Trezor model T がプレセール開始してますね

スポンサーリンク

Trezor model T 、プレセール始まってますね。

 

 

いや、トレザーはもう2台を予備含めて保有しているのですが・・・。

 

個人的に新しいデバイスは試してみたい!

 

基軸のビットコインを完全に売り払うことは無いでしょうし。

 

あと、かなりの金額になっていますので。

 

まあ第3バッチも1000台ぐらい残っているので、購入するか・・。

 

と思って数日前に見ていたら。。
スポンサーリンク


Trezor model T が早くも第4バッチに移ってる

 

あ、なんか焦ってきますね。(笑

値上げもちゃっかりされていますし。。。

 

 

 

衝動的に買ってしまおうかと思ってましたが、落ち着いてみると・・。

 

XRP、リップルに対応していませんね。。。

XEMには対応してませんが。

 

以前、このモデルTがTrezor2としてチラ見せされていた際には、XRPにも対応すると出てたのになあ。。。

 

Trezor model T の対応通貨は現状7種類。残念ながら現状リップルは無い。

 

XRP保持者はレッジャーナノSがあるので別にいいっちゃいいのですが。

 

下記が、このTrezor model Tの対応通貨です。

 

ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ダッシュ、イーサリアムクラシック、ZCASH、ネム、ですね。

 

これから増えるようではありますが。

 

 

おっと、また買う前に「えっ?」ってところがありました。

 

私はMACユーザなので全くOKなのですが・・・これは・・。
スポンサーリンク


Trezor model T のUSB接続はUSB type-C!

 

なんと・・・意外に割り切ってますね。

 

MACなら既に・・・ですが、他でも意外にUSB-Cのパソコンが世の中に多いのでしょうか。

 

 

これは、知らずに買うと痛い目見そうですが。

 

マイクロSDは、暗号化用途らしいのですが、現時点ではどう使うのかはよくわかりませんね。

 

 

 

Trezor model T でなくとも、ハードウォレットは必須かと

 

特に金額が増えてきているケースでは・・・

 

取引所はいつどうなってもおかしくないという認識で望む必要があるかと。

 

私も取引する分のみを取引所には置いています。

 

Trezor model Tは、とりあえず発注!と思ったけど、初期のロットは怖いのでやめておきます。

 

多少不便でも、こういうのは実績ある方がいいですし。

これまでどおり、まだ初代トレザーで様子を見る方がよいかなと。

新しいデバイスで実績が増えてきたら、移行するかもですが。

 

 

ちなみに、これまでのTrezorは、ZAIFを運営するテックビューロさんが日本の正規代理店になっており、AMAZONで売られています。

今見ても、結構品薄ですね・・・。

 

→ ビットコインウォレットTREZOR(トレザー)(グレー))

 

上記に無ければ、こちらも。

→ ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)

 

 

あとリップルなら、レッジャーですね。これも私は2台保有しています。

 

実際に購入すると、ZAIFにて保証内容やマニュアルがついています。

正規ラインなので、こちらから購入して保管されることをおすすめします。

→ Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

 

 

あ、新しい通貨が出る時、TrezorにしろLedgerなどは、ちゃんとファームウェアを最新にバージョンアップしましょうね!

 

ということで。

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録


スポンサーリンク