マイニングマシン収益トップ10は?!今後のために最新状況と合わせてメモ。

スポンサーリンク

ASICを中心としたマイニングマシンの収益状況のうちトップ10を、今後の備忘録も兼ねて個人的にメモです。

 

ビットコインは暴落相場でかなり効率が悪くなっているようですが、周辺のアルトコインはまだマシそうですね〜。

ってことで、安く仕入れるチャンスが到来するかもなと思っています。マイニングマシンて、強気相場の時はむちゃ高いのですよね。当然ですが。

なので、弱気の時に長く使えるものを仕込めると結構いいかなと思ってます。

 

 


スポンサーリンク

マイニングマシンの収益トップ10状況

 

トップ10といいつつ、15まで掲載してますが。

 

Bitmain、イノシリコン、バイカルなどだけでなく、いろんな会社がありますね〜。

しかしやはり収益性上位は最近のマシンでが多い!

あと、やはりマイナーコイン用のアルゴリズムが多い!笑

 


スポンサーリンク

収益がでなくなったマイニングマシンは大量廃棄!投資回収できてる?

 

BTCしかマイニングできない古いマシンは、今回の暴落でゴミのように売られているようです。

まあ、古いものはそうなりますよね。

こんな感じらしいです。

 

あと、キログラム売りもされているようです。

もはや、機能ではなく、恐らく金など資源回収の対象でしかないのかもですが。

 

 

しかし、今廃棄されているものでも、十分にもう元がとれているなら別にいいでしょうけどね。

マイニングマシンの寿命は短い前提で購入されますし。中国なら安く作ってるのでしょうからね。

 

もしマイニングを投資としてみるなら収益が高くてもマシンの値段次第ですし、あとは対応アルゴリズムが何でどれぐらいか?や投入タイミングなどなども重要ですよね。

そのあたりは、以前こちらにまとめたとおり。

→ マイニング投資のリスクは?収益計算方法や最新マシンの収益ランキングリストも。

 

 

 


スポンサーリンク

マイニングマシンの収益状況から今後を考えるメモ

 

これまで良い手段であった周辺アルトコインのアルゴリズムで稼ぐというのも、ビットコイン下落が続くと少しずつ厳しくなってくるかもとはいえ。

やはりマイニングは、チョイマイナーアルゴリズム×短期で回収×費用化活用が王道ですね。

これだけビットコインが下がっても、そういうマイニングは一般の金融商品とは比較にならない回収率が出ちゃいますので。(その分短期でもリスクがあるので当然なのですが。笑)

 

個人的には別アルゴリズムでのマイニングはBTCを買うという行為を別のルートから行っているイメージですが、このルートを使い続けるかは今後の動向次第ですね。(長期では王道トークンは残るだろうとは思っていますが。一部通貨に暗号資産としての役割は残りそうなので。)

 

関連して、マイニングの損益分岐点が6000ドルという話も暴落の度によく出ますが。。個人的にはそれはどんどん変動するものなので、ざっくりは知っておいたいですがあまり気にすることはないとは思います。

検索される方が増えたようなので少し追記してます。

(参考)

→ ビットコイン価格でマイニング損益分岐点を知る方法と、どこまで下がるかを考える。

 

 

また今後のためにも、定期的にメモしていきたいと思います!

2016年からこのブログ書いてますが、後からこういうスクリーンショットって、かなり勉強になるのですよね〜。

 

 

そういう話も交えて、仮想通貨などへの投資で私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことと合わせてボチボチメルマガやLINEをやってます

 

私からは、重要だと思うポイントや、ブログで書きにくい事(笑)など配信してますが、色んな方と楽しくやりとりさせて貰っています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(2年連続税金でも「○り人」です)に出ているので、ご参考頂けるかなと。(あ、今年の税金送り人は、かなりの設備投資などで何とか回避できそうですが。笑)

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 




スポンサーリンク