リップルが韓国の大量購入で高騰+銀行以外でもBtoBインフラを着実に拡大

スポンサーリンク

 

リップルが中国や香港での提携を立て続けに発表し、一気に高騰してきてますね。

といっても、直近の暴落からの反騰なので。

 

勿論、短期組が利確し下げて・・というのを繰り返しながらになるでしょうけど。

 

誰が買っているのかな?と見ると・・・

 

韓国+米国勢でした。

出来高も大きく、買う時に一気に買われているように見えます。

 

とすると、これはかなりの大口の可能性も。

とすると、これは期待できる動きですね。

 

あと、リップルはやはり強い理由が明確ですね。

直近のリリースで、中国や香港での着実なインフラ強化も更にポテンシャルが強化されてますし。

 

銀行間の国際送金以外のBtoB分野でも着実に広がっていっている。

という点が個人的に良い点だと思います。

 

個人の送金よりも、金融含めたBtoBの決済金の方が大きいのは確実。

勿論、リップルは別プロジェクトでそれにも対応しようとしているので素晴らしいなあ・・・とは感じるのですが。

 

更に、SBIの動きもありますしね・・・。

それは別途記事にするとして。

 

私のポートフォリオでも、2016年からずっと未だにXRPが一番です。

 

あと、前回の記事で6000ドルぐらいで反発しそうと図を残してたら、本当にそうなって嬉しい限りです。(笑

(参考)

→ 仮想通貨への投資に役立つシンプルなテクニカル指標+買うべきタイミングとは?

 

といっても、買い増しは数BTC程度ぐらいのみでしたけど・・笑

 

そのあたり、シンプルにメモです。

スポンサーリンク


Ripple高騰は韓国勢KRWと米国USDの買い上がりが大きい

 

今、日本はコインチェックさんが封鎖されている事もありそうですが。

Rippleの出来高の割合はこの通りです。

 

はい。

 

ということで、約4割はKRW。韓国ウォンでのご購入。

あとは、米国。日本は不思議と少ないですね。

Bitbankが頑張っているのかと思いきや。

 

これは、韓国個人投資家が戻ってきているようですね。

 

ん?ということは・・・

BTCも見てみると・・・

 

ビットコインも韓国プレミアムが復活。投機的な高騰がまた?

 

はい。

ビットコインにおける韓国のプレミアム。

韓国だけ高い状態が、復活してきていますね。

 

 

この状況自体は、健全なビットコイン市場であるとは考えにくいです。

 

値段が国によりここまで大きく分かれる通貨は無いでしょうしね。。

 

投機的な面はまた強くなるでしょうけど、値上がりについては期待できる環境が整ってきたと感じてます。

 

ちなみに、チャートを見てても、6000ドルで反発してしばらくモミモミしそうですが、長期的には上がりそうな雰囲気になっていると思います。

(参考)

→ 仮想通貨への投資に役立つシンプルなテクニカル指標+買うべきタイミングとは?

 

なので、個人的には退避していた資金でインデックス投資的に少しずつ購入していってます。

(参考)

→ 仮想通貨への投機を始められる方へ、危険な失敗をしないために!

 

 

しかし、そういう投機的な側面を感じるビットコインとは異なり・・

 

リップルは本当に確りした実需、インフラ強化につながるリリースを相変わらず連発していますね。

スポンサーリンク


銀行以外でのBtoB実需も拡大:リップルが中国商社のMTMグループでXRP決済+香港LianLianと提携。

 

geralt / Pixabay

インドでの上場に続き、着実ですね。

冒頭に書いたとおり、しかも銀行間の国際送金以外の分野。

 

ATAMグループの取り扱い商品を見ていると、サムソン社のモバイル用液晶など、金融ではなく、家電などの電機に近い分野でした。

 

このあたりの、電子部品やFA用部品の決済インフラとしてもし広がってくると・・・。

まあ、ほんとにトンデモナイことになるのではないでしょうか。

 

ちなみに、MTMグループの正式リリースはこちら。

→ http://www.asiamtm.com/blog/

 

スゴイ宣伝効果になっていそうですね・・・。

 

ただ、この商社が一体、どのぐらいの売上なのかというと、小さそうなので。

これ単体のニュースというよりは、そういう可能性があるという感じですね。

 

各業界の決済インフラが握られるのを、安々と各業種のビッグメーカ達が許すとは思いにくいのですが・・・。最終的に。

ただ、リップルのいいところは、そうなったとしても、それらと共存して、ブリッジ通貨という役割を果たせる事ですよね。

(参考)

→ リップルXRPとは?将来性は?投資して大丈夫?最新情報と今後の相場を過去の暴騰と暴落から考える。ロックアップで高騰か?!

