SECがDEXのイーサデルタを提訴で日本も恐らく。。

スポンサーリンク

 

SECが分散型取引所(DEX)であるイーサデルタ(EtherDelta)のERC20トークンやりとりのサービスは違法(未登録の証券取引所に相当すると)提訴し、しかもEtherDelta側は既に罰金を払ったとのこと。

SECの公式ページで発表されています。

 

その内容と、昨日も少し書いたトレードの内容について、いつもよりメッセージを多くいただきましたので少し。

 


スポンサーリンク

イーサデルタなどDEXもSECはICOと同様に確り監視。じゃあBinance DEXなども。。。

 

RyanMcGuire / Pixabay

 

イーサデルタは、いわゆるDEXでソフトウェアが主体(イーサデルタの場合は、イーサリアムのスマートコントラクトを利用して動作し、人力ではない。)の取引所だったのですが。

やはり、ICOと同じように証券化による規制を受けてしまうのですね。

 

ということは、日本人も同様の規制を受けていくのは間違いないですね。。

日本人の取引量が多いDEXから規制が入っていく感じで。

 

 

そういえば、DEXではないですがバイナンスの時も金融庁からの規制ですったもんだありましたねえ。

→ 金融庁がBinanceへ警告。日本人が海外取引所から避けられ始められそう+今後どうなりそうかについて

 

 

バイナンスはDEXも予定していますし、個人的には楽しみにしているのですが。

やはり日本人が使うのは正式には。。。なのですよね。

→ Binance DEX!マルタなど各国と連携で驚く内容が。。分散型取引所トークンBNBは今後まだ長期で高騰しそう

 

 

分かってはいますし、ずっと書いてますが、やはりこれらの流れを考慮して投資先を選定しないと。。。ですね。

 

何を選ぶべきか?や選んでいるか?は昨日の流れに書いたとおりですが。

→ SECのICO規制で今後多くの仮想通貨が暴落?ガイダンス公開が近い。

 


スポンサーリンク

SECの規制も方針はもう明確なので個人的にはゆったりトレードがいいかなと。

sasint / Pixabay

 

SECを追って日本も確り規制が入ると思いますが、それは長期で必要な規制ですし。

投資家が保護されて、大口が入りやすい環境が整うのは、長期で市場が伸びるのには必須ですしね。

 

それは、そういう前提を把握していればOKとして。

それより、この新しい市場がどういう変遷をたどるのか?を楽しみながらトレードしていきたいなと(将来的には何らかこれ関連で面白い仕事ができれば。。とも思ってますが。笑)。

 

 

で、ブログで、「買ってます〜」とか「利確しました〜」とかを、LINEやブログでずっと流してて、昨年からそれなりに流れを当ててると。。。

 

「トレードは具体的にどんな指標を見てやってるの?」というメッセージが多いです。

 

そのあたりは・・・・下記に移動しています。

→ ハードフォーク直前にやはり暴落。今後のトレード方針。

 

 

高騰や暴落など相場の今後を予想する方法がわかる。初心者向けの学習コンテンツ。

私が2年連続で、税金でも◯り人の実績を出せた理由の1つですが。

仮想通貨の雑誌にも「テクニカルアナリスト」として投稿して予想を当てている、プロトレーダの方から初心者でもわかるトレード手法を具体的に学べて、今後の暴落や暴騰がある程度予想できるようになったのが大きいです。

その手法は本当に「目からウロコ」の連続でした。

特に「初心者向けの動画コンテンツ」で学べる「8つ以上の指標」は、個人的には超絶にオススメです。(私はそれを書いてPCのモニターに貼り付けて、確認しながらトレードしてます。笑)

⇒ プロトレーダのヒミツをカンニングする!

 




スポンサーリンク