SBIコイン計画中のSBIがR3の筆頭株主に!その本当の意味とは?

スポンサーリンク

SBIコイン!!!

Webサイトのソース上に「SBIコイン」と文字が見えていると噂でしたが、ついに報道されましたね。

 

既にリップルへ出資し、先日1歳になったSBIリップルアジアを持つSBI関連で、SBIコイン以外にもまたビッグニュースが!

 

今度はR3に出資し、筆頭株主に!

このR3へは、同時に世界の金融機関が40社も出資しているようですが。

勿論、そこには「三菱UFJ」も!!!

あと野村ホールディングスもいるようですね。

 

ん?ここにSBIコインは一体どう絡むのでしょうね?

あと、R3の筆頭株主になることで、SBIの事業全体として見ると暗号通貨における位置づけが・・・

 

というあたり、ちょっと関連事項を整理して自分用を兼ねてメモを残しておきます。

いや〜スゴイニュースばかりで、面白いですね。
スポンサーリンク


SBIコインとは?

 

このSBIコイン、SBIバーチャルカレンシーズのWebサイトにソースコードに取り扱い銘柄として「SBIコイン」という文字があったため、決定的となっていましたが。。

ただ、今回は「SBIコイン」といいう名称で、マスコミ各社からで確り報道されましたね。

非常に楽しみです!!

 

SBIコインとは、SBIホールディングスが開発中である独自の暗号通貨とのこと。

まだSBIコインの仕様に関する正式リリースが無いため、なんとも言えませんよね。

 

では、このSBIコイン、なんか予想できませんか?

これまでのリリースからすると。

 

SBIはリップルに以前から出資して、さらにアジアでの流通を担う会社まで設立している。

そこで扱っていくのは間違いないでしょうね。

 

SBIコインの中身はリップルXRP?

 

SBIコインは、フルスクラッチでゼロからソースコードを書いて完全独自の暗号通貨をSBIが開発?

とは考えにくいですよね。

そんなりソース無いでしょうし。。

 

とすると。

中身はリップルベース?

 

いや、そんなこともないでしょうけど。。。

 

ただ、リップルをハブとして、各法定通貨との取引所をアジア各国に展開してくるのでしょうね。

 

アジア地域に、リップルやSBIコインをガッツリと普及するのがこの会社の目的でしょうから。

 

とは言っても、まだ何も公式リリースがないのでまた随時追記します!

スポンサーリンク


SBIコインよりも、R3の筆頭株主であることの意味を考える

 

本題に行く前に、まず公式リリースのソースはこちらです。

⇒ 米国のFinTech企業R3アールスリー HOLDCOホルコ LLCへの出資に関するお知らせ

【ご参考】R3社への出資企業一覧(R3社発表のプレスリリースより抜粋)
Banco Bradesco Itaú Unibanco S.A.
Bangkok Bank Mitsubishi UFJ Financial Group (MUFG)
Bank of America Merrill Lynch Mizuho
Bank of Montreal Natixis
Bank of New York Mellon Nomura
Barclays Nordea Bank
BBVA OP Cooperative
BNP Paribas Ping An
B3 (BM&FBOVESPA and Cetip) Royal Bank of Canada
Canadian Imperial Bank of Commerce SBI Group
Citi SEB
Commerzbank Societe Generale
Commonwealth Bank of Australia Sumitomo Mitsui Banking Corporation
Credit Suisse TD Bank Group
CTBC Financial Holding Temasek
Daiwa Securities Group The Bank of Nova Scotia
Danske Bank Northern Trust
Deutsche Bank The Royal Bank of Scotland
HSBC U.S. Bank
ING UBS AG
Intel Capital Wells Fargo
Intesa Sanpaolo

 

脱線すると、あれ?住友系名前がない?い

 

SBIコインは単なるユーザ向けの形の1つだと思いますので妄想だけで一旦いいとして。

世界の金融機関40社が出資するR3の筆頭株主になることはどうなのでしょうね?

 

R3って、以前より世界の各金融期間とブロックチェーンについて実証実験を進めてますよね。

で、Hyperledgerなどオープンソース系のプロジェクトだったはず。

 

でも、その後、ゴールドマンが抜けたりなどで、ああ、コンソーシアムとしては力がなくなっていくのかな・・・と勝手に素人ながら見ていました。(表面だけ)

 

ただ、更にその後は、世界の大手金融機関と組んで、実験を進めていましたよね。

銀行系の周辺システムではなく、基幹システムの置き換えを狙う技術でこのR3のCordaが使われているらしい。

 

世界の銀行がこれらを使って基幹システムを安く作れるようになる。

 

とすると、SBIは・・・

  • SBIはリップルで国際送金部を手中に
  • SBIバーチャルカレンシーズで、法定通貨との取引部を手中に
  • さらに、SBIはこのR3で銀行の基幹システムを手中に?

 

なるほど・・・。

 

何度も書いているとおり、残りのリップルはもう長期ホールドを決めていますので、SBI社の株を購入しておきたくなりました。(笑

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

 

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

また、最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 


スポンサーリンク