SBIが仮想通貨の取引所運営事業に参入!SBIバーチャルカレンシーズはいつから?2018年6月からリップルXRP・BTC・BCH・ETH取扱予定!

スポンサーリンク

SBIが仮想通貨の取引所に参入しましたが、SBIバーチャルカレンシーズの口座開設がいつからか?取り扱い通貨(リップルなど)、及びこのSBIVCが兼ねるxRapidのシステムが今後本格的に稼働すると仮想通貨XRPが今後高騰する可能性があるという点についてまとめています。

 

仮想通貨取引所のSBIバーチャルカレンシーズは、6月4日から先行客に向けて取り扱い通貨を絞ってサービス開始しましたね。

6月5日には口座開設完了のハガキを受け取りとりました。追記してます。

また、7月17日に一般募集も始まりましたね!

 

2017年11月の決算発表における北尾さんによると既にSBIバーチャルカレンシーズは仮想通貨の取引所として認可取得済ですが、数百万人に耐えうるインフラやセキュリティの強化を行っているようです。

 

で、いつから開設するのか?については、SBI MAX(Digital Asset Exchange)とともに、2018年7月頃のオープンを狙っているようです。⇒6月4日に機能を絞って開始!となりましたね。

フルサービスもいつから?早く!とは思いますが、SBIさんがコケるとこの業界はかなりヤバイと思いますので、ゆっくりでも品質確保最優先は当然で、流石がSBIさんだなと個人的には思っています。

 

なお、SBIバーチャルカレンシーズで予定する取り扱い通貨としては、その後の報道によると、下記の4種類のようですね。6月4日時点では、リップルのみですが。

・ビットコインキャッシュ:BCH

・ビットコイン:BTC

・イーサリアム:ETH

・リップル:XRP

 

 

しかし・・・。

 

SBIバーチャルカレンシーズ株式会社を2016年11月1日に設立されたわけですが、SBIは、仮想通貨にまた一歩深く踏み込んできましたね。SBIバーチャルカレンシーズという名前も好きです。

特に取り扱い通貨の中で、リップルXRPをJPYベースで本格的に扱おうとすることも、明確ですし。

このSBIバーチャルカレンシーズは、Rippleの提供するxRapid というXRPを使う国際送金のネットワークにも参加しているので、これが立ち上がってくるとXRPは今後大量に金融機関で実際に使われ始める可能性があります。

 

 

このSBIバーチャル・カレンシーズがいつから口座開設となり、取り扱い通貨について、どのようなサービスを展開するのか?また、xRapidを含めて今後どうような影響が出るのか?

すこしリリース文から予測した結果をまとめたいと思います。

 

このブログは仮想通貨に関するブログなのですがSBIのリリースが多いので取り上げてしまいますね。

でも、私はSBIやSBIバーチャル・カレンシーズの関連者では全く無いですよ。(笑

 

 

追記:SBIコイン(Sコイン)SBI MAXSBI Cryptoでマイニング開始、Sコインプラットフォーム等々。

追記:先行予約開始10月、決算資料でクリプトカレンシーホールディングスDigital Asset Exchageなど発表!

追記:SBI MAXは、香港で名称をDigital Asset Exchangeとして、2018年1月にオープン予定!

追記:ついに、優先口座開設の手続き完了+リップルが300円以上に!

追記:SBI CapitalBaseがICO相談も開始!バーチャルカレンシーズとの連携に期待!

追記:SBIバーチャルカレンシーズのWebサイトに、先行予約者への書類送付を延期と出ましたね・・・。

追記:リップル利用のマネータップという決済インフラが出ましたね!

追記:先行予約口座開設申し込みしていれば、審査完了次第住所確認が届くとのこと!取引画面も公開されました!6月4日に一部開始しましたね!ハガキ受け取りました!

 


スポンサーリンク

気になるコンテンツからどうぞ!

SBIバーチャルカレンシーズの仮想通貨取引開始はいつから?

 

いつから・・・も含めて、まだ詳細は公開されていないようです。

*追記:2018年の6月4日に開設しましたね!

