フラクタルとは?過去を知って負け方を間違えずにトライし続けるのは勝つための鉄板。

スポンサーリンク

ビットコイン等の仮想通貨にせよ為替にせよ、相場のあるものはフラクタル構造で構成されており、フラクタルの意味と過去の結果を知れば今後の相場がどうなるかを考える目安になりますし、更に負け方を間違えないという考えでやるのが重要だなという話です。

 

ビットコインで投資始めました!という方は、フラクタルって何?となると多いと思います。

でも、この「フラクタル構造」って仮想通貨以外の何かで投資をしててもよく出てきます。

 

これまで「歴史は繰り返す」などとこのブログではもう2016年に仮想通貨を始めた頃から書いてますが・・・

この「フラクタル構造」と「過去どうだったか?」を知って、「スモールトライ」を続けてると結果が出てきて、更にどんどん行動して「次に活かそう〜」という気にもなるなと、最近、メルマガ読者様とのやりとりで感じました。

これは私も実感している所なので、自分の方針整理のためにもシンプルにまとめてみます。

 


スポンサーリンク

フラクタル構造とは?ビットコイン等の仮想通貨でも何でも相場は小さな単位の繰り返し

 

仮想通貨に限らずフラクタル構造で相場ができていると言われますが、ざっくりいくと・・・

 

フラクタル構造とは、「同じような小さなパータン」が集まって「類似系の大きなパターン」を作っている

 

という感じです。

 

・・・ん?わかりづらいですね。(笑

 

仮想通貨の相場やチャートとは全く関係無いですが、イメージだと、こんな感じでしょうか。

GDJ / Pixabay

 

うーん、ちょっと、どぎついですね。(笑

でも、何かハッピーになるからそのままにしておきます。

 

これで終わるとナンノコッチャ+正確にフラクタルを知っている人に怒られそうなので、もう少しだけ。

 


スポンサーリンク

フラクタルという観点で、ビットコイン相場チャートの日足・4時間足・1時間足などを見てみる

 

役立つエッセンスだけ取り出すと。

 

フラクタル構造 = 小さな繰り返しで、大きな形状も形成されている。

 

ということかと。

正確には一部の意味しか表現できていないかもですが、仮に上記のように考えると、仮想通貨に限らず投資でも結構役立つと思います。

 

あ、ハートじゃなく、もうちょっと具体的な例を出してみますね。(笑

 

例えば、以前、「今後どこまで下がりそうか?」と書いたこれ。

2月始めに6000ドルぐらいのゾーンで反発ですかね〜と書いてたやつです。

(参考) 仮想通貨投資で知らないと大損する?テクニカルの基本+買うべきタイミングとは?

 

 

これ、エリオット波動という、王道のテクニカルで、(1)→(5)までの間にジグザグで上ってますよね。

 

じゃあ、「(4)→(5)の所だけ」を分解して見てみると・・・

 

 

 

はい。青い点線ですが、同じ(1)→(5)までの形状がはいってませんか?

 

それがフラクタルという概念の1つかと。

 


スポンサーリンク

フラクタル構造という考え方も活用し過去チャートから今後を予測してみる

 

線は書いてませんが、例えば他に「(0)→(1)のところ」でも同じフラクタルが見えるかと。

面白いですよね〜。

 

このフラクタルというのを意識して今後のチャートの動きがどうなりそうか?を予測しようとすると・・・。

 

過去の動き方に出てくる小さいパータンを見て、その動きが大きくなったものが現れるかもと考えるのも1つの手法として合理的。

なわけです。

 

勿論、このフラクタル構造という概念を活かすには・・・。

過去の相場の流れは確りインプットすべき最低限知識になると思うので、ずっと書いてるわけです。

(参考)

→ ビットコイン高騰も今後は暴落する理由。2018年は金融ショックも?今後の相場を過去の事実から考える

 

で、あと今後どうなりそうか?を考えるにも、これ1つに頼るとだめですね。

世の中、そんな万能のものがあったら苦労しません。

*欲しいですし、探しますけど・・・(笑

 

1つに頼ると、リスクがあって怖いです。

 

こういうフラクタルなんてのも1つの指標なので・・

 

ちゃんと他の簡単な指標からも多角的に見るのが重要ですよね。

→ 仮想通貨投資で知らないと大損する?テクニカルの基本+買うべきタイミングとは?

 

うん。これで、リスクも下げられますね。

 

 

フラクタル等の最低限の知識インプット×コケ無い負け方をすれば・・・

 

フラクタル等の最低限の知識インプットをしても・・。

 

1つ大きく邪魔をするのは、「1回も失敗したくない」という不思議な心です。

 

実際は、【ダメージが小さくなるようにした上で】どんどん失敗した方が早く成功にたどり着けるのは確実なのですが。

 

実際、かなりすごくなっても、10回トライして1~2回成功すれば御の字だと思っています。

(ユニクロの柳井社長も、そんな本を出されてましたね。1勝9敗とか。)

 

でも、それで「ああ・・・駄目だ・・・」と思うのは早いっす。

 

失敗しても大したこと無い範囲無いで、どんどん失敗しちゃえばいい。

そしたら、1〜2個は当たりが出るのです。

 

いわゆる、負け方を間違えない!というやつです。

 

で、アタリが出た後は・・・

 

 

トライから「アタリ」が出たら、そのポイント+その周辺に集中する!

 

 

「勝てるポイント」が見つかったら、あとはそこ+その周辺に集中していく

他の勝てるポイントが無いか、またどんどんトライする。

 

と一気に次のステージにいけると思います。

 

あとは、それの繰り返しです。

なので、実際は「やるかやらないか」だけなのですよね。

 

何をやるにせよ「失敗しても良い程度」の少額で色んな分野で「スモールトライ」をしてみて、経験値を得てPDCAを回す。

これって、何にでも使えるかなり効く真実だと思うのです。

 

「妙な裏技」を探すより、「さっさと色々やってみてアタリを見つける」

 

やることは、「誰か信頼できる人が結果が出てるよ」と言っている事なら、更に信頼性も確率も上ります。

 

投資でも、ビジネスでも、仕事でも、私はこれで結果が出るようになりました。

結果が出ない時は、逆に上記が出来てない事が多いです。

 

あ、偉そうに言ってますが、これは各分野の師匠から私が言われ続けた事ですね・・・(笑

 

ということで、再度これは意識していかないとと思うので、記事にしてみました。

ああ・・・また悪いクセで長すぎますね・・・。

別途、他の内容とシンプルにこれはまとめます。

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことをボチボチ書いてます。

有料のサービスでもなく、無料で個人が発信しているだけなのですが、実績はそれなりに出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク