楽天で買い物するとビットコインがもらえる!ビットフライヤーと。

スポンサーリンク

ビットコイン、また暴騰と言っても良い上がり方をしていますね。

年初からすると、年末までに倍になるのでは?という勢いです。

 

そういえば、以前から楽天の三木谷社長はビットコインに前向き。

既に数年前より、楽天のアメリカでは決済にビットコインを認可済み。

 

ん?でも、あまり日本の楽天でビットコインて見ませんよね?

ただ、2017年の日本での仮想通貨、ビットコインの普及を占うにあたって、Amazonと楽天の存在は非常に大きいですよね。

あとはクレジットカードやデビットカードもそうですが。

 

で、最近、ビットフライヤーの「ビットコインをもらう!」というサービスに、楽天での買い物も追加になったようです。

 

で、そのビットフライヤーとのビットコインに関するサービスとあと楽天自身でのビットコイン決済はどうなりそうか?

ざっと調べた結果をまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク


楽天のビットコイン採用方法は?どこまで進んでいる?で、ビットフライヤーの件は?

 

有名なのは、2014年に楽天スーパーロジスティックスという物流のアウトソーシングサービス(2013年に楽天が Webgistix を買収して設立している)。

ここでの決済にて、Bitpayというビットコインの決済をいち早く採用したというニュースですね。

2年以上前からやっているので素晴らしいです。

 

で、ビットフライヤーでの「ビットコインをもらう!」にはクレジットカードサイトと同じく経由購入でポイント還元できます。

しかし、

商品価格の0.6%と還元率は少し低い

ですね・・・

 

でも、ビットコインが高騰していく事を考えると、チマチマとビットフライヤーのサイトを経由して購入してもよいのかな・・・。

ちなみに、そのビットフライヤーのサイトはこちらです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

登録は1分程度で終わると思います。

 

楽天の件は少しイマイチ・・・な気はしますが、口座はシェアNo.1のビットフライヤーで開くのが安全だと思います。

左側にメニューで「ビットコインをもらう」が出てきますので、そちらをクリックすると、いわゆるセルフバック系のネタが出てきます。

その中に楽天×ビットコインがありますね。

 

もう少し過去を見ると、2015年には

海外の楽天マーケットプレイスではビットコインによる支払いが可能!

になってますね。

 

あれ?しかし楽天がアメリカでビットコイン決済導入しているのはよくわかりましたので時間の問題でしょうけど、日本の楽天ではまだですよね。

 

もしかして、来年の法改正を待っている?

 

サービスで採用しているのは、これぐらいでしょうか。

2016年8月に楽天ブロックチェーン・ラボを英国に設立済み!

Bitnet Technologies社の特許を使って?ということでしょうか。

プレスリリースより。

楽天のグループエグゼクティブヴァイスプレジデントで、CIO(チーフインフォメーションオフィサー)兼CISO(チーフインフォメーションセキュリティーオフィサー)としてテクノロジーディビジョンを率いる平井 康文は、次のように述べています。「『楽天ブロックチェーン・ラボ』の新設により、Bitnetの優れた知的資産と開発における深い知見に、楽天のフィンテック分野におけるリーダーシップやイノベーションを追求する企業姿勢が組み合わさり、金融やEコマースの決済のあり方に革新をもたらすとともにブロックチェーン技術の可能性を切り拓く端緒となることを期待しています」

 

なるほど、現段階では具体的な楽天における決済などのビットコンを使うサービスとして確立されているわけではなさそうですね。

 

では、このbitnetという企業はどんな企業なのでしょうね?

あれ?既に社名が変わっていないですか?

 

Uphold Merchant Services(UMS) という会社へ・・・。

楽天ブロックチェーンラボ(Rakuten Blockchain Lab)は、この会社になっているの??

 

楽天が資本を出したBitnet、改め、Uphold Merchant Services はビットコインで何をやる会社?Rakuten Blockchain Lab ??

 

大規模な決済システムの構築業務に実績ある会社らしいですね。

ブロックチェーンのウォレット関連のスタートアップ?で、あまりうまくいっていなかったので、資本を受け入れたと。

そういう流れのようです。

それは良いとして。

 

結局、楽天が今何をやっているの?

が気になりますよね。

 

Eコマースへの応用を検討するとありますが。

確かにビットコインというよりはイーサリアムが備えるスマートコントラクトのようなものなら取引の管理に役立ちそうなきもします。

スポンサーリンク


なので、Rakuten Blockchain Lab のサイトを探ってみると・・・

サイトがGOOGLE検索の上位に出てこない!

そ、そんなのでよいのでしょうか・・・楽天。。。

うーん。

楽天でビットコインを使いたい!となったらどうすれば?

結局、ビットコインのプリペイドカードやデビットカードを使えば、楽天だろうがAmazonだろうがOKですよね。

なので、直接的に決済が採用されずとも、今のところはそれで十分ではあります。

ん?でも、そいや、ビットコインが使えるクレジットカードやデビットカード。

そろそろ用意しておきたいな・・・。

 

ということで、近く、何が良いか?を調べた結果をまたまとめたいと思います!

 

その他、保管方法や取引所は、ハッカーの影が常につきまといますので下記にまとめています。ご参考ください。

→ ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ


スポンサーリンク