報を聞くべきだと思います。

私ももし気になっていたら、自分自身でもっと調べにいきます。

 

 

特にトレードコインクラブがどうこう、というわけではなく、投資は何にせよ【最低限の知識がないとカモにされる】だけだと思っています。

トレードコインクラブならプロ?に任せるのでまだいいのかもしれませんが。(何度も書いているとおりTCCは私は未検証ですよ)

 

もし少しでも自分で売り買いするなら・・

最低限の武器となる知識無しに、仮想通貨や関連する案件に投資するのは【単なる投機】ですよね

いわば、投資のプロたちに、本当に「素手」で戦いを挑むようなものだと思います。

 

でも、ICOでも結局はトレードなのですけどね・・・。

→ 仮想通貨の上場予定ICOでも結局トレードが必要になるという事実

 

 

例えば、2017年から仮想通貨に投資していて大きく利益が出てないなら、知識のインプットが不足してるのは間違いないと思っています。

そういう方を多く見てきましたが、共通して不足しているものがありました。

と偉そうにいう私もそうだったので、痛い目を見たのですが・・(笑

 

最低限のことだけ知っていれば、2017-2018年の高騰時にも確り利確できた可能性は高かった思っていますし、実際私は◯億円利確しています。

それに今から投資を開始しても、ちゃんと利益を出せる可能性が高くなる。

 

ギャンブル的に、たまたま見たものにお金を入れるのは危険。

その前に、知識に投資した方がよっぽど結果が出るのは早いかと。

 

これは大損しないためのトレードの基礎知識を得るのに非常に安い投資で、リターンも大きいと思います。

⇒ 大衆心理を利用して利益を上げるトレード術 

 




スポンサーリンク