 

ということで、少し買い増ししていましあが、Bitbankって意外に使いやすいですね。

 

リップル、最近はBitbankで購入してます+TREZOR破損に注意!

 

Bitbank、セキュリティなどが心配だったのですが。

 

最近やむを得ずさわっていると、意外に使いやすいですね。

チャートが、Tradingviewのものを使ってますから、色々ツールもだしやすいですし。

 

あと、2重認証などがところどころにしっかり設定されてきていますね。

かなり最近のようなのは気になりますが・・・。

 

取引所は、保管所ではないので、やはりウォレットに入れるべきかと。

 

今後は三菱UFJ信託が仮想通貨の保全向けにリリースしたようなサービスで変わってくるのかもしれませけど、いずれにせよ、トラブルに巻き込まえたら損するのは自分ですし。。。

 

 

 

あ、あと、ハードウォレットのトレザーが最近壊れました。笑

*あ、これは新しく出た方の、TREZOR Tですけど。これはまだ実績なく怖いので、従来のものを使ってます。

 

スペアですぐにリカバリして、何とか乗り切りましたが・・・。

 

やはり、ハードウェアだからといって気を抜いちゃ駄目ですね。

 

*あ、TREZOR社の名誉のために言うと、何もせずに壊れたわけではないです。

うちの暴れん坊の3歳時が・・・笑

個人的にはレッジャーナノよりも、使いやすくて実績もあるTREZORの方が好きです。

セーフティシールもあるし、レッジャーよりもパッケージも密封してあり、安心感あります。

 

在庫は今は結構あったので助かりました。時間あるなら本家サイトの方が安いですが。

私はもうTREZOR3代目です。笑

→ TREZOR ハードウォレット

 

 

さらに・・・

 

私は我が家の暴れん坊主対策で、こういうセーフティな所に移しましたよ。

みなさま、ちゃんと真面目にリスク対策しましょう〜。

(机の上に放置してた私が悪い・・・笑)

→ 火事にもチビにも耐えるセーフティなアレ・・

 

 

(参考)

⇒ ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ

 

 

最期はちょっと脱線しましたが。笑

 

 

 

XRPはインフラや機能が使われるのはまだまだこれから。

となると、やはり量は減らしても、必ずホールドし続ける通貨の1つです。

 

さてさて、あとはテザーの件や、コインチェックの出金解禁でどうなるでしょうね?

私は、日本の取引割合+コインチェックのシェア+今の改善した雰囲気からすると、コインチェックのボリュームでそこまで影響が出るとは思いにくいと思っています。

 

テザーの件は、こないだ書いたとおり。

→ LINEフィナンシャルは仮想取引へ参入!テザーのUSDT疑惑で暴落?まだ高騰したまま!ここから半額でもまだ高い。

 

 

ということで、短期組がまた利確してくるので、そこで押してきた所を中心に、買い増しを少しずつタイミングバラして進めたいと思います。

こういう通貨たちを中心に。

→ これから伸びる仮想通貨は?:BtoB型+インフラ型+ICO

→ 日本の仮想通貨口座数はほぼ頭打ち?となると今後高騰するのはコンプラや当局と対話できているプロジェクト。

 

スポンサーリンク


 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

 

最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

 

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったこと。

それをこのメルマガや読者様限定のLINEで紹介しています。

 

無料で個人が発信しているだけなのですが、仮想通貨以外も含めて実績はそれなりに出ているのでご参考頂けるかなと。

私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けています。

 

まずは登録直後は「簡単なタネ銭づくりのネタ」からご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録


スポンサーリンク