 

ただ、

「SBIグループ各社向けに仮想通貨関連のサービスを提供」

「国内外の仮想通貨取引所との連携」

「投資家の新たな投資機会の創造」

とあります。

 

ということで、最近リリースもよく出ている、SBI Ripple Asiaやそのほか、SBI住信ネットバンクなどが仮想通貨と法廷通貨を連携させるために必要なサービスを提供してくるのでしょう。

 

なお、このSBIバーチャルカレンシーズが無事にサービスを開始すると、今後はXRPが高騰する可能性があると考えられます。

その理由は。。

 


スポンサーリンク

SBIバーチャルカレンシーズはxRapidのハブに。仮想通貨XRPを今後金融機関が利用。

 

SBIバーチャルカレンシーズは、xRapidのネットワークに参加することを公式発表していますよね。

xRapidはxCurrentとは異なり、XRPトークンを使用するもの。

ちなみに、Ripple社の公式サイト発表はこちら。

Rippleは最終的にSBI VCのAPIを統合することによって、国際送金を行う送金業者や銀行などのxRapidユーザーがSBI VCを通してXRPをJPYまたはJPYをXRPに即時に変換することが可能となります。

国際送金につきものの高い流動性コストはxRapidによって大幅に削減され、送金業者や銀行は効率的で、スケーラブル、かつ低コストの流動性オプションを手にすることができます。それと同時に顧客のユーザーエクスペリエンスも改善することができます。

 

今後、このSBIVCをキッカケにxRpaidの導入が進むと、金融機関が多くXRPのネットワークに参加する事になり、価格にも影響が出ると予測されます。

xRapidを導入する金融機関は、今後2018年を皮切りに、2019年以降増えていくと予想されます。

となると、今後リップルXRPの価格が上がるのか、下がるのかは考えやすいのかなと考えます。

 

SBIバーチャルカレンシーズは、xRapidのサキガケとして重要な役割を今度果たしていくと予測する事は自然かと。

 


スポンサーリンク

SBIバーチャル・カレンシーズが取り扱う仮想通貨はリップルXRPも!加えてETH・BTC・BCHも!

 

まず、ビットコインとイーサリアムはSBIバーチャル・カレンシーズなら流石に基軸として使いそうですね。

 

あとは何と言っても、SBIグループが出資する、リップルXRP。

これによって、取り扱いを始めると、まだリップルXRPが上がる可能性がありそうですね。

 

2017年の夏以降のようですが・・・今から楽しみです。

 

ちなみに、リップルって?という方は下記をご覧頂く方がよいかと思います。

 

かなり大きな波が来ていると思っています。

→ リップルとは?仕組みは大丈夫?最新情報と今後の相場予測
→ リップルコインXRPに投資すべきでない?噂の「公式」な発表は誤解しやすい??リスクは?

 

追記:SBIバーチャル・カレンシーズ、Webサイトがオープンになっていますね。

メタタグに「SBIコイン、SBI coin」の文字が!!!

追記:その後、「Sコイン」として報道がありましたが。

引用元 :http://www.sbivc.co.jp/

 

追記:先行予約、受付開始していますね!

追記:その後、報道にて、4種類の通貨:ビットコインとキャッシュ、イーサリアム、リップルを取り扱う予定とのこと。

 

追記:金融庁の仮想通貨交換業者にSBIバーチャルカレンシーズも!

 

いや〜仮想通貨交換業者登録一覧(金融庁)に無事に登録されましたね。

これは非常に喜ばしいことです。

ただ・・・。

 

SBIバーチャルカレンシーズの取り扱い通貨に、ビットコインしか記載がまだ無い。

リップルなどはこれから登録ということでしょうか。

 

他の取引所では、リップルも普通に登録されているので特に問題なさそうですが。

新規だと申請が大変なんですかね?

北尾さんが、ビットコインキャッシュをマイングするなどの話も出ていますし。

 

ちょっと気にはなっていますが。

あ、そのあたりはこれ以降の記事に追記しています。

 

 

SBIバーチャル・カレンシーズという仮想通貨取引所だけではなくSBIコイン、Sコインも!

 

R3の筆頭株主になるという報道と同時に、SBIコイン(Sコイン)についても報道が出ましたね。

これが意味する所は、かなりスゴイですよ・・。

3種の神器が揃った?というイメージです。

 

私はSBIさんの株を思わず購入しようかと思いました。(笑

こちらに記事を追記していますのでご参考まで。

→ SBIコイン(Sコイン)計画中のSBIがR3の筆頭株主に!

 

SBIバーチャル・カレンシーズで仮想通貨へ投資する前に!

