マイナーな海外取引所しかないトークン達はほぼ引き上げて王道へ!

スポンサーリンク

 

金融庁が行う規制の流れを受けて、最近ボチボチとマイナーな海外取引所のトークン達を引き上げてました。

2018年もちょうど半分過ぎましたし、個人的な決算も兼ねて。(笑

 

プロジェクトとしては、かなり面白そうだな〜と思うものもあったのですが・・・。

一部を残して、利確したり取引所リスク無く安心して保有できてるものへ絞りました。

 

全体は減らしつつも、ただ、過去経緯からも今後の相場の高騰や暴落時に強そうな王道通貨の保有率は上げてます。

特に、下落トレンド時は、基軸であるビットコインのシェアが仕組み上、上がりますし。

で、高騰時には、先にビットコインが上がって、そのあとアルトが上がりますよね。

 

 

その理由など含め、簡単にメモです。

 


スポンサーリンク

金融庁の規制や今後の手間+高騰暴落を考慮してマイナートークンは引き上げ!

stevepb / Pixabay

 

なぜ王道通貨に戻したのか?ですが。

2017年の秋ぐらいにも同じ事をしてかなり利益が出ており、それと同じ流れを予測してます。

 

法定通貨とのペアがある通貨は、市場ボリュームに応じて出来高がある程度確保されますし、アルトからの退避先になります。

一例を挙げると、経済危機などになった時に、わざわざ、マイナー通貨は買いませんよね。笑

以前、キプロスなどの国で危機が合った際にも、やはりBTCを押し上げる要因になりました。

 

 

やはり、法定通貨ペアを各国でもつ基軸通貨は、(今後は長期で変わっていくでしょうけど)市場拡大の恩恵を受けやすい。

暴落時には下落率は低い。(アルトコインはBTCに変えてから売られるので)

高騰時には、先に上がる。(アルトコインはBTCが高騰したあとに上がる。)

 

それはご存知の方も多いでしょうから後で書くとして。

 

まずは、今、特有の理由から。

 

3月の記事ですが、もうかなり具体的な規制が出てました。(少し追記してます)

⇒ 金融庁のICO規制で日本人の海外ICO参加や海外取引所使用は禁止に。今後買うべきは◯◯!金融商品取引法での規制や証券化も検討中。

 

で、HitBTCなどのように日本人の取引は短期間で閉じられるケースもあり、今後も勿論増えるかなと。

 

とすると、いくら価値があっても面倒な手順を踏まないと、使えないものになる可能性も出ますしね。

 

なお、メジャーなトークンについては、DEX等の交換所や今でもチェンジリーなど、色んな交換手段が残りそうではありますよね。日本の取引所に上がらなくても。

 

 

ちなみに、何に変えたかは最近書いてる通りです。

 


スポンサーリンク

マイナートークン ⇒ ビットコインなどの王道通貨や他キャッシュフロー構築へリバランス

MoneyforCoffee / Pixabay

 

勿論、過去に書いたBNB等の取引所トークンも魅力的ではあるのですが。

 

ただ、Binanceでもどうなるかはわからないなと個人的には思っています。

彼らからして、日本人を相手にするメリットはどんどん下がるでしょうからね・・今後。

*ただ2018年もBNBはかなり上がってます。やっぱり「ツルハシ系」はスゴイですね。(笑

(参考)

⇒ これから伸びる仮想通貨は?:BtoB型+インフラ型+新分野のICO

 

 

ので、取引所系も日本人でも安心して持てるものを残してほぼ一掃。

結局、安心して持てる王道や基軸系のトークンへ変えてます。

冒頭に書いた通りメンテの手間削減も兼ねて。逃げたい時に、すぐ逃げられますしね。

中国の状況もどうなのかな・・・という感じもしますから。

なぜそう考えたか?は先日も書いたこちらもありますね。

⇒ ドル連動の「USDC(USDコイン)」が基軸になり◯◯が高騰?今後どうなりそうかを考える(前編)

 

 

 

ただ、過去に仮想通貨市場を牽引していた韓国と中国は、2018年後半以降、2019年かもしれませんが、必ずどこかで市場へ戻ってくると思っています。

こんなチャンスを国として逃す事はないでしょうから。

ただ、その時にマイナー通貨に戻るか?は考えにくく(韓国はリップルXRPは好まれますが)、特に中国は独自の経済圏を築こうとするでしょうから、その恩恵を受けやすいのは王道の通貨であると考えています。

 

 

過去を振り返ると・・・

昨年も高騰相場ではBTCが牽引しましたよね。

王道回帰だ〜とやって大きく伸ばせました。

(参考)

⇒ ビットコイン上げ→アルトへ波及→全体下げ→・・・最初に戻る?今後規制が増えていく仮想通貨への投資を考える

 

で、最後のXRPに行ったので、怖いぐらいにドンピシャでしたが。(笑

⇒ 最後はRipple、XRPを買いました・・元Facebookの広報部長+元JPモルガン社長も参加でオールスターズ@ロックアップ

 

 

今回は、まだ下がるかよくわかりませんが、基本まだ下げトレンド。

でも、中長期では仕込んでいくのに面白いタイミングだなと思ってます。

勿論、仮想通貨投資入門に書いているとおり、仕込むのは、ドルコスト法的にタイミングも資金もバラしながら・・ですよ。

 

 

 

おっと、話がソレましたが。

 

まとめると・・・

  • 法定通貨ペアの多い基軸通貨は下落相場ではまだマシになりやすい
  • 今後の高騰は外国での出来高にかかっているが、高騰時に先に牽引しやすいのは基軸通貨
  • 細かいメンテの手間や規制を考えると、基軸通貨がリスクは低い。

 

 

いや〜整理してスッキリしました。ほんと。

ERC-20トークンなんて、凄く種類増えてましたし。(笑

 

 

さ〜また新たな気持でボチボチいきます!

 

ちなみに、最近は、上場前の経営者の方や10億を超える投資家の色んな方と出会う機会が増え、新たな刺激を受けております。

 

その刺激でヤル気があるうちに・・・。

今回整理した資金で、またキャッシュフローの種類を少しずつ増やしたいと思います。

⇒ 仮想通貨への投資で得たキャピタルゲインは確りインカムゲインを産むものへ

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

 

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことをボチボチ書いてます。

有料のサービスでもなく、無料で個人が発信しているだけなのですが、実績はそれなりに出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク