テックビューロ、中部電力のブロックチェーン実証実験にmijinを提供!

スポンサーリンク

*画像引用元:http://mijin.io/ja/

 

これ数日前のものですが、これで結構NEMが上がりましたよね。

こういうブロックチェーン技術にて、実体の伴う実例はまだ少なく貴重だと思います。

 

このテックビューロ、COMSAというICOソリューションといい、ブロックチェーン関連で身のあるプロジェクトを進められている点が面白いですね。

暗号通貨自体の社会への浸透に対して、インパクトが大きそうに思えます。

 

積み立ててるわりに、NEMとmijinの関係などもちゃんと見たことが無かったので・・・。

 

いや・・・

mijinの動画、北◯の拳みたいで、面白すぎるでしょ。(笑

でも、まだまだNEMは上がっていくと思っています。

 

これを機に見て整理した事を共有させて頂きますね。
スポンサーリンク


 

「mijin」とは?

プライベートブロックチェーンを使うために必要な機能を持つシステムですね。

プライベートというぐらいなので、各企業が自分のシステムのためにブロックチェーンを使いたい!という場合に、役立つものです。

 

NEMは広く公開されていますが、このmijinはプライベートビジネス向けですね。

 

で、このmijin は、過去に某国内銀行と実証実験を行い、勘定系のシステムとして使えると評価を受けています。

 

っと堅苦しく書き始めましたが・・・。

こちらの動画、公式なのに凄く面白いです!!

 

誰もが簡単に使えるプラットフォーム。。。


な〜んか、北◯の拳的なものを感じるのは、私だけか?笑

 

真面目に行くと・・・。

mijinで、ビットコインと同じ分散型のプラットフォームを使うアプリを簡単に組めますよ〜というものですね。

 

ちなみに、このmijinの開発は、NEMの一部の開発者がテックビューロの製品として組み込んだらしいです。

 

ん?機能的にはイーサリアムなどとも似ていますよね。

違うところは、特定のアプリケーションに絞り込んで、簡単につくれる環境があるということでしょうか。

あと、日本初で日本でのフォローが強そう。

 

「mijin」提供で行われた検証って?なぜmijinだったのか?

こちらのリソースに内容がありました。

お金・権利・ポイント・設備など、エネルギー分野に関連するアセットを、デジタル・アセットとしてmijin®ブロックチェーン上で発行し、仮想プラットフォームの上で同時に取引を試みました。

 

なるほど。

これなら、何か他のツールでも良さそうですが。

mijinがなぜ採用されたのか?の記載、ありましたね。

ブロックチェーン上で複数のアセットを同時に発行でき、その所有権の移転がセキュアな環境で実行できる事が必須要件でした。mijin®ブロックチェーンはこの機能を「オンチェイン・アセット・モデリング」として2015年から基本機能としてプロトコルレベルで実装しています。

「オンチェイン・アセット・モデリング」は、定義するだけでアセットをmijin®ブロックチェーン上に生成できます。本実験においても、複雑なコーディング(設計・整合性チェックやデバッグ取りなど)無しに、複数のアセットをmijin®ブロックチェーン上で発行し、高速取引を前提として流通させ、勘定機能を利用し管理できる事が確認できました。

 

ということで・・・

 

NEM関連でいくと、カタパルトはもうすぐらしいので、楽しみですね!

⇒ NEM(XEM)ネムとは?長期的にも凄そう!?

 


スポンサーリンク