 

SBIバーチャルカレンシーズがいつから取引開始になるかはわかりませんが・・・

 

あくまで投資ですので、ギャンブルにならないようにする必要がありますよね。

こういう基礎ぐらいは知っておかないと危険かと。

⇒ 今から仮想通貨投資を始めても全く遅くない理由。2018年GW直前からでもアーリーアダプター並になる方法。

 

 

あと、下記には、投資するなら知っておきたいデータなどをまとめていますのでご参考まで!

→ 仮想通貨時価総額ランキング最新と今後は?国別や取引所別の取引量推移など投資するなら知っておきたい仮想通貨データ一覧!

 

 

あと、これぐらいは知っておきたいですね。

じゃないと、カモにされて、大口の食い物にされるだけかと。

→ 仮想通貨投資で知らないと大損する?テクニカルの基本+買うべきタイミングとは?

→ ビットコインの高騰や暴落の値幅が大きい理由@2018年

 

 

追記:SBIバーチャル・カレンシーズに加え、SBI MAX(Digital Asset Exchange)で海外の取引所も!+SBIコインの続報も!

 

SBIの株主総会にて、追加の発表がありましたね。

SBI MAX、SBIバーチャルカレンシーズ、SBIコイン以外についても、色々と面白い発表がありましたね。

そのあたりはこちらに追記しています。

SBIの北尾社長が、リップルについてそこまで言うのか・・・というほど、面白い株主総会の動画や発表資料もありますのでどうぞ。

⇒ SBI MAX ! バーチャルカレンシーズに加え、グローバルな仮想通貨取引所も!+SBIコインの続報

 

 

SBIがマイニングに参入!仮想通貨のファンドなど金融商品も提供していく?

 

追記ですが、SBIさんがさらにマイニングへも参入を検討中と出てきましたね。

SBI Cryptoなる会社を2017年8月に、既に設立されているとか。

 

少し前の世界からすると・・・ほんまでっか?ですね。笑

そのあたり、こちらに追記しています。

→ SBI Crypto でSBIがマイニング?+米国の運用会社と仮想通貨ファンドなどを検討!米CoVenture Holding Companyと協業。

 

 

追記:SBI独自仮想通貨のSコインや、Sコインプラットフォームという決済インフラがリリース!

 

このSコインは、少し前にSBIコインとして報道されていたものだと思います。

日本円にペッグされているとのことですが、MUFGコインなどに近いものでしょうか。

過去の取引所トークンの値上がりからすると、Sコインもかなり期待ができるかなと。

 

Sコインを決済に使うための、Sコインプラットフォーム。

このSコインプラットフォームについては、こちらに記事を追記しました。

→ SコインプラットフォームでSBIが決済インフラを握りに!国内で一気に仮想通貨決済が進むか?リップルとの連動も期待!

 

 

追記:さらにSBIクリプトカレンシーホールディングス始め仮想通貨基盤が発表!

 

もはや、SBI社の仮想通貨への取り組み、というより投資は、他の追随を全く許さないように感じますね。

SBIクリプトカレンシーホールディングスの発表とともに、SBI MAX、改め、Digital Asset Exchageや、新しく、Beyond Blockchainテクニカルプログラムという枠組みも発表してきました。

これも北尾社長の動画が、またスゴイです・・・。リップルをアツく推しすぎ!ですね。

→ SBIクリプトカレンシーの仮想通貨基盤がスゴイ。。Beyond Blockchainテクニカルプログラムも始動しRipple技術も普及中。

 

追記:SBI がnchainと提携して仮想通貨ビットコインキャッシュを推す!

 

これは非常に大きなニュースだと思います。

そのあたり、別途まとめていますのでご参考まで。

→ SBIがビットコインキャッシュの発展を推すnChainとのパートナーシップ締結!ビットコイン暴落+BCH高騰来るか!?

 

追記:2017年末仮想通貨リップルXRPが200円超えへ!

 

いや〜すごいですね。

この記事を書いたあと、一気に100円ぐらいから300円程度まで駆け上がりました。

→ 最後はRipple、XRPを買いました・・元Facebookの広報部長+元JPモルガン社長も参加でオールスターズ@ロックアップ

 

SBIバーチャルカレンシーズがXRPリップルを扱うのは間違いないでしょうし。

本当に2018年も楽しみです。

 

SBI CapitalBaseで仮想通貨のICOサービスを展開!ICOの主幹会社がSBIに

 

これは本当に期待できるサービスですね。

SBIさんは数多くの仮想通貨関連事業を行っているのは、過去も書いたとおりですが。

→ SBIクリプトカレンシーの仮想通貨基盤がスゴイ。。Beyond Blockchainテクニカルプログラムも始動しRipple技術も普及中。

 

その中で、トークンによる経済活性につながる可能性がある、つまり将来的には仮想通貨市場の発展につながりそうなサービスの1つはこれかなと。

SBIバーチャルカレンシーズとの連携も期待できますね。

そのうち、今のIPOでいう野村證券のように、トークンはSBIが主幹になるとか妄想が進みます。

→ SBI CapitalBaseが企業のトークン発行を支援するサービス!トークン市場発展に期待!

 

 

SBIVC、先行予約者への書類送付を延期@2/27

 

む、無念です・・。

ただ、直近の報道でSBIバーチャルカレンシーズは夏頃の開業を目指す・・・とありましたし。

 

Huobiグループと提携検討しすぐに解消するなど、SBIVC自体を確り仕上げる動きが活発そうですが、実体への展開はこれからでしょうしね。

公式リリースを引用しますが、こういう理由なら納得ですよね。

当社では、一層の安全性が望まれている仮想通貨交換業者の利用者保全において、セキュリティ対策や預り資産の管理方法、顧客管理態勢のさらなる強化に、一定の時間を要すると判断いたしました。

*https://www.sbivc.co.jp/topics/ より引用。

 

ほんと、SBIバーチャルカレンシーズさんには、失敗だけはしないように、ゆっくりでも着実に頑張って欲しいですね!

 

イートレードからのSBIファンのオジサンは、全力で応援します!笑

勤務地が関西なら、ちょっと参加したいぐらいですよ・・。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズ公認のハードウォレットか?CoolWallet S

 

SBIさんが、ハードウェレットメーカに出資されましたね。

ということは、SBIMAXを含めた公認ウォレットになるのでしょうか。

そのあたり、こちらに追記しています。

→ CoolWallet S の対応通貨は?公式アプリと購入。リップル対応だしSBIバーチャルカレンシーズ標準か?

 

 

リップル利用の送金決済インフラであるマネータップを住信SBI銀行が導入!

 

りそな銀行さんやスルガ銀行さんと、導入してきましたね!

いや〜これ、SBIバーチャルカレンシーズも必ず絡んでいくのではないでしょうか。

 

予測としては、このマネータップ上で仮想通貨を使った決済が、SBIバーチャルカレンシーズの提供するアプリケーションで行えてしまうなど・・・。

私ならやる!!笑

 

期待しております。

→ Money Tap(マネータップ)でキャッシュレス送金や決済が加速!リップルの技術とQRコードを使う送金用スマホアプリ。

 

また、サンタンデール銀行も国際海外送金アプリを出してますよね。

このあたり、SBIネット銀行さんなら導入の可能性があるのかな・・と期待しています!

→ リップル技術使用の国際送金アプリOnePayFX!公式動画に感動!サンタンデール銀行より。rippled製品版も出たので、投資を一歩引いて冷静に考える。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズが6月4日にサービス開始!ついに住所確認の送付を開始!取引画面も!

 

2018年6月1日、ついにSBIバーチャルカレンシーズが始動しましたね。

私も住所確認のハガキを6月5日に受け取りました。

 

xRapidネットワークにも参加すると以前から出ていますし。。

これは来年以降のxRapid網拡大へ期待です!

→ SBIバーチャルカレンシーズが開設!ハガキが来た!VCTRADE+xRapidの始動まであと少し?

 

 

 

リップルにせよ、ビットコインキャシュにせよ、SBIが推しているので買いたくなります。

 

でも、購入して放置するだけで利益が出るわけではないですよね。

それなら、みんなが簡単に億万長者です。(笑

例えば、たまたま高騰している時に買ってしまうと、もう10年も戻らないというのは株でもよくあることかと。

 

いつ購入すべきか? + いつ売るべきか?

それを判断する基礎知識は最低限必要かと。

 

その知識無しに仮想通貨に投資すると・・・

どんなに通貨自体に詳しくなっても【単なる投機】になってしまう可能性がある。

 

私は、2年連続で税金でも◯り人になりましたが・・

 

そういう当たり前の基本を知ってから大きく利益が出せるようになりました。

学校で教えてほしかったぐらいです。(笑

 

そのあたりはこちらにまとめていますのでご参考まで。

→ 今から仮想通貨投資を始めても全く遅くない理由。2018年GW直前からでもアーリーアダプター並になる方法。

 

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

また、最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 




スポンサーリンク